定性的研究と定量的研究の違い(表付き)

あらゆる種類の調査を実行する場合、この記事で説明および区別されているように、調査は2つの方法で実行できることがわかります。

定性的研究と定量的研究

定性的研究と定量的研究の違い つまり、定性的調査は人々からアイデアを収集し、彼らがどのように感じ、考えているかを収集するために使用され、定量的調査は論理、統計、および数学的方法を通じて変数を見つけるために使用されます。

定性的データは口頭形式であるのに対し、定量的データは数値形式であり、測定可能です。

定性的研究と定量的研究の比較表

比較のパラメータ定性的研究定量的研究
目的/目的根底にあるアイデアを探求し、後で理論や仮説を立てることを目的としています理論や仮説を探求するのではなく、テストすることを目的としています
分析分析は、要約、カテゴリ、および解釈を通じて行われます。分析は、数学的および統計的分析を通じて行われます。
出力結果はわかりやすい言葉で表現されます結果は、表、グラフ、および数値で表されます。
回答者数少数の回答者のみに依存クラフトするために多くの回答者に依存しています
質問の性質自由形式の質問を採用クローズドまたは複数選択の質問を採用
重要な用語主観性、複雑さ、コンテキスト、および理解再現性、客観性、測定、およびテスト

定性的研究とは何ですか?

定性的研究とは、自然環境の中で社会現象を調査するプロセスです。それは主に、これらの社会現象がすでに存在しているという単なる事実ではなく、これらの社会現象の背後にある理由を理解しようとしています。それは、影響を受けた人々の直接の経験を借りて、大きく依存しています。

この種の調査を通じて、数値以外のデータのみが収集されます。これらは、実際のサイズや数ではなく、物事の説明にのみ触れています。

それは主に、実際のデータではなく、記号、比喩、特性、および定義に関係しています。これらはすべて、さらなる研究の基盤を形成します。

定量的研究とは何ですか?

定量的研究は、社会科学と自然科学の両方の概念です。それは、さまざまな現象の調査に向けた体系的かつ経験的なアプローチの使用です。適切な調査は、数学的、計算的、および統計的手法を使用して行われます。全体として、より詳細でわかりやすい結果を提供することを目指しています。

定性的アプローチとは異なり、定量的方法は、データと現象の客観的測定に特に重点を置いています。

データを取得した後、調査、アンケート、投票、または計算技術を使用して現在の統計データをさらに操作することにより、同じものを分析します。ほとんどの場合、最終結果はより正確で明確です。

定性的研究と定量的研究の主な違い

重要な用語

これらの2つの形式の調査は、演習全体で使用される用語の種類に関して異なります。定性的調査では主観性、複雑さ、コンテキスト、理解などの用語を使用し、定量的調査では再現性、客観性、測定、テストを使用します。

質問の性質

データの抽出に使用される質問の種類も大幅に異なります。定性的調査の場合、質問の大部分は自由形式です。つまり、回答が何であるかについて、インタビュー対象者にほとんどヒントを与えません。

しかし、定量的研究の場合は逆です。

回答者数

範囲が浅いことを考えると、定性的調査は、十分な量のデータを生成するために少数の回答者のみに依存しています。しかし、定量的研究の範囲が非常に広いため、実行可能な結論に達するには、多くの回答者からの証言が必要です。

出力

繰り返しになりますが、これら2つの形式の調査は、最終的な結果を表現するために使用される言語の種類に関して異なります。定性的研究の成果は平易な言葉で表現できますが、定量的研究の成果は数字と数字で表現されます。

したがって、前者は後者よりも解釈が容易です。

分析

この2種類の研究から意味を理解するために、さまざまな手法が採用されています。定性的調査では、要約、カテゴリ、および解釈を使用してこれを行います。

定量的研究に関しては、分析は主に数学的および統計的分析を通じて行われます。これらの2つのアプローチは、範囲と理解力が大きく異なります。

目的/目的

全体として、これら2つの形式の研究の全体的な目的も大きく異なります。定性的研究は基本的に、根底にあるアイデアを探求し、後で理論や仮説を立てることを目的としています。

