格言とことわざの違い(表付き)

英語は、イディオム、フレーズ、格言、ことわざなど、12を超えるさまざまな用語が含まれる多目的な言語です。一般的に、これらは「私たちの先祖からの知恵、アドバイス、インスピレーション、メッセージを伝えるために一緒に使用される一連の言葉」です。スピーチやライティングで使用すると、言語スキルが向上し、高品質で教育を受けたように見えます。また、伝えたいメッセージはリスナーに強い影響を与えます。

格言vsことわざ

格言とことわざの違いは、一般的に文の長さ、起源であり、使用法にも依存します。それらの違いにもかかわらず、それらにはいくつかの類似点があります。それらは両方とも伝統的であり、非常に長い間使用されており、特に正式なスピーチや作曲の際に、多くの場所で頻繁に使用されています。

格言はことわざに似ていますが、同時に、いくつかの点で異なります。それは世界中の多くの人々に広く受け入れられており、一般的な真実と考えられています。ことわざとは異なり、それはとても古く、事実は非常に古く、哲学的にも多くの方向性を持っています。それらは主に、私たち全員が関係することができる人生の経験と教訓を伝えます。

ことわざは、ほぼ普遍的に関連するアドバイスやメッセージを伝える言葉のセットです。これらは世代から世代へと受け継がれ、慣習的です。彼らは真実、アドバイス、感動的なメッセージ、そして人生の教訓を表現しています。それらは直接的な意味を伝えず、通常は比喩的であり、完全に形式的です。彼らは「民間伝承」というジャンルに分類されます。

格言とことわざの比較表

比較のパラメータ
格言ことわざ
定義 それは知恵を授け、強制する小さな文です。 格言より少し長く、インスピレーションとアドバイスを伝えます。
長さ短く、正確で、簡潔です。      それはより長く、1文以上で構成されています。
使用法広く受け入れられているため、多くの聴衆に使用されています。 使用するオーディエンスは少なく、地域ごとにわずかに異なります。 
格言は哲学的であり、世代から世代へと受け継がれて育ちました。   ことわざは、聖書、聖典、演劇、物語、文学、歌、映画などのさまざまな情報源から、そして偉大な思想家の言葉から生まれました。
聖書の役割 聖書は大きな役割を果たしていません。 ことわざのほとんどは聖書から育てられました。

アダージュとは何ですか?

格言は通常長さが短く、記憶に残ることわざです。それは普遍的に合意され、受け入れられ、説教されています。これは、多くの人に関係があり、さまざまな人種、出身のすべての人に適用できる一般的な生活の教訓について話すため、ことわざよりも広く使用されています。格言を通して伝えられる知恵、アドバイス、そして教訓は、非常に慣習的で伝統的なものです。

 それは時代を超越し、これはその独特の品質です。また、将来がどうなるか、差し迫った危険から身を守るためにどのように予防策を講じるべきかについて人々に警告し、人々の心の自信と希望を高めます。

彼らが伝えるメッセージは強力で強力であり、より大きな影響力を持っています。誰かがメッセージを強力に強制したいときに便利です。それは時代を超越し、宗教にあまり基づいていないので、それはまた、より多くの全会一致の聴衆に最も適しています。

それらは頻繁に繰り返され、より頻繁に使用されます。それらはより一般的に使用され、人気があるために人々の間で人気があります。彼らは社会から賞賛され、コンセンサスも得ています。あなたのスピーチや文章に格言を含めることはとても賢い動きです。

ことわざとは何ですか?

ことわざは多くの言語で利用でき、貴重なアドバイスや人生の教訓がさまざまな地域や人種のすべての人々に確実に届くように、多くの場合、ことわざはさまざまな言語に翻訳されています。聖書は、これらの貴重な短い文章で多くの人々に説教し、手を差し伸べるのに大きな役割を果たしてきました。

人種や地域に関係なく、すべての文化には独自のことわざがあります。聖書はことわざの主要な情報源ですが、まだ多くのことわざの情報源があります。多くの啓発され、称賛された先見者や指導者が私たちにことわざを提供してくれました。

詩と文学は他の主要な情報源です。これに加えて、歌、映画、ドラマなどがことわざの誕生につながる必要があります。物語、彼らの道徳、そしてスキット、ドラマ、文学からの有名な対話も人々の心の場所を征服しました、そしてこれらの種類の起源からの多くはことわざと見なされます。

最も古いことわざ、または最初のことわざは、紀元前1800年頃にさかのぼります。ことわざは、危機や緊急時に人々の心に長期的で強い影響を与えるのに非常に役立ちます。ただし、若い学生が何を実現しているのかを理解するには時間がかかる場合があります。

格言とことわざの主な違い

  1. 格言はことわざよりも古く、物語が長いのに対し、ことわざは最近のものです。
  2. 格言は短く、ことわざは長くなります。
  3. 格言はより多くの聴衆によって使用されますが、より小さな聴衆はことわざを使用します。
  4. 格言はより頻繁に使用されますが、ことわざは比較的頻繁に使用されません。
  5. 多くの格言は聖書から派生していませんが、多くのことわざは聖書から取られています。

結論

ことわざと格言は日常の使い方に多少の違いはありますが、入れ替わることが多く、ほとんど似ているのであまり気になりません。しかし、格言はことわざと比較すると、より上品な例です。

彼らは人々の心の中で特別な場所を占めており、短いので長い間覚えている傾向がありますが、ほとんどの人が自分の人生に親しみを感じるという強い意味を伝えます。

それは良い価値観、習慣、インスピレーション、モチベーションを伝え、想像以上に強力です。時にはそれらは私たちが続けるのを助けるために時々必要なアドバイスの一部でもあります。

参考文献

  1. https://cdn.journals.lww.com/plasreconsurg/Fulltext/2006/07000/_See_One,_Do_One,_Teach_One___An_Old_Adage_with_a.45.aspx
  2. https://www.jstor.org/stable/973030
x
2D vs 3D