インポートとエクスポートの違い(表付き)

輸入と輸出の違いは、輸入は自国で商品を持ち込むことを意味し、輸出は外国で自国の製品を取引することを意味するということです。輸入と輸出は国際貿易活動の2つの重要な活動です。

これらの活動は、購入者と販売者の両方が利益を得る国内および国際的なビジネスを支援します。輸入とは、国外から製品を取得することです。

インポートとエクスポート

インポートとエクスポートの違い つまり、輸入とは、ある国が他の国から製品を購入することを意味し、輸出とは、ある国がその製品を海外で販売することを意味します。輸入は、自国で生産されていない製品需要に対応します。輸出は外国に対しても同じことを行い、ひいては自国のGDPを増加させます。

輸入の目的は、国内では入手できない製品を入手できるようにすることであり、輸出の目的は、その製品を流通させ、会社を世界的に知らしめることです。輸出は、二国間協定を通じて金銭的利益を得るために国外で家庭用品を販売することに関係しています。

輸入と輸出の両方が過剰になると、自国の経済が妨げられる可能性があります。

インポートとエクスポートの比較表

比較のパラメータ輸入書き出す
定義国に持ち込まれたサービスまたは商品生産された余剰分は、世界的な露出のために国外で販売されました。
標的他国から母国に商品やサービスを持ち込むためホームカウンティの商品やサービスを他の国に販売する
経済戦略インポートは、ニーズに対応するため、またはギャップを埋めるために行われます。輸出は金銭的利益を得るために行われます。
貿易への影響輸入が概念の限界を超えると、GDPは低下します。全体として、顕著な貿易利益が発生します。
アドバンテージ外国はより多くの貿易優位を得る自国はより多くの金銭的利益を得ます。
表現高い輸入需要はより強い内需を意味します高い輸出需要は貿易黒字と外需を意味します
表現高い輸入需要はより強い内需を意味します高い輸出需要は貿易黒字と外需を意味します
通貨通貨が弱い場合は、通貨を強化します通貨が強い場合のメリット

インポートとは何ですか?

輸入とは、特定の製品が不足している場合、または特定の製品が需要がある場合に、製品、商品、施設が「チャネル」を通じて国の市民によって自宅に持ち込まれる場合です。

このチャネルは、交通機関、デジタルプラットフォーム、電子メールインタラクション、電話インタラクションなどを介して行うことができます。  輸入とは、国外で商品やサービスを購入することで消費主義の需要を満たす外部製品です。

エクスポートとは何ですか?

輸出とは、商品、商品、製品、植物を他国に販売することで世界的な存在感を高めるための動きまたは戦術です。輸出は、関係する貿易当事者間の合意を通じて海外市場を理解することにより、経済貿易の利益を促進します。

国内総生産(GDP)の自給自足と十分な成長を得るために製品を発送することにより、ある国の一部の農産物または貯水池が増加した場合、輸出が考慮されます。

外国からの収入は、母国の売り手にも競争上の優位性をもたらします。

インポートとエクスポートの主な違い

定義

輸入とは、自国の需要に応えるために、購入、販売、再販売を目的とした商品、商品、製品を持ち込むことを意味します。輸出とは、国の総生産量から製品を送り、販売し、取引して、金銭的利益を得て、より多くの製品のためのスペースを作ることを意味します。

標的

輸入の目的は、変化する需要とトレンドを特徴とする消費主義の需要に応えることです。輸出の目的は、世界が必要とするものすべてをマーケティング、販売、リースすることで世界市場に参入することにより、自国の経済に利益をもたらすことです。

ヘアピンのように単純なものから、機械や商品の権利のように大きなものまであります。

経済戦略

輸入は自国の特定の製品需要のギャップを埋めます。金銭的報酬は主に輸入者の手に委ねられています。 1つの製品を購入し、輸送し、限られた利益率で手を差し伸べると、利益率は低くなります。

自分の製品の輸出は優位性を与えますが。 1つまたは複数の製品の余剰があり、製品を誰にどこに輸出するかを選択する余地があります。選択の感覚と決定力は、超可能性を輸出しています。

貿易への影響

インポートとエクスポートの両方の効果は、プラスとマイナスの両方になる可能性があります。たとえば、輸入される外国の化粧品が多すぎると、地元の化粧品ブランドは消滅します。しかし、外国の化粧品が限界に達した場合、地元のブランドはより安い料金で競争力のある価格で戦うことができます。

