売掛金とは何ですか? |定義、作業、長所と短所

この現代では、すべての企業が顧客と金融取引を行っています。ほとんどの場合、顧客は取引時に支払われるべき金額を支払います。ただし、お客様の都合により、お支払いに時間がかかる場合がございます。

Accounts receivable are due balance money that company hasn’t received yet against their goods or services. According to accounting methodology, this amount is considered as income. All account managers put this amount on the balance sheet as a current asset. Let’s learn how do account receivables work and what are the advantages & disadvantages associated with it.

それはどのように機能しますか?

今日のビジネス環境は非常に競争が激しいです。このため、すべての企業は、消費者基盤を拡大するために顧客に追加のサポートを提供しようとしています。その結果、多くの企業が 与信枠 to their customer where the customer can pay back the due amount in the recent future. In the accounting world, it is called “Accounts Receivable”. It is a business phrase that refers to an unpaid invoice by the customer.

顧客にとって、それは彼らが特定の時間枠内に支払わなければならない借金のようなものです。会計帳簿では、商品やサービスの販売に対してのみ正当化されます。その結果、支払額は資産と見なされます。たとえば、公益事業会社の支払期日は「売掛金」と見なされます。ここでは、顧客は公益事業会社からの水とガスを利用し、後で請求書を支払います。

公益事業会社とは異なり、ほとんどの会社はこのクレジットをすべての顧客に提供しているわけではありません。顧客は信頼できるものでなければならず、近い将来にその金額を返済するための財務力を持っている必要があります。この会計システムでは、ほとんどの企業が長期的なビジネス関係のために貴重な顧客をサポートしています。

売掛金のメリット

売掛金は、会社が近い将来受け取る予定の金額です。これは、会社が顧客に提供するクレジットの一種です。その結果、それは顧客と会社の関係を改善します。お客様との長期的な取引関係を強化します。

長期的には、 競争上の優位性 ビジネスのために。会社からのより多くの信用で、顧客の購買力は大幅に増加します。その見返りに、彼らは会社からより多くの製品を購入し、企業はより多くの製品を顧客に販売することができます。

売掛金のデメリット

Even though accounts receivable gives multiple benefits to the business, but there are some drawbacks associated with it. The first problem of accounts receivable is it put a strain on companies cash reserve, which can reduce its growth rate. Most companies with large accounts receivable spend less on different projects.

売掛金に関連する貸倒リスクもあります。このため、会社は常に顧客にフォローアップして返金を受ける必要があります。場合によっては、売掛金をめぐって顧客との法廷闘争に巻き込まれる可能性があります。したがって、貸借対照表で売掛金が少ない方が常に良いです。

資力

  1. https://onlinelibrary.wiley.com/doi/abs/10.1111/j.1540-6261.1992.tb03982.x
  2. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0148619598000083
x
2D vs 3D