ANOVAとMANOVAの違い(表付き)

ANOVA and MANOVA are basically two different statistical methods that are used to calculate the mean for a given data. The word ANOVA stands for analysis of variant, while the word MANOVA stands for multivariate analysis of variant.  

平均の計算に使用されるANOVA法には、1つの従属変数のみが含まれますが、平均の計算に使用されるMANOVA法には、複数の従属変数が含まれます。これは基本的に、バリアントグループに違いがあるかどうか、または複数の従属変数が存在するかどうかを判断するために使用されます。そして、これが、1つの変数のみを必要とする1つの点でANOVAとどのように異なるかです。  

ANOVA vs MANOVA

ANOVAとMANOVAの違いは、ANOVA法による平均の計算では、変数が1つしかないことですが、MANOVA法では、2つ以上の異なる変数があります。両方の方法は、与えられた方程式の平均を決定するための統計の研究で使用されます。 ANOVAは計算に3つの異なるモデルを使用しますが、MANOVAの方法ではそのようなモデルは使用されません。

ANOVAはバリアントの分析を表し、Manovaは多変量分析バリアントを表します。これらは両方とも平均を計算するための統計的方法として使用されますが、従属バリアントが1つしかない場合は分散分析が使用されますが、従属バリアントが複数存在する場合は分散分析が使用されます。統計を研究するときに、2つ以上の平均が互いに比較される場合、平均を見つけるために使用される方法は、分散分析であるANOVAと呼ばれます。  

名前が示すように、多変量解析バリアントであるMANOVAメソッドは、複数の従属変数がある場合に使用されます。これらの複数の変数は、その従属変数より2つ以上を計算するのに役立ちます。 MANOVAは、ANOVAのように、特定の方程式の平均を計算するために特定のモデルを使用しません。 MANOVAでは、Wilk's Lambaは、1回の計算で一度に複数の変数が使用されるために決定され、それらの間の差を決定するのにも役立ちます。

ANOVAとMANOVAの比較表 

比較のパラメータ  ANOVA  マノバ 
略語 バリアントの分析 バリアントの多変量解析。 
用途 平均を計算するための従属変数が1つしかない場合。 平均の計算に複数の変数がある場合。 
モデルの数 ANOVAは、計算に3つの異なるモデルを使用します。  平均を計算するためにMANOVAで使用されるそのような数のモデルはありません。  
決定  ANOVAでは、因子の有意性を判断するためにF検定が使用されます。 MANOVAでは、Wilk'sLambdaと呼ばれる多変量F検定が使用されます。  
Fの値 因子分散と誤差分散の比較により、ANOVAのFの値が決まります。  因子分散共分散行列は、ウィルクのラムダを取得するために誤差分散共分散行列と比較されます。  

ANOVAとは何ですか? 

ANOVA stands for analysis variant. When studying statistics, when there are two or more than two means are compared to one another, but simultaneously the method that is used to find the mean is called ANOVA that is an analysis of variants. In order to learn and establish relationships between significant variables, the method is ANOVA is used. To determine if the mean calculated of two or more groups is equal or not, it lays a test. And this test thus used is called the t-test.

平均の比較のために、平均間の関係を決定または確立するために、それらの分散が実際に比較されて確立を設定しているため、ANOVAという名前が付けられています。  

ANOVAには、平均を計算するためにさまざまな側面で使用される3つの異なるモデルがあります。固定効果モデルは、オブジェクトが1つまたは複数の処理を受けている場合に適用されます。変量効果モデルは、適用される治療が大規模な母集団の被験者に対して以前に固定されていない場合に適用されます。混合効果モデルは、治療に固定法と混合法の両方の以前の方法がある場合に適用されます。  

MANOVAとは何ですか? 

MANOVAは、多変量分散分析の略です。統計におけるMANOVAの方法は、平均を計算するための変数が2つ以上ある場合に使用されます。これは、2つまたは3つ以上の異なる従属変数間の差を確立および決定するのに役立ちます。この方法で提供される支援は、2つの異なる変数間で同時に行われます。 

The MANOVA method that is a multivariate analysis variant, as the name says, is used when there are multiple dependent variables. These multiple variables help in calculating two or more than that dependent variable. In MANOVA, the multivariate F-test is used, which is called Wilk’s Lambda. The factor variance-covariance matrix is compared to the error variance-covariance matrix in order to obtain Wilk’s Lambda. 

ANOVAとMANOVAの主な違い 

  1. ANOVAとMANOVAの主な違いは、平均を計算するために変数が1つしかない場合にANOVAが使用されるのに対し、変数が2つ以上存在する場合にMANOVAが使用されることです。  
  2. ANOVAは分析バリアントを表し、MANOVAは多変量分析バリアントを表します。
  3. ANOVAは計算に3つの異なるモデルを使用しますが、MANOVAにはそのようなモデルはありません。
  4. ANOVAでは、因子の有意性を決定するためにF検定が使用されますが、MANOVAでは、Wilk'sLambdaと呼ばれる多変量F検定が使用されます。
  5. ANOVAには従属変数が1つしかありませんが、MANOVAには、2つまたは3つ以上の従属変数があります。

  結論 

これまでの議論から、ANOVAとMANOVAは基本的に、特定のデータの平均を計算するために使用される2つの異なる統計手法であると結論付けられます。 ANOVAという単語はバリアントの分析を表し、MANOVAという単語はバリアントの多変量分析を表します。  

平均の計算に使用されるANOVA法には、1つの従属変数のみが含まれますが、平均の計算に使用されるMANOVA法には、複数の従属変数が含まれます。これは基本的に、バリアントグループに違いがあるかどうか、または複数の従属変数が存在するかどうかを判断するために使用されます。そして、これが、1つの変数のみを必要とする1つの点でANOVAとどのように異なるかです。 

ANOVAには、平均を計算するためにさまざまな側面で使用される3つの異なるモデルがあります。固定効果モデルは、オブジェクトが1つまたは複数の処理を受けている場合に適用されます。変量効果モデルは、適用される治療が大規模な母集団の被験者に対して以前に固定されていない場合に適用されます。混合効果モデルは、治療に固定法と混合法の両方の以前の方法がある場合に適用されます。 

参考文献

  1. https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=nz241IjmSGgC&oi=fnd&pg=PR13&dq=anova&ots=SkgpPsjjgl&sig=vkGrX8KBtqN1_bS-ls9TczrlF-o
  2. https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=Cy_IoTEKkngC&oi=fnd&pg=PR7&dq=manova&ots=jwnZi3tISr&sig=h5RfPg_0qSxrxlctyny5r6VDbFw
x
2D vs 3D