彫刻とセラミックの違い(表付き)

さまざまな種類の材料が製造および設計されていました。開発中の技術では、多くの企業が装飾目的でいくつかの材料を設計しています。アイドルやデザイン素材のほとんどは、現代の市民を惹きつけなければなりませんでした。 SculptureとCeramicは、人々を引き付ける2つの異なる設計プロセスです。   

彫刻vsセラミック   

The difference between Sculpture and Ceramic is that Sculpture is a plastic art that operates in three dimensions. Different idols are designed and shaped by carving. Ceramic is a non-metallic material that helps to shape different designs. セラミック materials are non-metallic minerals, corrosion-resistant materials and heat-resistant materials.   

彫刻は、2次元または3次元で動作する造形芸術です。いくつかの設計された概念は形を取り、彫刻を形作ります。彫刻は、3次元で管理する視覚芸術のフォークです。彫刻のプロセスは通常、石、金属、セラミック、木材で行われます。彫刻のプロセスは、彫刻とモデリングによって使用されていました。石は、別の構造としてモデル化および成形できます。モダニズム以来、彫刻のプロセスには完全な素材の自由がありました。いくつかの種類の石が彫刻を作るために使用されていました。 

Ceramic is a non-metallic material that had shaped into different materials. Ceramics are hard, brittle, corrosion-resistant materials modelled by shaping and firing the non-metallic minerals. Ceramic materials had formed at high temperatures by using non-metallic mineral-like clay. Ceramic is an inorganic material that consists of crystalline oxide, nitride or carbide and elements like carbon or silicon. Examples of Ceramic materials are 磁器, earthenware, brick, tiles, glass, cement. Ceramics are hard and chemically non-reactive materials that had densified with heat. Ceramics are longer than 陶器 材料。   

彫刻とセラミックの比較表   

比較のパラメータ    彫刻 セラミック    
意味    彫刻は、2〜3次元で管理する視覚芸術のフォークです。    セラミックは、非金属鉱物を成形してから焼成することによってモデル化された、固体で耐食性のある材料です。 
種類             石の彫刻、木彫り、青銅の鋳造、粘土の焼成は、彫刻を形成する4つの基本的な種類です。 陶磁器、磁器、陶器、ボーンチャイナの4つの基本的な種類の陶器です。    
特徴          彫刻は主に石で作られた素材であり、簡単には壊れません。    セラミックはレンガの大きな細孔で構成されており、壊れやすいです。       
要素             質量と空間は、彫刻をデザインするための主要な要素です。    セラミックには通常、金属元素と炭素、酸素、窒素、または硫黄の組み合わせが含まれています。    
例       ヴィレンドルフのヴィーナス、ラクーンとその息子たち、ネフェルティティの胸像など多くの例があります。    粘土、レンガ、タイル、ガラス、セメントがその例です。       

彫刻とは何ですか?   

彫刻は、2〜3次元で管理する視覚芸術のフォークです。石、金属、木、陶器のようないくつかの材料が彫刻のプロセスに使用されていました。彫刻のプロセスは、彫刻とモデリングによって使用されていました。石は、別の構造としてモデル化および成形できます。モダニズム以来、彫刻のプロセスには完全な素材の自由がありました。彫刻は、彫刻、鋳造、成形技術によって表されます。

アーティストは、2〜3次元の彫刻が形作った硬いまたはプラスチックの素材で彫刻を形成します。彫刻は主に壊れにくい種類の石で作られていました。質量と空間は、物質が質量で構成され、3次元空間に存在する彫刻プロセスの主要な要素です。   

石の彫刻、木彫り、青銅の鋳造、粘土の焼成は、彫刻のプロセスで使用される4つの主要な方法です。彫刻は、トレーニング用のさまざまなアプリで構成されています。シネマ 4D、Modo、3D Cat、Blender、Mudbox、ZBrushは、3D彫刻アーティストに使用される上位7つのアプリです。

古典派時代、ギリシャは彫刻の傑作を制作していました。彫刻は西洋の伝統に端を発しています。バービー、女神、有名人のような偶像は彫刻の例です。中世では、キリスト教徒は苦悩と情熱を表すためにゴシック彫刻を選びます。彫刻の例は、   

  1. ヴィレンドルフのヴィーナス   
  2. ラクーンと彼の息子   
  3. ネフェルティティの胸像   
  4. ローマ彫刻   

一言で言えば、彫刻は彫刻によって彫像を作る芸術です。彫刻は芸術家による有名な彫像の形です。

セラミックとは?

セラミックは、非金属鉱物を成形および焼成することによってモデル化された、硬く、もろく、耐食性のある材料です。セラミックは、結晶性の酸化物、窒化物、炭化物、および炭素やシリコンなどの元素で構成される無機材料です。セラミックは高温でモデル化されていました。粘土やレンガなどの非金属鉱物は、高温でセラミックを成形するために使用されていました。セラミックは、熱で緻密化した硬くて化学的に非反応性の材料です。

陶磁器は陶器よりも長いです。それらは、セラミックが細孔で容易に破壊される大きな細孔で構成されています。陶器は陶器とは異なります。セラミックには通常、金属元素と酸素、窒素、炭素、または硫黄の組み合わせが含まれています。    

陶器、磁器、陶器、ボーンチャイナは、陶磁器のモデリングに使用される基本的な種類です。セラミックは、金属やポリマーと比較して非常に高い融点温度で構成されています。セラミックの融点は摂氏2000度で、セラミックは高温でモデル化されていました。

セラミックの子材料クラスはガラスと酸化アルミニウムです。高い融点、硬度、強度、長持ちする耐久性、消費電力の低減、非反応性はセラミック特性として知られています。セラミックは、装飾的で防水性のある塗料のような物質で保管されていました。セラミックの例は、   

  1. タイル   
  2. 屋根   
  3. バスルーム   
  4. 台所用品   
  5. 人工骨と歯   
  6. 電子デバイス。   

個人は日常生活の中でセラミック材料を見つけることができます。陶磁器はパーティーでのプレゼンテーションにも使用されていました。   

彫刻とセラミックの主な違い   

  1. 彫刻は視覚芸術のフォークであり、セラミックは非金属鉱物によって形作られ、焼成された固体で脆い材料です。   
  2. 石の彫刻、木彫りは、彫刻のプロセスに使用される2つの基本的な方法です。一方、陶磁器は、陶磁器を形作るために使用された主な基本的な方法です。  
  3. 質量と空間は彫刻を設計するために使用される主要な要素であり、要素と炭素、酸素の化合物はセラミックを形作るのを助ける要素です。   
  4. 彫刻は簡単に壊れません。セラミックの中には大きな細孔で簡単に壊れるものがあります。   
  5. ヴィレンドルフのヴィーナスとローマ彫刻は彫刻の例です。逆に、タイル、電子機器、台所用品はセラミックの例です。  

結論   

彫刻は、2〜3次元で管理する視覚芸術のフォークです。石、金属、木、陶器のようないくつかの材料が彫刻のプロセスに使用されていました。彫刻のプロセスは、彫刻とモデリングによって使用されていました。   

セラミックは、非金属鉱物を成形および焼成することによってモデル化された、硬く、もろく、耐食性のある材料です。セラミックは、結晶性の酸化物、窒化物、炭化物、および炭素やシリコンなどの元素で構成される無機材料です。セラミックは高温でモデル化されていました。

参考文献 

  1. https://www.ingentaconnect.com/contentone/plg/cultura/2019/00000016/00000001/art00005
x
2D vs 3D