アスコットとクラヴァットの違い(表付き)

男性のファッショントレンドは進化しており、多くのアクセサリーが追加されていますが、男性が利用できるオプションの数は、女性が持っているアクセサリーや服の種類よりも少なくなっています。これらの数えられるアクセサリーの中で、アスコットとクラヴァットの間にはしばしば混乱があります。何人かの男性は気づいておらず、正確に名前を付けたり指摘したりできないことがあります。

アスコットvsクラヴァット

アスコットとクラヴァットの違いは、アスコットは非常にカジュアルでカジュアルですが、クラヴァットは完全にフォーマルです。これは非常にあいまいなトピックであり、人々が快適さのために時間の経過とともに違いを生み出している間、正確な違いは確立されていません。しかし、私たちの多くはそれらの間で混乱する可能性があり、アスコットをクラヴァットと呼ぶのが一般的であり、その逆も同様です。

アスコットはネクタイのインフォーマルなバージョンで、主に見栄えを良くするために着用されますが、フォーマルに見えるように、または規則を遵守するために主に着用されることはありません。通常、ジャケット、コート、シャツの下に結び付けて、ユニークでファッショナブルな外観にします。

クラヴァットは、ネクタイの従来の完全にオリジナルのバージョンと見なされます。特に正式な会議や場所で使用されます。シックでファッショナブルに見える必要性以上に、ルールに合わせて順調に進み、プロの環境に座るためにネクタイを着用します。

アスコットとクラヴァットの比較表

比較のパラメータ
アスコットクラヴァット
アスコットは18世紀頃に始まりました。それは、クラバトが流行したずっと後のことです。   クラヴァットは1600年代の初めに始まり、ローマ人によって最初に発見され、使用されました。しかし、それらを普及させたのはフランス人でした。
定義アスコットは、男性のシャツ、コート、またはブレザーの襟の下に結ばれた布片です。 クラヴァットとは、男性が使用するあらゆる種類のアクセサリーやネックウェアを指します。
意義腹水は優雅さ、スタイルを追加し、服をより親しみやすく、親しみやすく、非公式に見せます。クラヴァットは優雅さを加え、見た目を大幅に高めます。それは他に尊厳と完全なフォーマルで公式な外観を追加し、多くをまとめて見るのに役立ちます。
使用する 男性は、カジュアルな結婚式や、面倒な手間や重要性をあまり必要としないカジュアルなビジネスミーティングに着用します。  専門家会議、公式訪問、ビジネス関連のイベント、結婚式など、さまざまなイベントで着用されます。
時間昼間のネックアクセサリーとして一般的に着用されています。一日中いつでも着用でき、夕方や深夜のイベントにも着用できます。

アスコットとは何ですか?

アスコットはネクタイのカジュアルでスタイリッシュなバージョンです。通常、日中に行われるイベントやイベントに着用されます。これは、通常はネクタイの代わりとして、襟の下で結ばれるスカーフに似た一枚の布です。古くても流行りで流行りです。

かなりカジュアルでしたが、普段は商談に着用していました。男性は自分のスタイルを高めることで、創造性と独自性の感覚を表現するのが好きでした。結び目ネクタイとしても知られています。

Ideally, it is made up of black satin cloth. It reached the peak during the 1890s when men indulged in fashion. However, the bow tie took over the game in the 1900s. Later it was usually worn for wedding ceremonies and casual meetings.

それは常にスカーフの形であり、それは通常それを所定の位置に固定するためのピンで首の周りに手で結ばれるか結ばれます。すべてのアスコットはクラヴァットですが、すべてのクラヴァットをクラヴァットと呼ぶことができるわけではありません。クラヴァットとアスコットの間の通常の誤解は、通常、アメリカ人によるものです。すべての人がアスコットを好む、または好むわけではありません。

クラヴァットとは何ですか?

Cravat came into use and existence much before the ascots. It is an ancient, formal yet modern piece of accessory in men’s fashion that greatly elevates the style and look. Romans introduced to the world the style and trend of wearing a cravat with their everyday clothing.

それは男性の服装を強化し、優雅さを加えるための素晴らしい方法です。多くの人がネクタイが最初に生まれたと誤解していますが、それは真実ではありません。

クラヴァットはずっと昔に生まれました、そしてこれはゆっくりとネクタイに進化しました。首にかける一枚の布でもあります。名前はフランス語に由来します。このファッショントレンドは、ローマ人によってもたらされましたが、フランス人によって普及し、流行のスタイルになりました。

It is also used as a common term that represents all types and accessories related to neckwear. Bow, necktie, neckpieces, and even ascots can be commonly called cravats. Initially, the term ‘cravat’ was used to refer to the cloth tied around the neck of Croatian mercenaries and other rich people. Wearing a caravan emphasizes and conveys warmth, decency and expressing how hospitable, welcoming, and committed they are to their job.

アスコットとクラヴァットの主な違い

  1. アスコットは比較的現代的な傾向ですが、クラヴァットは長い間存在しています。
  2. アスコットには特定の意味と外観がありますが、すべての種類のアクセサリーはクラヴァットのカテゴリに分類されます。
  3. アスコットは通常、非公式のイベントで着用されますが、クラヴァットは公式と非公式の両方の場合に着用されます。
  4. アスコットは日中のアクセサリーですが、クラヴァットは時間に関係なく着用されます。
  5. アスコットは創造性と独自性を意味し、クラヴァットは創造性と慣習の両方を意味します。

結論

一部の人々が特定の地域や国の名前を台無しにすることは完全に正常に見えるかもしれませんが、特にファッションやモデリングの分野の人々とコミュニケーションをとっている場合、これらのアクセサリーの名前を台無しにすることは彼らを苛立たせる可能性があります。

デザイナーや有名企業にこれらの作品のデザインを依頼する必要がある場合でも、意識して適切に伝えていることを確認する必要があります。

これは、彼らのキャリアへの情熱と献身のために、一部の人々を怒らせたりイライラさせたりするかもしれません。特に専門的なコミュニケーションの面では、注意を怠ると不必要な問題が発生する可能性があります。

参考文献

  1. https://fashion-history.lovetoknow.com/fashion-accessories/neckties-neckwear
  2. https://www.koreascience.or.kr/article/JAKO200622219290669.page
x
2D vs 3D