ただし、これは、理論と仮説を調査するのではなく、テストすることのみを目的とする定量的研究とは異なります。

専門知識

定性的研究は、主に特定の主題の根底にある原則を理解することを望んでいるか、または理解しようとしていることを考えると、それほど多くの専門知識を必要としません。基本的なレベルの教育を受けている人なら誰でもそれを運ぶことができます。

一方、定量的研究の複雑な性質は、着手するための深い専門知識を必要とします。

適用性

定性的研究は、特定の集団の性質と行動を理解することのみを目的としているため、主に社会科学に適用されます。しかし、定量的研究はさらに深くなります。このため、科学、技術、工学、数学の分野で応用されています。

研究方法

定性的研究プロセスの間、研究者自身と対象となる対象または集団との間には双方向のコミュニケーションがあります。そのため、あいまいさの余地はほとんどありません。しかし、定量的研究は、オブジェクトを遠くから、そしてその側に何の入力もなしに研究します。

時間への影響

先に説明したように、質的研究は少し浅いです。そのため、実装が速く、それほど時間はかかりません。しかし、このケースは定量的研究とはまったく異なります。

複雑であるため、調査結果を実施して公開するには多くの時間が必要です。

全体的な性格

定性的研究と見なされるすべての要因は、本質的に客観的です。これは、理論が事前に定式化されていないことを意味します。全体の目的は、客観的な結果を知ることです。目的は事前に決まっているので、その定量的研究の対応物は主観的です。

したがって、偏った結果をもたらす可能性が高くなります。

定性的および定量的研究に関するよくある質問(FAQ)

質的研究の4つのタイプは何ですか?

質的研究の4つの重要なタイプは次のとおりです。
現象学 –それは自然に起こる出来事の哲学的研究です。それは自然現象や人に関連する経験かもしれません。
民族誌 –それは、人間の社会的環境、文化、習慣とともに、人間の科学的研究です。
グラウンデッドセオリー –これは、関連データの体系的な収集と分析に基づいて理論を開発する方法論的なプロセスです。
ケーススタディ –これは、個人、イベント、グループ、プロジェクト、または状況の調査ベースの調査および分析です。

社会学における定性的および定量的研究とは何ですか?

社会学の定性的研究は、人間とその社会的環境および環境に関する理論的事実の研究と分析です。

それは、数値では表現できず、説明することしかできない性質や要因に基づいて実行されます。たとえば、信念、行動、人間関係の研究は、質的研究と呼ぶことができます。

プロセスには直接の検査、観察、および相互作用が必要なため、フィールド調査としても知られています。

定量的研究は、人々またはグループに関する数値データまたは定量化可能なデータの収集と調査に基づいています。測定して数値で表現できるものを扱っています。性別、慣行、職業、意見などの側面は、定量的研究で考慮される要因のいくつかの例です。

人口調査やマーケティング調査などのさまざまなタイプの調査は、定量的調査の最良の例です。

教育における質的研究の目的は何ですか?

定性的研究は、社会科学や哲学のさまざまな教義や分野の知識を向上および強化するために、教育の分野で広く使用されています。研究ベースの分析は、社会科学の動的な側面について学生を訓練する際に機関を支援します。

定性的研究は、精神医学および関連する医学分野でも広く使用されています。これは、研究者が新しく高度な治療法や治療アプローチを実験するのに役立ちます。

定性分析は、自然、人間の行動、社会的慣習に関連するさまざまな現象の研究にも役立ちます。また、科学者や研究者が動物や野生生物に関するさまざまな事実を学ぶのにも役立ちます。要するに、定性的研究の方法は、教育のさまざまな分野で重要な役割を果たしています。

結論

さて、私たちはあなたが自信を持って効率的にあなたの研究活動に取り組むために必要な洞察を持っていると今信じています。

私たちが提供した情報を活用して良い仕事をするのはあなた次第です。皆様のご多幸をお祈り申し上げます。

参考文献

  1. https://ecommons.udayton.edu/cgi/viewcontent.cgi?article=1121&context=eda_fac_pub
  2. https://nepc.colorado.edu/sites/default/files/Howe_Eisenhart_Stds_for_Qualitative_Research.pdf
  3. https://libguides.usc.edu/writingguide/quantitative
x
2D vs 3D