監査計画とは何ですか? |定義、準備、長所と短所

監査の実施は非常に退屈な仕事です。これはいくつかのステップで構成されており、その中で監査計画の作成が最初のステップを構成します。簡単に言えば、監査を実施する際に監査人が採用するアプローチと戦略で構成されるスキームとして定義されます。

監査を実施するには、監査人は自分の意見を補足するための関連する証拠を持っている必要があります。これらの証拠を収集することで、監査を実施するための準備が整います。そのために、監査人は彼の行動方針の適切な概要を準備する必要があります。監査計画は、この作業スケッチを作成するためのツールの1つとして機能します。

監査計画はどのように作成されますか?

監査計画は、単なる戦略のまとめではありません。それだけではありません。さらに、ガイドラインと戦略、監査計画は、関連する証拠を取得するためにエンゲージメントチームメンバーによって管理される監査の性質、範囲、日時で構成されます。さらに、監査に伴うリスクの評価も含まれています。

適切な監査計画を作成するには、次の5つの要素を考慮する必要があります。

1.監査領域について徹底的な調査を行います。

監査を開始するには、監査人は最初にその領域を知り、理解する必要があります。彼は監査するつもりです。つまり、彼は、監査しようとしている企業のプロセスと機能に精通している必要があります。したがって、彼は情報を得るためにインターネットをスクロールし、内部手順を検討し、現場の専門家に相談することによって徹底的な調査を行う必要があります。

2.計画プロセス全体を通じてコミュニケーションチャネルを開いたままにする.

監査は、被監査者にとって困難なプロセスと見なされます。したがって、監査人は、監査に関する懸念を軽減するために、コミュニケーションチャネルを開いたままにしておく必要があります。監査を開始する前に被監査者に精通することが常に望ましいです。これは、監査対象の組織の担当者の協力を得るのに役立ちます。その結果、証拠収集はより簡単な作業になります。

3.証拠収集のために被監査者と直接面接および検査を実施する.

証拠収集に関しては、対面での検査が常に望ましい。関係する組織を個人的に調査することは、監査人が組織の目的、規則、規制、規模、性質、複雑さなどに関連する情報を収集するのに役立ちます。

4.組織の構造、プロセス、または機能におけるリスクを評価します。

リスクの特定と評価は、監査プロセスの重要な要素です。そのために、監査人は、被監査者と、その目的を達成するために組織がしばしば遭遇するリスクと、それらを軽減するために採用されたメカニズムについて話し合う必要があります。これに続いて、監査人は危険をその影響と頻度に従って評価し、リスク軽減の可能性に基づいて制御システムを評価することができます。

5.フィールドワークに取り組む前に、関連するすべてのデータを取得します。

データ分析は、現代の監査の主な焦点です。その理由は、収集されたデータを早期に評価することで、フィールドワークを開始する前に、組織の潜在的な弱点とリスクについて事前に知ることができるためです。

監査計画の利点

以下は、監査計画の重要な利点の一部です。

  1. これにより、監査人は、特に焦点を当てる必要のあるリスク領域の大まかなアイデアを得ることができます。
  2. 監査人は、監査計画を通じて、監査プロセス中に直面する可能性のある問題を予測できます。
  3. これは、監査人が支援プロセスのための行動方針を明確にするのに役立ちます。その結果、手間のかからない成功した監査が実施されます。
  4. これは、監査対象者に、監査に関するすべての懸念を軽減する機会を提供します。

監査計画のデメリット

さまざまな利点があるにもかかわらず、監査計画の作成には制限があります。監査計画の重要なデメリットには、次のものがあります。

  1. 特定のガイドラインとパターンに従います。その結果、監査人の創造性が阻害され、プロセス全体が機械的になりすぎます。
  2. 監査計画の作成は、監査プロセス全体を自動化し、監査人が独自の創造性と革新性を使用する余地をほとんど残しません。その結果、監査人は責任感と義務感の緩みに直面します。

参考文献

  1. https://www.jstage.jst.go.jp/article/tjar/4/2014/4_4.2014.01/_article/-char/ja/
  2. https://meridian.allenpress.com/jeta/article-abstract/17/1/89/437690
x
2D vs 3D