アドバイザリと警告の違い(表付き)

太古の昔から、人類の利益のために予防措置と標識が使用されてきました。危険を伝えるモードは、オーディオモード、ビジュアルモード、またはこれら両方のタイプの組み合わせを使用することによって行うことができます。最も一般的でわずかに異なる2つのタイプの信号は、警告と勧告です。それらは、それぞれのタイプを通信する機能と一般的な方法に基づいて区別できます。

アドバイザリvs警告

アドバイザリと警告の主な違いは、前者はそれほど深刻ではない状況で使用され、後者は、前述の警告に注意深く従わないと状況が手に負えなくなる可能性がある場合に使用されることです。

アドバイザリーは、予防措置を講じ、人間の制御を超えて状況をさらに悪化させる可能性のある行為から遠ざけることにより、何らかの形で有害な状況を回避する方法として定義できます。一般的な用途には、気象勧告、自然な輪郭に関するその他の取扱説明書、および欠陥があることが判明した多くの種類の人工構造物が含まれます。

警告は、現金や種類の怪我、財産の喪失、致命的な怪我、または最終的には死亡を防ぐことを目的とした否定的な助言として定義できます。これらの警告により、広いエリアが旅行リストから除外されることがあります。

アドバイザリと警告の比較表

比較のパラメータアドバイザリー警告
定義これは、イベントに関する情報を提供するために公益のために送信されるステートメントまたはステートメントのグループであり、すべての人を不利な状況から救うための代替の行動方針をアドバイスします。これは、リスクのある領域に配置されたり、関連する危険のために影響を受ける可能性のある人々に伝達されたりする「禁止」の種類の助言です。
重大度状況は、大勢の人々に軽度の影響を及ぼしている可能性があります状況は深刻な、時には致命的な影響を及ぼします
通信モードそれは主に紙またはオンラインモードを介して行われます警告は主に看板やアラームを通じて伝えられます
主な適応症アドバイザリは状況に対処する方法を示します警告は、有害な状況を防ぐ方法を示しています
使用した背景色は個人の好みによって異なる場合があります赤または黄色の背景が使用されます

アドバイザリーとは何ですか?

アドバイザリは、多くの人々が個人の安全や生命を危険にさらすのを防ぐために使用されてきました。このようなメッセージは、危険な場所で入手可能な情報を伝達するための最も早い可能な手段に従って、印刷された文書または口頭のメッセージの形で伝達される可能性があります。

同時に多数の人々に影響を与える状況では、勧告を発行することは、人々が必要な保護装置に切り替え、あらゆる種類の事故を回避するために他の厳格な措置を講じるのに役立ちます。気象勧告に関する限り、彼らは別のルートを持っており、しばらくの間彼らの動きを制限するように人々にアドバイスするかもしれません。

人が特定の勧告に従わない場合、その結果は、場所であれ環境破壊であれ、特定の状況を通過することを困難にする可能性があります。ほとんどの場合、結果は生命を脅かすものではありませんが、予測される被害の深刻さに関係なく、勧告を繰り返し無視することで、人々は確実に問題を抱えることになります。

警告とは何ですか?

その人が本当にひどく制御できない結果を防ぎたいのであれば、警告は決して無視されるべきではありません。このような危険信号は、個人および財産の損失を最大限に防ぐことができるように、否定的な側面で伝達されます。時には、警告は、戦略的に重要なさまざまな場所で人がリスクを冒すことを許可される最大許容範囲を示す場合もあります。

洪水、地滑り、雲の破裂、その他の人工構造物の局所的な変形などの状況では、その特定の時期の自治体または政府が主導する警告を注意深く遵守する必要があります。気象局はまた、今後数日、数週間、さらには数ヶ月の予測に基づいて警告を示します。

人(または人のグループ)が警告サインに従わない場合、致命的となる場合があります。制限速度の警告は、一般的に見られ、頻繁に違反する警告の最も一般的な形式です。警告の形で表示される標識、表示、および重大な宣言は、正確に読む必要があります。

主な違い アドバイザリーと警告

  1. アドバイザリは、情報提供として定義されています。予見可能な損害および予見できない損害の深刻さを軽減するために、警告に従う必要があります。
  2. その特定の状況の深刻さを制限することを目的として勧告が出された場合、状況はそれほど深刻ではありません。警告は、危険な場所に永久に留まるか、危険な結果が予測されたときに表示される危険信号です。
  3. アドバイザリーの通常のコミュニケーションは音声またはビジュアルで行うことができますが、警告は看板に公に表示されるか、大声でアナウンスされるため、リスクの高い地域のすべての人々に「警告」することができます。
  4. アドバイザリの主な兆候には、危険を防ぐ方法、安全な対策を講じる方法などがあります。警告は主にすべきこととすべきでないことを示します。
  5. The background is not always decided for displaying advisories (white paper is the most common form of display). Warnings are displayed mainly on yellow colored or red colored backgrounds to enhance visibility by cutting down on possible levels of light diffraction.

結論

人間は常に、さまざまな科学的および非科学的目的で実施されるさまざまな実験の危険な結果に備えています。危険が自然発生によるものであっても、互いに助け合うことは、社会化を通じて開発された固有の性質です。したがって、危機管理は、警告と包括的な助言を適切に利用するあらゆる種類の社会の不可欠な側面であると考えられています。

予期しない状況をより適切に防止するために、必要な階層に従ってのみ、アドバイザリと警告を伝達する必要があります。それは連続的な性質であり、適切な安全基準が維持されるように、通常、最初に勧告が出されます。その後、警告はあらゆる危機の最後の手段と見なされます。より深刻なバージョンに固執する可能性は、単純な宣言的バージョンよりも高くなります。

参考文献

  1. https://journals.lww.com/ccmjournal/Fulltext/2012/08000/A_controlled_trial_of_electronic_automated.12.aspx
  2. https://iopscience.iop.org/article/10.1088/1741-2560/5/4/004/meta?casa_token=jAPxCMF0CLsAAAAA:iRw1P9JVNMthI8eaDMdrUZYXOPIQEZrWQ2ciDBd0ZI5bQpRhzmt3bX0nS_3NBqR-M0d985AjGMDoheZq
x
2D vs 3D