私的配置と優先的割り当ての違い(テーブルあり)

私募と優先割当は、並置される最も多くの用語の2つです。これらの2つは通常、会社が新規株式公開(IPO)によって公募せずに資金を調達しようとするときに発生します。

私募には、適格な制度的配置と優先的割り当ての2種類があります。優先的割り当ては、会社の好みに基づいて人が人から証券を受け取るときに発生します。

適格な制度的配置は、市場規制当局に法的書類を提出することなく資本を調達するために使用される方法です。優先割当は、株式の新たな発行を通じて、選択された投資家グループに優先基準に基づいて会社の有価証券を提供します。

私募vs優先割当

私募と優先割当の違い 私募とは、一般の人々ではなく、個人投資家に会社の株式を売却することです。優先割当とは、会社が設定した基準に基づいて、選ばれた人に株式を発行するプロセスです。

どちらも、会社が資金を調達するためにIPOルートに行くのを避けるのに役立ちます。

私募と優先割当の比較表

比較のパラメータ私募優先割り当て
意味特定の投資家の特定のグループへの会社による証券の提供個人への株式およびその他の会社の有価証券の発行は、主に優先ベースに基づいています。
最小サブスクリプション料金最低サブスクリプション料金があります最低サブスクリプション料金はありません
記事の承認AOAに承認がありません-承認条項AOAでの承認が必要
銀行口座が必要です申請金を保管するための別の銀行口座の維持別の銀行口座を維持する必要はありません
評価レポートが必要評価レポートが必要評価レポートは必要ありません
割当期間申込金支払日から60日の割当期間があります。特別決議の可決日から12ヶ月の期間があります。

上場企業は、特別決議が可決されてから15日間の期間があります。
内定通知私募オファーレターが利用可能である必要がありますそのようなドキュメントはありません
準拠法2013年会社法第42条に準拠これは、2013年会社法、セクション62(1)cに準拠します。
関係する文書文書はPAS4の形式でなければなりませんそのような要件はありません
必要な書類PAS 3、PAS 4、およびPAS5が必要ですPAS3のみが必要です
対価の支払い支払いは小切手によるもので、他の承認された銀行チャネルによる送金小切手現金での支払い、または現金以外の対価を発行することができます

私募とは何ですか?

これは、資金調達を目的とした、特定の投資家グループへの企業による証券の提供です。これは主に、時間とコストがかかるIPOプロセスを回避するために使用されます。これにより、有価証券を個人的に売却することができます。

会計年度では、私募は最大200人以下で構成できます。これには、資格のある機関のプレーヤーやESOPを介して会社の従業員に提供されるセキュリティは含まれません。

私募株式の発行が所定の200名を超える場合は公募となり、それに応じて会社を規制することになります。

有価証券の割当は、領収書の発行日から60日以内に投資家に行われるか、そうでない場合は15日の返金が投資家に行われる必要があります。

15日で投資家のお金を返済するデフォルトの会社は、60日目から12%の利子で全額を返済する責任があります。私募には2種類あり、適格な制度的配置と優先的割り当てが含まれます。

優先割当とは何ですか?

これは、優先的に選択された人に株式を譲渡すること、または株式または会社の有価証券を発行することです。 優先的な割り当てを行うには、規制を遵守する必要があります。

  1. 会社の定款は承認されなければなりません。
  2. 特別決議は、それが行われるために中央政府によって承認されることになっています。
  3. 証券の発行時に全額を支払う必要があります

これは、証券の公的発行に伴うコストの節約に役立ちます。また、株式の一括発行を通じて企業が資本を調達するためのより迅速な方法でもあります。

それは、会社を悪い状況から脱却させるために、資本の注入によって問題を抱えている会社を助ける方法として使用されるかもしれません。

主な違い 私募と優先割当

  1. 私募とは、特定の投資家に有価証券を発行して有価証券を提供し、資金を調達する一方で、現金を調達する目的で上場企業の人々のグループに株式を発行することを優先的に割り当てることです。
  2. 申請金は、小切手、下書き、その他の銀行フォームで受け取ることができますが、現金では受け取りません。優先的に割り当てられている場合は、現金または現物で受け取ることができます。
  3. 私募は会社の認可条項によって承認されなければなりませんが、優先的に割り当てられる場合、そのような認可条項は必要ありません。
  4. 私募は2013年会社法第42条に準拠し、優先割当は2013年会社法第62条(1)に準拠します。
  5. 私募に必要な書類には、PAS 3-割当証券の返還フォーム、PAS 4-私募オファーレター、PAS 5-会社が維持する私募の完全な記録が含まれますが、会社は優先割当のみに署名するものとします。 PAS3-割り当てフォームの返却。
  6. 優先割当には評価レポートが必要ですが、私募では必要な評価レポートはありません
  7. 割当は、受領申請金から60日以内、優先割当の場合は、特別決議の成立日から12ヶ月以内としますが、上場会社の場合は15日以内に行います。特別決議の通過日数。

私募および優先割当に関するよくある質問(FAQ)

私募には評価報告書が必要ですか?

私募とは、会社が特定の条件とともに株式を発行することにより、セキュリティに加入するために人々のグループを提供または招待する場合を意味します。私募には文書化作業が必要であり、評価レポートはその文書化の一部です。

評価レポートは、公認会計士または割り当て日にSEBIに登録されているマーチャントバンカーが作成する必要があります。

私募債務またはエクイティですか?

私募は、債務または株式のいずれか、あるいはその両方である可能性があります。民間の負債/資本源は、企業の内部資金と銀行の負債が企業の成長に十分でない場合に、企業に財政的支援を提供します。

資金不足は企業の成長を妨げる可能性があるため、特に中小企業や新興企業において、そのような事業には私募が必要です。

公開会社は私募に行くことができますか?

私募は、会社の事業資本を調達するために株式を発行する方法です。公開会社は私募に行くことができます。公開会社では、証券所有者は短期的な損失に直面する可能性がありますが、長期的な利益を得る可能性もあります。

公開会社が適切に資本を投資すれば、それは会社に利益をもたらし、会社の評価を高め、ひいては株主に利益をもたらすでしょう。

優先株の価値は上がりますか?

はい、優先株は金利が下がると価値が上がりますが、金利が上がると値も下がります。優先株は株主に一定の配当を与えます。配当は、株式の額面価格に完全に依存しています。

配当金が支払われる場合、優先株主は普通株主よりも先に支払われます。ただし、優先株主は他の株主のように議決権を享受していません。

なぜ企業は優先株を発行するのですか?

優先株式は、事業資本を調達するために企業によって発行されます。優先株は、発行会社が資本を調達する際に役立ちます。

優先株主はまた、他の株主よりも先に配当を受け取るような権利を享受します。清算時に、優先株主は会社の資産についても請求することができます。

結論

私募と優先割当の両方において、株主はオファーレターを放棄、受諾、または拒否する権利を有します。企業は一般に広告を出すのではなく、私的なプロセスです。彼らは両方とも、彼らが通過するために会社で必要とされる事前の特別決議を持っている必要があります。

私募と優先割当の両方は、主にIPOが通常高価であるという理由で、会社がIPOを選択したくない場合に使用されます。

しかし、優先的な割り当てと私募は、その株式に慣れていない可能性があり、会社の証券は、適切な公正な価格を支払うことなく、人々や企業が保有することができます

参考文献

  1. https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=2795658
  2. https://journals.sagepub.com/doi/abs/10.1177/0256090915590332
  3. https://rbidocs.rbi.org.in/rdocs/content/pdfs/194NT070618_A2.pdf
x
2D vs 3D