動脈瘤と塞栓症の違い(表付き)

The human body is very complex, and there is so much that happens to it. There are no limitations of what can happen and how it did. There are so many possibilities of anything which can happen, such as if someone gets a heart attack, there can be n number of reasons. Aneurysm and Embolism can be examples.

動脈瘤とエボリズムの両方が血流の障害になりますが、それらが発生する理由とその原因にはさまざまな理由があります。

動脈瘤vs塞栓症

動脈瘤と塞栓症の違いは、動脈瘤は動脈の衰弱または破裂による心臓または脳の血流を妨げるのに対し、塞栓症は血管内の血餅の沈着により同じことを行うことです。めまい、心拍数の上昇、錯乱、息切れなど、どちらも似たような症状がありますが、治療法は異なります。 

An aneurysm is an abnormal dilatation of a blood vessel that is permanent and localized and which results in the weakening of the artery or vessel wall. It can happen due to high blood pressure, sudden trauma, or vascular disorder. It can cause many difficulties like an upset stomach, difficulties in speaking, vision problems, etc.

塞栓症は、血流を妨げる動脈瘤と同じことをしますが、血管を塞ぐ血管にコルトが留まっているために起こります。その血餅はコレステロール、血球の塊、脂肪などで構成されています。これらはあらゆる臓器に損傷を与える可能性がありますが、主に腎臓、脳、心臓、または肺で発生します。

動脈瘤と塞栓症の比較表

比較のパラメータ動脈瘤塞栓症
定義動脈の領域の膨らみまたは弱体化は動脈瘤として知られており、最終的に破裂して内出血を引き起こします。脂肪、コレステロール、血管の詰まりで構成された粒子のグループは、1つの場所に留まり、血流を遮断します。
理由これは、アテローム性動脈硬化症、および動脈の破壊を引き起こす高血圧が原因で発生します。これは、粒子が凝固して血流を停止するために発生します。
処理それは破裂した血管を密封することによって行われます。これは、血栓の蓄積を防ぐために抗凝血薬を提供することによって行われます。
原因動脈のねじれや破壊により、脳や心臓の血流を止めます。血栓による脳や心臓の血流を止めます。
影響を受ける体の部分これは、脳、心臓、脾臓、肺、大動脈、および循環器系のあらゆる場所で発生する可能性があります。これは、すべての臓器、主に肺、心臓、腎臓、脳で発生する可能性があります。

動脈瘤とは何ですか?

If one is suffering from Aneurysm, then it means they can have a bulge in the artery or the blood vessels of the wall is weak due to some reasons. There can be several reasons, such as high blood pressure and atherosclerosis, which causes the artery to become weak. They can happen in blood vessels, but they cause in the aorta, which carries blood from the heart and is connected to the brain, and that can be very fatal and serious.

動脈の膨らみは最終的に破裂する可能性があります。それらは血流の障害になる可能性があります。突然の外傷や血管障害によっても引き起こされる可能性があります。視力の問題、話すのが困難、手足の脱力、胃の不調などを引き起こします。これらは、破裂した血管を密閉する方法が異なる血管内コイル塞栓術やクリッピング術などの治療法を使用して治療できます。

塞栓症とは何ですか?

塞栓症は、塞栓症と呼ばれる特定の粒子による血流の低下です。塞栓は、血球、脂肪、コレステロールを凝固させて構成されています。彼らは体のどこにでも移動することができ、多くの臓器に損傷を与える可能性があります。それらは一箇所に存在し、血の流れの障害となる可能性のある血餅になる可能性があります。

Their symptoms are dizziness, pain, difficulty in breathing, etc. They can be due to age and genetic problems who has heart disease, high cholesterol fats, and high blood pressure. There can be many types of embolism, such as brain embolism, retinal embolism, fat embolism, septic embolism, and many more.

それらは、血栓の形成を防ぐ抗凝固剤や、血液を薄くして血栓を壊すのを防ぐことができる薬などの薬で治療することができます。さらに、血栓溶解剤などの治療を行って血餅を溶解することもできます。

動脈瘤と塞栓症の主な違い

  1. 動脈瘤は動脈の衰弱と破裂ですが、塞栓症は脂肪、コレステロール、血管の詰まりでできた血餅を作ります。
  2. 動脈瘤は、週の動脈と内出血による脳や心臓への血流の流れを防ぎますが、塞栓症は、血管内に血栓が溜まるために血流を止めます。
  3. 動脈瘤は、高血圧、喫煙、アテローム性動脈硬化症などが原因で発生します。一方、塞栓症は、高血圧、高コレステロール食、喫煙などが原因で発生します。
  4. 動脈瘤は、クリッピング術や血管内コイル塞栓術などの技術を使用して破裂した血管を密封することによって治療されますが、塞栓症は、血液を薄くする薬、抗凝固剤、および蓄積した血餅を溶解するのに役立つ血栓溶解剤などの治療を行うことによって治療されます。
  5. 動脈瘤は脳、心臓、脾臓、肺、大動脈、および循環器系のあらゆる場所で発生する可能性がありますが、塞栓症はすべての臓器に損傷を与える可能性がありますが、主に腎臓、肺、脳、心臓で発生します。

結論

それが動脈瘤であろうと塞栓症であろうと、それらは両方とも時には致命的である可能性があります。どちらも同じことをしますが、原因が異なり、動作も異なります。それらに関連する危険因子をチェックし続けることができ、それらは状態が起こるのを防ぐことができます。

さらに、健康的な食生活を維持し、定期的に運動し、アクティブなライフスタイルに従うことも必要です。また、遺伝的で年齢による危険因子を誘発することもできます。定期的に身体検査を行うことをお勧めします。症状を監視して、できるだけ早く症状を認識することができます。

参考文献

  1. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0735109785801091
  2. https://thejns.org/view/journals/j-neurosurg/53/3/article-p300.xml

x
2D vs 3D