WirexとCrypto.comの違い(表付き)

With evolving time and technology, the digital world is also evolving. Hence keeping track and walking parallel with the current scenario is important. Hence, people must be fully aware of all the firms and companies that offer a wide range of services across the globe. Wirex and Crypto.com are two such popular firms that try to meet the demands of investors.

Wirex vs Crypto.com

WirexとCrypto.comの違いは、Wirexの成功は、会社を設立したDmitryLazarichevとPavelMatveevに負うところが大きいということです。一方、Crypto.comの「発明者」はKrisMarszalekであると非常によく言えます。クリプトバック報酬として、Wirexは約1.5%のBTCを支払います。 Crypto.comの場合も同じことがMCOの1パーセントです。

Wirex has been around since the year 2014. Wirex is headquartered in the United Kingdom’s capital of London. Wirex’s website, “wirexapp.com,” has all of the crucial information about the company. XLM, WXT, DAI, BTC, XRP, LTC, and ETH are all known to be supported by Wirex. Wirex will be charged for both the top-up and the transaction using the card that is being issued to them.

Crypto.comが立ち上げられてから1年になります。 Crypto.comの本社は、設立以来、香港にあります。同社のウェブサイトCrypto.comのアドレスは「https://crypto.com」です。 Crypto.comは合計36コインをサポートすると報告されています。 Crypto.comのカードには取引手数料が付いています。暗号通貨のバックインセンティブとして、Crypto.comは約1%MCOを提供しています。

WirexとCrypto.comの比較表

比較のパラメータワイレックスCrypto.com
本部 イギリスのロンドンにあります 香港にあります
設立年 2014年に設立されました 2016年に設立されました
Webサイトwirexapp.comhttps://crypto.com
創設者Pavel Matveev、DmitryLazarichevによって作成されました KrisMarszalekによって作成されました
暗号通貨のサポート7、BTC、XRP、LTC、ETH、XLM、WXT、DAI36の暗号通貨をサポートします
取引料金Wirexは、取引手数料とトップアップの両方を請求します。取引手数料のみを請求します。
クリプトバックリワード1.5% BTC1% MCO

ワイレックスとは何ですか?

Wirex is a cross-border payment platform that allows you to handle, hold, and spend cryptocurrencies as well as fiat currency. It comes with a payment card and wallet software that lets users swap digital currencies and different fiat currencies at OTC interbank rates. The travel card allows you to use your Wirex account to make purchases at 54 million Mastercard locations across the world.

また、150以上の通貨をサポートし、国際決済を銀行間レートで現地通貨に即座に変換するため、追加料金を支払う必要はありません。ワイレックスは2014年から営業を続けています。ワイレックスは英国の首都ロンドンに本社を置いています。 Wirexのウェブサイト「wirexapp.com」には、会社に関する必要な情報がすべて掲載されています。

ワイレックスの成功は、会社を設立したDmitryLazarichevとPavelMatveevの2人に起因している可能性があります。 XLM、WXT、DAI、BTC、XRP、LTC、およびETHは、Wirexがサポートすることが知られている7つの暗号通貨の1つです。ワイレックスは、発行されたカードのトップアップとトランザクションの両方に対して課金されます。暗号通貨のバック報酬として、Wirexは約1.5%のBTCを提供します。

Crypto.comとは何ですか?

Crypto.comが立ち上げられてから1年になります。 Crypto.comは設立以来、香港に本社を置いています。同社のウェブサイトCryptp.comのアドレスは「https://crypto.com」です。 Kris Marszalekは、Crypto.comの「創設者」であると信じられている男です。 Crypto.comは36種類のコインを受け入れると報告されています。 Crypto.comは、発行するカードに取引手数料を課します。

As a crypto back reward, Crypto.com offers roughly 1% MCO. The Crypto.com app is almost certain, given how many people utilise the website to buy Bitcoin, Dogecoin, and other various crypto-economic products. You may do a lot of things on the site without worrying about being scammed, such as buying and selling coins.

暗号通貨を含むこれらのデジタル資産を販売または購入する意思のある顧客の市場価格には、そのような隠れた価格や料金はありません。 Crypto.comアプリとウェブサイトは、スイスに拠点を置くグローバルなデジタル資産サービス組織であり、人々が簡単かつ成功して暗号通貨に投資できるようにします。

WirexとCrypto.comの主な違い

  1. 2014年以来、Wirexは存在しています。一方、2016年になって、Crypto.comは存在していました。
  2. Wirexは、英国にあるロンドンに拠点を置いています。一方、香港は、Crypto.comの設立以来運営されています。
  3. Wirexに関するすべての重要な情報は、そのWebサイト「wirexapp.com」から取得できます。一方、「https://crypto.com」は、会社のWebサイトCryptp.comのアドレスです。
  4. DmitryLazarichevとPavelMatveevは、Wirexを作成したので、Wirexの成功の背後にいる人々です。一方、Kris Marszalekは、Crypto.comの「作成者」のタグが付けられている人物です。
  5. Wirexは、XLM、WXT、DAI、BTC、XRP、LTC、ETHを含む7種類の暗号通貨をサポートすることが知られています。一方、Crypto.comは合計36の暗号通貨をサポートすることが知られています。
  6. ワイレックスに発行されているカードは、トップアップと取引時の両方で課金されます。一方、Crypto.comが発行したカードは取引手数料がかかります。
  7. ワイレックスはクリプトバック報酬として約1.5%BTCを提供します。一方、Crypto.comはクリプトバック報酬として約1%MCOを提供します。

結論

同じものはありません。これらのドメインには、多くの未知数があります。不確実性のため、デジタル資産の価格が同じになることはありません。これまでに存在した他の何よりも変化の影響を受けやすいです。デジタル資産を所有することは、ある瞬間に多額のお金を提供し、次の瞬間に以前の投資をすべて無駄にすることによって、あなたの将来に影響を与える可能性があります。これらのタイプのデジタル資産市場への投資を支援するさまざまな企業が利用できます。しかし、結局、これにお金を投資する決定は完全に利害関係者次第です。最高の注意と安全上の予防措置、および保証を行う必要があります。

参考文献

  1. https://ieeexplore.ieee.org/abstract/document/7906988/
  2. https://repository.upenn.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1133&context=wharton_research_scholars
x
2D vs 3D