ボートと船の違い(表付き)

私たちのほとんどすべてが、大きな船と多数のボートが入った映画やドキュメンタリー、そしてそれらが非常に深い海でどのように機能するかを見てきました。この2つは非常に似ていると言えますが、それでも2つの間には一定の違いがあります。 

ただし、強調すべきことの1つは、これら2つの間にそのような規定された違いはないということです。私たちは、それらの機能と属性に基づいてそれらを区別する傾向があります。

ボートvs船  

ボートと船の違いは、前者は比較的小さいサイズで商品や人を運ぶ能力が低いことを意味し、後者はたまたまサイズが大きく、より多くの商品や人を受け入れることができる水船を意味しますそれを経由して輸送されます。これだけでなく、他の機能にも多くの違いがあります。 

ボートは通常、深海で動作するが深すぎない船舶または水上船舶として定義されます。それらは主に湖、川、その他の小さな水域のような水域で見られます。海上でのボートの存在は非常にまれであり、主にバックアップサポートとして使用されます。世界中の多くのボートは、その造られたデザイン、使用されている材料、そして彼らが奉仕しようとしている目的が異なっているのを見ることができます。 

一方、船は、簡単に言えば、ボートのより大きなバージョンに他なりません。この船舶は、そのサイズが小さな水域での運用を許可していないため、深海および海洋での運用にのみ気付くことができます。それらは、釣りから輸送、そして研究から防衛まで、多くの目的を果たします。ほとんどの場合、船には、発生する可能性のある緊急事態に対処するために、一定数のボートが含まれています。 

ボートと船の比較表 

比較のパラメータ ボート 船  
サイズ  小型の水槽です。 比較的大型の水槽で、見た目は巨大です。 
運用エリア これは主に湖や川で運営されています。 これは海と海でのみ運用されています。 
クルー  これは1人で操作することもでき、完全なチームを必要としません。 これは訓練を受けた専門家のチームによって運営され、指導のために船長を使用します。 
ナビゲーション技術 シンプルで複雑でないテクノロジーを使用して、岸への道を見つけます。 海などの重い地域で動作するため、比較的複雑な技術を使用しています。 
工事  これは非常に単純な方法で構築され、多くの技術を必要とすることはめったにありません。 これは非常に複雑で完全に構造化された方法で構築されており、誤動作を防ぎ、スムーズに航行できるようになっています。 
容量  船の容量が少ない。 より多くの船の容量 
提供される目的  通常、釣り、狭い場所での旅行などに使用されます。 これは、防衛機器、輸送媒体、漁業および加工工場などとして使用されます。 

ボートとは? 

ボートは、ある程度船に似ているが、船に比べて非常に小さいサイズで存在する船舶または水上船と呼ぶことができます。それらは、湖や川などの小さな水域で簡単に見ることができます。  

ボートはたった一人で簡単に操作でき、完全なチームを必要としません。これはサイズが小さいために発生し、通常、多くの地域で1人の船員だけがボートを航行しているのが見られます。ただし、特定の状況では、この船員はさらに数人の人々を伴います。 

ボートは主に2つのタイプがあります。 1つは人材が運営できるカテゴリーであり、もう1つは走行に燃料が必要なカテゴリーです。それは、岸への道を見つけるために単純で複雑でない技術を使用し、非常に単純な方法で構築され、多くの技術を必要とすることはめったにありません。ボートは通常、次の目的を果たします- 

  • 釣りに使用 
  • 輸送に使用 
  • ゲームや冒険で使用されます 
  • 観光名所として使用 
  • 救命ボートとして使用されます。 

船とは何ですか? 

名前で定義されている船とは、たまたまサイズが巨大で、より大きく、より重要な機能を果たす船舶のカテゴリを指します。巨大なサイズのため、それは多くの複雑で構造化された技術によって作られ、非常に複雑な構造を持っています。 

船は、その性能を維持するために乗組員全員が船に立ち会う必要があります。この乗組員は1人以上の船長を伴っており、公海を航行します。これは非常に複雑で完全に構造化された方法で構築されており、誤動作を防ぎ、スムーズに航行できるようになっています。 

15世紀、人々が戦争や商売のために船を経由して旅行を始めたとき、船は世界で最初に見られました。しかし、今日、これらはこれらの目的のために使用されるだけでなく、次のような他の義務も果たします。 

  • 船は、道のりや外部からの攻撃の際に、国のウォークラフトや保護者として使用されます。 
  • 船はより大規模な漁業に使用されます。 
  • 船は、漁業製品を商業的に処理し、世界のさまざまな地域に輸送するために使用されます。 
  • 船は輸送手段として使用され、ある目的地から別の目的地に商品や人を運びます。  

ボートと船の主な違い 

  1. ボートは小さなサイズの水槽です。それどころか、船は比較的大きなサイズの水槽であり、見た目は非常に巨大です。 
  2. ボートはシンプルなインフラストラクチャと設計方法を備えていますが、船は複雑で頑丈な構造を備えています。 
  3. ボートは小さな水域で動作し、船は大きな水域で動作します。 
  4. ボートは小さく見えますが、船は巨大で巨大に見えます。 
  5. ボートは一人で操作できますが、船を操作するには乗組員全員が必要です。 
  6. ボートは通常、釣りや狭い場所の移動などに使用されます。船に関しては、防衛機器、輸送媒体、釣りおよび加工工場などとして使用されます。 

結論  

ボートと船の両方のサイズと形状を見ると、両者の違いの線を示すことができます。しかし、特定の時間に、これら2つの間の特定の違いを線引きする必要が生じます。 

これらは両方とも水の容器ですが、それらは異なる目的を果たし、異なる機能を実行します。これらを完全に理解するには、それらの間に存在する違いを知ることが重要です。  

参考文献  

  1. https://www.jstor.org/stable/3317382
  2. https://www.oxfordhandbooks.com/view/10.1093/oxfordhb/9780199336005.001.0001/oxfordhb-9780199336005-e-48
x
2D vs 3D