法人と会社の違い(表あり)

ビジネスの世界では、「会社」と「企業」の両方の言葉が同じ意味になるようになりました。

法人対会社

会社と企業の違い 企業は中小企業や事業体に適したビジネス形態であるということです。一方、企業とは、より大きな企業や事業体に適したビジネス形態を意味します。

会社の所有者はその所有者ですが、一方、企業の所有者は株主です。会社は常に会社ですが、会社は会社ではない場合があります。

株式会社と会社の比較表

比較のパラメータ株式会社会社
定義企業とは、株主が所有する大企業向けの企業です。会社とは、会社法に基づいて登録された法人または法人組織です。
法人法人の一種。紙の上にのみ存在し、目に見えない法人。
タイプC社、S社個人事業主、パートナーシップ、有限責任会社、有限責任パートナーシップまたは法人。
所有者株主 会員 
組織法人組織法人または法人組織
管理株主は、活動を運営および管理する取締役を選出するフルコントロール

法人とは?

企業は、大規模な企業やエンティティに関連する会社です。単一の所有者はなく、株主が所有者です。

株主は取締役を選出し、取締役はその職務を実行および管理します。 法人は法人の一種です。法人には、C法人とS法人の2種類があります。

違いは、連邦および州の所得税によってそれらがどのように認識されるかです。 C法人の場合、税金は会社の収益に基づいて直接支払われます。

S法人では、収益は各株主に送られ、税金は個人所得税を通じて支払われます。企業は常に法人化されています。企業の法的文書には、常に「Inc」の略語が含まれています。法人が法人として認識されるためには、企業は常に「Inc」または「limited」である必要があります。

株主が彼の株式を会社に残した場合、彼が欠席しても、彼が多くの株式を所有していない限り、会社の運営は変わりません。その後、彼の株は他の人や新しい株主によって購入されます。

企業は通常、企業よりも構造化され、組織化されています。管理は、ビジネスの日常的な活動に干渉しません。

法人には社会的利益と資本利益のモットーがあります。それは会社よりも大きいので、企業はより多くの専門家を観察します。この企業には、すべてのタスクと従業員のためのいくつかの別々の部門があります。 

 

会社とは?

会社は、中小企業またはエンティティに関連するビジネスです。会社の所有者はそのメンバーです。 同社は企業よりも構造化された複雑な組織ではありません。会社は通常、紙にのみ存在する目に見えない法人です。

会社は法人または法人のいずれかです。同社には厳格な部門と管理がありません。従業員は先輩と執行役員に報告します。所有者は干渉し、日常のタスクやビジネス全般の実行を支援します。従業員は専門家であるだけでなく、新入生でも初心者でもあります。

会社は経営者と従業員の間にセミフォーマルな関係を持っています。個人事業主、パートナーシップ、有限責任会社、有限責任パートナーシップまたは法人のような会社の多くのタイプがあります。

私。 個人事業主– 個人事業主は、単一所有者ビジネスとも呼ばれます。一人で運営しています。所有者と事業体の区別はありません。唯一の人がビジネスを所有しています。 

いい。 パートナーシップ– パートナーシップとは、2つ以上のパートナーが集まり、利益への相互利益のためにビジネスを運営することです。パートナーシップは、2人以上の個人、企業、ソーシャルクラブ、政府などの間で行うことができます。

Iii。 有限責任会社 - この構造は米国に存在します。民間有限会社です。この事業では、2つのパートナー間の税または個人事業主と企業の有限責任を組み合わせます。

Iv。 有限責任パートナーシップ– このビジネス構造では、2つ以上のパートナーの責任は限定的です。パートナーシップと企業の両方の役割を持つことができます。 LLPのハイライトは、どのパートナーも他のパートナーの不正行為や不正行為に責任を負わないことです。

法人と会社の主な違い

  1. 企業と企業の主な違いはサイズです。企業は大企業またはエンティティですが、企業は中小企業またはエンティティです。
  2. 会社の所有者はそのメンバーですが、企業の所有者は株主です。
  3. 法人は法人ですが、会社は紙にのみ存在する目に見えない法人です。
  4. 企業は企業よりも構造化され、複雑です。
  5. 経営者と所有者は、企業内のビジネスの日常業務に干渉しませんが、一方で、会社の所有者は、ビジネスの日常業務に干渉して実行します。
  6. 会社よりも従業員として会社で見られる専門家が多い。
  7. 会社のタイプはC CorporationおよびS Corporationであり、会社のタイプは個人事業主、パートナーシップ、有限責任会社、有限責任パートナーシップ、および法人です。
  8. 法人は法人化することしかできませんでしたが、法人は法人と法人の両方にすることができます。

結論

今日の日と時代の言葉は同じことを意味するようになりましたが、いくつかの変更があります。

会社も会社も相互依存しています。 会社は大企業に成長する可能性があり、大企業はビジネスを発展させるために小規模ビジネスを必要としています。

経済学では、すべてが接続されており、相互に責任があります。小さな会社でも重要な役割を果たしており、企業も重要な役割を果たしています。法人は常に会社ですが、会社は法人である場合とそうでない場合があります。

参考文献

  1. https://corporate.findlaw.com/corporate-governance/types-of-corporations.html
  2. https://corporations.uslegal.com/types-of-corporation/
  3. https://www.feedough.com/what-is-a-company-meaning-types-features-of-a-company/
x
2D vs 3D