したがって、1つの市場が、需要と供給の間のギャップを輸入と輸出の両方にプラスとマイナスの効果で売り、宣伝し、提供する方法。

アドバンテージ

輸入の利点は、他の国から愛する製品にたどり着くと、人々の笑顔を見ることができるということですが、販売による収益は最小限です。

また、内需の高まりを背景に輸入。輸出では、居住者、ビジネスマン、政府は、商品、製品、人員を販売し、販売コストを決定する選択を得る相互の二国間協定を通じて利益を得ます。

表現

グローバル化の時代に、国が輸出できる製品が増えると、それらが自給自足であり、プロバイダーであり、クリエーターであり、国際市場でより強い存在感を示していることが証明されます。一方、輸入は顧客のニーズを満たしますが、過度の甘やかしに対処すると、人間開発指数が低下します。

通貨

卸売価格で国外から多くの商品が持ち込まれた場合、輸入は現地通貨を乱します。現地通貨が非常に強い場合、彼らの経済は反撃することができます。これが通貨が弱くなる理由です、それは弱くなるだけです。各国は、自国の通貨を安定させる方法は、自国の消費者にとって決定的に必要な製品のみを輸入することであるということを知っている必要があります。

輸出は、国際市場の需要に合意した売り手の権利の経済的合意を通じて、一人当たりの所得を向上させます。

この取引方法論は、リーダーシップ、所有権、およびグローバルな存在感をもたらします。

インポートとエクスポートに関するよくある質問(FAQ)

輸入が増えるとどうなりますか?

国の輸入の増加は必ずしも損失を意味するわけではありません。確かに、輸出よりも輸入の方が貿易赤字になっています。しかし、輸入にはいくつかの利点もあります。

インポートは、2つの国の間でアイデア、製品、およびリソースを共有するのに役立ちます。それは、輸入国が輸出国からのこれらのアイデアとリソースでさらに発展するのを助けます。

インポートの利点は何ですか?

インポートには複数の利点があります。

  1. 輸入品は良い利益で売ることができます。
  2. さまざまな国のさまざまな製品が消費者に提供されるようになります。
  3. 入手が容易でない、またはまったく入手できない製品は、他の国から輸入することができます。
  4. 他の国からの技術やアイデアは輸入品と共有されます。

輸入のデメリットは何ですか?

多くの利点にもかかわらず、インポートにはいくつかの欠点もあります。

  1. ほとんどの商品が輸入され、地元の製造業者の市場にほとんどまたはまったく場所を残さないため、失業につながる可能性があります。
  2. 輸入品を輸出業者に返還することは困難です。
  3. 国内メーカーは市場での価値を失います。
  4. エージェントを通じて商品を購入するのはコストがかかります。
  5. 輸入品にはさまざまな税金が課せられるため、その価格は非常に高くなっています。

エクスポートよりもインポートするとどうなりますか?

国が輸出よりも輸入する場合、それは貿易赤字につながります。国の経済成長が妨げられ、国産品が市場での地位を失うことになります。

ある国は、輸入品の価格を補うために他の国から債務を負わなければならないかもしれません。

輸入品の例は何ですか?

輸入品の2つの良い例は次のとおりです。

  1. サンフランシスコからインドへの車の輸入
  2. 中国からの携帯電話の輸入

他の国から何を輸入しますか?

他の国から輸入される商品は2種類あります。

  1. 最初の種類の輸入品は、国が製造できない製品です。国の地理的位置と天然資源の利用可能性のために、その国の市場で需要のある特定の製品を製造できない場合があります。これらの製品は製造する必要があります。
  2. 2番目のタイプの輸入品は、スーパーカーのように特定の国で特定のブランドによってのみ製造されるブランド製品です。

多くの人々は、他の国からのブランド製品を使用して自分の富を誇示するのが大好きです。

結論

要約すると、製品の輸入は、輸出よりも経済にとってより有益です。現地通貨が弱い場合、輸入の可能性は限られます。

第二に、慣習関係、憲法の理解、文化的規範、運用上の手続き、輸送費、法的手続きと同期することは、輸出入に役立つために等しく重要です。

それにもかかわらず、輸入と輸出は、貿易市場、協定、相互理解を通じて国際貿易において重要な存在感を示しています。

しかし、過剰な輸入は国にとっての利点が少なく、より多くの輸出が勝利をもたらします。

参考文献

  1. https://www.elibrary.imf.org/view/IMF024/15739-9781451969344/15739-9781451969344/15739-9781451969344_A005.xml?language=en&redirect=true
  2. https://www.econstor.eu/bitstream/10419/26285/1/559514182.PDF
  3. https://www.jbc.org/content/280/32/29158.short
x
2D vs 3D