フェミニズムとジェンダー平等の違い(表付き)

社会は男性と女性の両方で構成されています。性別を問わず、一人ひとりが平等な敬意、権利、安定などを持っている必要があります。一人一人が平等な機会と権利に値するはずです。フェミニズムやジェンダー平等のような用語が登場し、一人一人または人間がふさわしい平等についてすべての人の間に意識を高めています。どちらの用語も人々によって混乱することがよくありますが、意味や理解のセットは異なります。

フェミニズムとジェンダー平等

フェミニズムとジェンダー平等の違いは、フェミニズムという用語は、社会において女性が男性と同等の地位を獲得することを意味するということです。フェミニズムは、男性に関係なく、女性に平等な権利と機会を求めています。一方、ジェンダー平等とは、男性と女性の両方の平等な地位にアクセスできることを指します。ジェンダー平等は、特定のジェンダーに偏ることなく、平等な機会を求めています。

フェミニズム refers to get the rank of equality for women’s rights, opportunities, goals, etc same as men in society. Feminism seeks for equality status of women in all aspects as men. Women in particular are lacking behind in our society, because of many societal norms. The terms like Feminism have emerged to create some kind of awareness amongst the society about women’s rights, goals, etc. It uplifts women’s status in society.

一方、ジェンダー平等とは、男性と女性の両方の平等へのアクセスのしやすさを指します。ジェンダー平等は、特定のジェンダーに偏ることなく、平等な機会を求めています。ジェンダー平等は、両方のジェンダーの高揚について話します。それは、人々の平等な権利と機会を社会に認識させることであり、また、すべての人に互いに平等に接することを教えています。

フェミニズムと男女共同参画の比較表

比較のパラメータフェミニズム男女平等
定義フェミニズムとは、社会において女性が男性と同等の地位を獲得することを指します。ジェンダー平等とは、男性と女性の両方の平等な地位にアクセスできることを指します。
標的 フェミニズムは、男性としての女性の平等な権利と機会を目指しています。男女平等は、男性と女性の両方の平等な権利と機会を目指しています。
権利フェミニズムは、特に社会における女性の権利の向上を保証します。 ジェンダー平等は、社会における男性と女性の両方の権利の向上を保証します。
用語の起源「フェミニズム」という用語は、「女性」を意味するラテン語のフェミナに由来する古フランス語のフェミニンに由来します。 男女共同参画という用語は、2つの異なる用語で構成されています。 「性別」という用語は、「種類」または「タイプ」を意味するラテン語の「属」に由来します。そして、平等という用語は、「同じ」を意味する中期フランス語の「平等」に由来します。
用語の出現フェミニズムという用語は1848年に登場しました。ジェンダー平等という用語は、1995年に初めて登場しました。

フェミニズムとは何ですか?

フェミニズム refers to get the rank of equality for women’s rights, opportunities, goals, etc same as men in society. Feminism seeks for equality status of women in all aspects as men. Women in particular are lacking behind in our society, because of many societal norms. The terms like Feminism have emerged to create some kind of awareness amongst the society about women’s rights, goals, etc. It uplifts women’s status in society.

フェミニズムは、男性と女性の平等な権利と機会を目指しています。私たちの社会では、女性は通常、平等な権利と機会を得られないか、目標や目的を達成する機会を得ることはありません。したがって、フェミニズムという用語は、社会の人々の間で意識を広めるために出現しました。フェミニズムは、特に女性の権利の向上を保証します。一般的に、農村部では、女性は家事に最も関係があり、結婚している非常に若い年齢で、女性の適切な学校教育もありません。

「フェミニズム」という用語は、「女性」を意味するラテン語の「フェミニナ」に由来する古フランス語のフェミニンに由来します。フェミニズムは1848年に栄えました。女性の切望されていた権利、機会、目標などを維持するために、フェミニズムという用語は1848年に初めて栄えました。

男女共同参画とは何ですか?

ジェンダー平等とは、男性と女性の両方の平等へのアクセスのしやすさを指します。ジェンダー平等は、特定のジェンダーに偏ることなく、平等な機会を求めています。ジェンダー平等は、両方のジェンダーの高揚について話します。それは、社会、人々の平等な権利と機会を認識し、すべての人に互いに平等に接するように教えることです。

多くの場合、私たちは数年前から私たちの社会で起こっている男女平等を観察することができます。多くの場合、決定は特定の性別に偏って行われていますが、性差別についてすべての人の意識を高めるために、「ジェンダー平等」という用語が登場しました。ジェンダー平等は、私たちの社会における男性と女性の両方の権利と機会の向上を保証します。性差別は、学校、大学、オフィス、さらには私たちの家など、さまざまな機関でよく経験されます。

男女共同参画という用語は、2つの異なる言葉で構成されています。これら2つが組み合わされ、意味のある単語が作成されました。男女共同参画という用語は、「種類」または「タイプ」を意味するラテン語の「属」に由来します。平等という用語は、「同じ」を意味する中フランス語の「平等」に由来します。ジェンダー平等という用語は、1995年に初めて登場しました。

フェミニズムとジェンダー平等の主な違い

  1. フェミニズムとは、社会において女性が男性と同等の地位を獲得することを指します。一方、ジェンダー平等とは、男性と女性の両方の平等な地位にアクセスできることを指します。
  2. フェミニズムは、男性と女性の平等な権利と機会を目指しています。一方、男女共同参画は、男性と女性の両方の平等な権利と機会を目指しています。
  3. フェミニズムは、特に私たちの社会における女性の権利の向上を保証します。一方、ジェンダー平等は、男性と女性の両方の権利の向上を保証します。
  4. フェミニズムという用語は、「女性」を意味するラテン語の「フェミニナ」に由来する古フランス語のフェミニンに由来します。一方、男女共同参画という用語は、2つの異なる用語で構成されています。性別という用語は、「種類」または「タイプ」を意味するラテン語の「属」に由来します。そして、平等という用語は、「同じ」を意味する中期フランス語の「平等」に由来します。
  5. フェミニズムという用語は1848年に登場しました。一方、ジェンダー平等という用語は1995年に初めて登場しました。

結論

社会は男性と女性の両方で構成されています。性別を問わず、一人ひとりが平等な敬意、権利、安定などを持っている必要があります。一人一人が平等な機会と権利に値する必要があります。フェミニズムやジェンダー平等のような用語が登場し、一人一人または人間がふさわしい平等についてすべての人の間に意識を高めています。どちらの用語も人々によって混乱することがよくありますが、意味や理解のセットは異なります。フェミニズムとは、社会の男性と同じように、女性の権利、機会、目標などの平等のランクを取得することを指します。フェミニズムは、男性としてのあらゆる面で女性の平等な地位を求めています。特に女性は、多くの社会規範のために、私たちの社会に遅れをとっています。フェミニズムのような用語は、女性の権利や目標などについて社会の中で何らかの意識を生み出すために登場しました。それは社会における女性の地位を高めます。一方、ジェンダー平等とは、男性と女性の両方の平等へのアクセスのしやすさを指します。ジェンダー平等は、特定のジェンダーに偏ることなく、平等な機会を求めています。ジェンダー平等は、両方のジェンダーの高揚について話します。それは、人々の平等な権利と機会を社会に認識させることであり、また、すべての人に互いに平等に接することを教えています。

参考文献

  1. https://link.springer.com/content/pdf/10.1007/s11199-014-0381-9.pdf
  2. https://e-archivo.uc3m.es/bitstream/handle/10016/4435/state_valiente_1997.pdf
x
2D vs 3D