男らしさと女らしさの違い(表付き)

人間のタイプの作成は出生によって決定されますが、その役割と性格特性は多くの要因に依存します。性別の影響を受けるものもあれば、生物学的に影響を受けるものもあり、信念、文化、社会の名の下に、社会によって規則や規範として設定されているものもあります。

男らしさvs女らしさ

男らしさと女らしさの違いは、社会が従う信念と傾向にあります。男らしさを男性の力と結びつけ、社会に優れていると感じる人もいます。平等をもたらすために、女性らしさの概念は、平等の信念と彼らにとってより良い状況で見え始めています。 

男らしさは、特性、性格行動、信念の組み合わせであり、社会の男性の性別に特に割り当てられたいくつかの役割は男らしさとして知られています。これらのすべての信念は主に社会的に開発されており、他の信念は遺伝子によって開発され、研究によって証明された生物学的影響を受けています。 

女性らしさは、特性、性格行動、信念の組み合わせであり、社会の女性の性別に特に割り当てられたいくつかの役割は、女性らしさとして知られています。これらのすべての信念は主に社会的に開発されており、他の信念は遺伝子によって開発され、研究によって証明された生物学的影響を受けています。

男らしさと女らしさの比較表

比較のパラメータ男らしさ女性らしさ
社会規範社会的規範において男らしさを示す特徴には、高い自我が含まれ、お金や物事を重要視し、生きるために働きます。女性らしさの特徴は主に関係志向であり、人々の生活に質をもたらし、生活のために働きます。
政治経済学 特性は経済成長に非常に動機付けられており、男らしさの力としての紛争の解決を知っています。女性らしさのためには、環境保護が必須であり、紛争の解決策に沿った選択は交渉によって行われます。
宗教ほとんどの男性は司祭になるために調整することができます、そして彼らにとって、宗教は最優先事項です。宗教は女性にとって優先事項ではなく、男性と女性の両方が司祭になることができると彼らは信じています。
作業賃金とプレゼンスの比率にも大きなギャップがあります。男らしさは高い位置で好まれます。女性らしさは賃金が低く、男性に比べて労働部門での比率も低い。  
家族と学校男の子は泣かない、男の子は戦う、そして失敗は彼らにとって災いであるという教えがいくつかあります。教えは女の子と男の子の両方が泣くことができ、戦うことはできず、失敗することは彼らにとって大きな災害ではありません。

男らしさとは? 

男らしさは、特性、性格行動、信念の組み合わせであり、社会の男性の性別に特に割り当てられたいくつかの役割は男らしさとして知られています。これらのすべての信念は主に社会的に開発されており、他の信念は遺伝子によって開発され、研究によって証明された生物学的影響を受けています。社会的規範において男らしさを示す特徴には、高い自我が含まれ、お金や物事を重要視し、生きるために働きます。政治的および経済的特徴は、経済成長に非常に動機付けられており、男らしさの力としての紛争の解決を知っています。ほとんどの男性は司祭になるために調整することができます、そして彼らにとって、宗教は最優先事項です。

賃金とプレゼンスの比率にも大きなギャップがあります。男らしさは、仕事の分野で高い位置に好まれます。家族や学校には、男の子が泣かず、男の子が戦い、失敗することは彼らにとって災いであるため、男性性と女性性の両方を異なるものにするいくつかの教えがあります。男らしさの考えは長い間来ており、社会の女性との不公平なことにつながります。彼らは女性らしさに比べて優れていると信じており、時には彼らにとっても悪い決断をしました。

女性らしさとは何ですか? 

女性らしさは、特性、性格行動、信念の組み合わせであり、社会の女性の性別に特に割り当てられたいくつかの役割は、女性らしさとして知られています。これらのすべての信念は主に社会的に開発されており、他の信念は遺伝子によって開発され、研究によって証明された生物学的影響を受けています。女性らしさの特徴とアイデンティティは、主に関係指向であり、人々の生活に質をもたらし、生活のために働きます。女性らしさのためには、環境の保護と配慮が必須であり、紛争の解決策とともに、交渉によって望ましい選択がなされます。宗教は女性にとって優先事項ではなく、男性と女性の両方が司祭になることができると彼らは信じています。

女性らしさは賃金が低く、男性に比べて労働部門での比率も低い。女らしさの教えは、女の子と男の子の両方が泣いて戦うことができないので異なり、失敗することは彼らにとって大きな災害ではありません。彼らは性差別の名の下に少し標的にされ、不当に扱われます。その差別の段階から立ち上がるために、フェミニズムの宣伝が始まった。男性と同じように尊敬に値するという考えは、ほとんどの人に届いています。

男らしさと女らしさの主な違い 

  1. 社会的規範で男らしさを示す特徴には、高い自我が含まれ、お金や物事を重要視し、生きるために働きますが、女性らしさの特徴とアイデンティティは主に関係指向であり、人々の生活に質をもたらし、生活。 
  2. 政治的および経済的特性は経済成長に非常に動機付けられており、男性性の力として紛争の解決策を知っていますが、女性性の場合、環境の保護とケアは必須であり、紛争の解決策は交渉によって行われます。 。 
  3. ほとんどの男性は司祭になるように調整することができ、彼らにとって宗教は最優先事項ですが、女性にとっては宗教は優先事項ではなく、男性と女性の両方が司祭になることができると彼らは信じています。 
  4. 男らしさと女らしさの両方を違うものにするいくつかの教えがあります。男の子は泣かない、男の子は戦う、失敗することは彼らにとって災いですが、女性らしさの教えは女の子と男の子の両方が泣くことができ、戦うことができず、失敗することはありません彼らにとって大きな災害。 
  5. 賃金とプレゼンスの比率にも大きなギャップがあります。男らしさは労働部門の高い地位で好まれますが、女性らしさは賃金が低く、男性と比較して労働部門での比率も低くなります。 

結論  

男らしさと女らしさはどちらも、人々が自分の選択に従って従う信念と傾向です。あなたが目を閉じて考えずにそれを実行するまで、信念は間違っていません。他の生き物に害を及ぼすことは良い選択ではあり得ないので、他の生き物に害を及ぼすいかなる信念も正しいことはできません。この人物が将来の成長のためにもプロトコルに従い、維持する必要があることを考慮すると、今日の社会の問題であるすべての対立が解決されることを願っています。新しい世代はこれらとは異なり、今日の世代の人々を怒らせるかもしれませんが、誰もが信じるものに対する彼らの選択であることを覚えておく必要があります。  

参考文献

  1. https://books.google.com/books?hl=en&lr=&id=LyMo1RUJwj0C&oi=fnd&pg=PA105&dq=masculinity+and+femininity&ots=ipK629P8lC&sig=irQugLjMY2_m3-LEV9yj5jv-pLw
  2. https://link.springer.com/content/pdf/10.1007/BF01544286.pdf
x
2D vs 3D