クラフトとは? |定義、作業、長所と短所

クラフトは、誰もが特定のタスクを実行することを学ぶ特定のスキルです。このタスクは、職業または趣味である可能性があります。 「クラフト」という用語は、人々が特定の小さな産業のためにスキルを磨く中年に由来します。現代では、「職人」という用語はしばしば職人と同義語として使用されます。

今日、職人技は手工芸品産業に限定されています。ここでは、人々は長年の知識とスキルを使用して小さな手工芸品を製造しています。熟練した職人になるには、何年もの練習が必要です。工芸品とそれに関連する長所と短所は何であるかを学びましょう。

それはどのように機能しますか?

クラフトは、木材、ガラス、金属、繊維などの天然素材を実用的または機能的な製品に変える活動です。カスタマイズされたガラス、木工品、金属加工、そして布地にデザインされたものは、私たちの周りに見られる工芸品のいくつかの一般的な形態です。今日の工芸品は2つのタイプに分類されます。これらは手工芸品とスタジオクラフトです。ほとんどの手工芸品は一般向けに小さなクラスターで生産されていますが、スタジオクラフトは特定の顧客向けにスタジオで生産されています。

クラフトはスキルと知識に関連付けられています。このため、職人は自分の技術と知識を伸ばすために多くの時間を費やさなければなりません。現代では誰でも職人になることができますが、初期には、工芸のほとんどの秘密は家族に残り、世代から世代へと受け継がれています。職人の旅は、熟練した職人の下で見習いとして始まり、彼の指導の下で職人の技能を学びます。

質の高い職人技が世界で最も美しいアイテムのいくつかを生み出すことができるとしても、それは時間がかかります。その結果、高品質の職人技では大量生産は不可能です。したがって、ほとんどの工芸品は最近高価です。

クラフトの利点

クラフトの主な利点は、ユニークなデザインの生産です。職人技によって新しいデザインを変更または作成する方がはるかに簡単です。このため、試作段階では多くの工芸品が使用されています。工芸品はまた、地域経済を支え、地域規模で多くの仕事を生み出します。職人技はまた、100年前の伝統をサポートし、作品とともにそれらを保存します。

クラフトはまた、多くの患者を受け入れ、職人の精神的健康を改善します。このため、多くの人がそれを一種の瞑想だと考えています。多くの人は趣味として工芸をし、建設的な方法で時間を過ごします。

クラフトのデメリット

職人技には多くのスキルと知識が必要です。このため、質の高い職人になるには時間がかかります。残念ながら、ほとんどの人はそれほど忍耐力がなく、質の高い職人になる前に辞めます。クラフトに関連する別の問題は、生産量とコストです。クラフトによる大量生産はできません。

高品質の職人技によるあらゆるアイテムの生産には多くの時間がかかり、その生産コストが増加します。その結果、生産品の価格が高くなります。したがって、大量生産の前に、ほとんどの産業はしばしばプロトタイプ段階でのみ職人技を使用します。

資力

  1. https://researchonline.rca.ac.uk/id/eprint/1432
  2. https://e-artexte.ca/31747
x
2D vs 3D