先進国と発展途上国の違い(表付き)

繁栄と財政の安定に関しては、国は先進国と発展途上国として知られている2つのカテゴリーに分けることができます。

先進国と発展途上国

先進国と発展途上国の違い 先進国は自給自足であり、産業と経済の面で発展しているということです。発展途上国は自給自足ではありません。失業率と貧困率は先進国では低く、発展途上国では高くなっています。

先進国では産業の成長が高いのに対し、発展途上国は先進国に依存しています。

先進国と発展途上国の比較表

比較のパラメータ先進国開発途上国
経済工業化サービスベース;農耕
料金乳児死亡率が低い;高い識字率;熟練労働者の割合が高い非識字率が高い。乳児死亡率が高い
生活条件良くて安全中程度だが危険な場合もある
インフラストラクチャー組織された組織化されていない

発展途上国とは何ですか?

発展途上国を定義する最良の方法は、先進国よりもはるかに低い産業基盤を持つ国です。これは、問題の国は通常、確立された国よりもはるかに低いGDPを持っていることを意味します。

もちろん、「発展途上」という用語に関しては、学者はどの国がこのカテゴリーに当てはまるかについて意見が分かれていることに注意することが重要です。しかし、それは一般的に「現在観察されている状況」として定義されており、開発途上国にはしばしばいくつかの特徴があります。

1)基本的な衛生状態、衛生状態、安全な飲料水へのアクセスレベルが低い。

これらはすべて発展途上国で私たちが当たり前と思っていることですが、多くの第三世界の国々はこれを持っていません。きれいな飲料水の不足は、開発途上国が病気や感染症に関して多くの問題を抱えている理由の一部です。

2)教育レベルが低い。

社会が発展するためには、人々は教育を受ける必要があります。これは発展途上国ではしばしば欠けています。

教育は、彼らが問題を適切に解決し、新しい農業と栽培方法、および他の多くの進歩戦略にアクセスするのを助けることができます。

3)感染症の発生率が高い。

発展途上国では、一般的な小児感染症の多くがまだ拠点を持っています。それだけでなく、彼らはしばしば致命的である可能性があります。はしか、水痘、マラリアなどの症状は、場合によっては世代を一掃する可能性があります。

先進国とは何ですか?

同様に、いくつかの特徴が先進国を定義します。

「…列車が時間通りに来る限り」という古いことわざがあります。これはインフラストラクチャを意味します!これは先進国の特徴の1つです。彼らは、道路、交通機関、およびその他の領域全体に組織化されたインフラストラクチャを持っています。もちろん、それはほんの始まりに過ぎません。

完全に発展した国を定義するいくつかの追加の領域は次のとおりです。

1)先進国は人間開発指数(HDI)が高い

人間開発指数(HDI)は、繁栄している経済だけでなく、国がその経済で何をしているのかを完全に測定する1つの方法である国連によって採用された指標です。

2)先進国は通常、一人当たりの純資産が高くなります。

人間開発指数(HDI)と密接に関連するものの1つは、国の相対的な純資産です。

当然のことながら、確立された国には、より良い個人的な財政状況にあるより多くの個人がいるでしょう。

先進国と発展途上国の主な違い

もちろん、これはすべて疑問を投げかけます。先進国と発展途上国を区別するいくつかの明確な特徴は何でしょうか。完全に確立された国になると、次の点に注意してください。

  1. 彼らは良い生活条件を持っています。
  2. 彼らは高い生活水準を持っており、
  3. 先進国は確かな生産要素を持っているでしょう。

先進国と発展途上国に関するよくある質問(FAQ)

なぜ先進国は発展途上国よりも多くの資源を使うのですか?

先進国は労働力に依存せず、機械に依存するため、より多くの資源を使用します。先進国は、実施するほぼすべての活動で資源を使用しています。

例–発展途上国ではなく、先進国に自動洗車機があります。

洗車機はもっと多くの水を使うでしょう。労働力の代わりにより多くの機械が使用されるため、エネルギー消費量が増加します。停電を避けるために、先進国ではより多くの電力が生成されます。それは単に石炭と水のより多くの使用を意味します。

先進国もまた、新しい技術実験を実施することにオープンです。これらはすべて、発展途上国と比較してはるかに多くのリソースを要します。

発展途上国で使用されている#1エネルギー源は何ですか?

化石燃料は、発展途上国で使用される#1エネルギー源です。化石燃料は次の3つのカテゴリに分類できます。
1)オイル
2)石炭、および
3)天然ガス

どの国が最も再生可能エネルギーを生産していますか?

中国は世界で最も再生可能エネルギーを生産しており、アメリカ合衆国とブラジルがそれに続きます。カナダとインドは4位と5位です。

一人当たりの最もクリーンな発電量に関しては、アイスランドがリストのトップにあります。再生可能資源でほぼ100%のエネルギーを生産します。

先進国はどのように発展途上国を助けますか?

先進国は、3つの主要な方法で開発途上国を支援しています。

  1. 健康管理 - 先進国は、発展途上国の医療を支援しています。発展途上国の多くの人々が適切な医療の欠如に苦しんでいることが観察されています。先進国は発展途上国に医療キャンプを開き、高価な治療をする余裕のない人々に医療を提供するのを助けます。多くの先進国は、発展途上国の医師に事前の医療トレーニングを提供しています。
  2. 経済 - 先進国は、関税率を引き下げて国際貿易を促進することにより、開発途上国を支援しようとしています。また、発展途上国に産業を設立するための資金も提供しています。先進国の多くの企業は、発展途上国の企業と協力して働いています。それは人々に労働力を提供し、製造された製品は通常より安いです。
  3. 教育 - 多くの先進国は、奨学金の形で開発途上国により良い教育の機会を提供しています。

結論

ご覧のとおり、先進国と発展途上国の間には多くの違いがあります。

先進国は常に自給自足であり、外部からの援助があまりなくても繁栄します。発展途上国が効果的に運営するには、さまざまな分野で多くの支援が必要になります。

いずれにせよ、覚えておくべき主なことは、先進国は今や主権者であるということです。一方、発展途上国はまだ同じ目標を達成するために取り組んでいます。

参考文献

  1. https://www.un.org/en/development/desa/policy/wesp/wesp_current/2014wesp_country_classification.pdf
  2. https://www.scielosp.org/article/bwho/2001.v79n10/963-970/en/
  3. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2393424/pdf/bullwho00035-0105.pdf
  4. https://www.nber.org/chapters/c5842.pdf
x
2D vs 3D