脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔の違い(表付き)

脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔はどちらも、患者の痛みを和らげるためにさまざまな手術に使用される麻痺薬です。それらは同じ仕事をしていますが、いくつかの違いもあります。それらの効果と使用法は異なります。

脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔

脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔の違いは、それらが異なる場所で与えられるということです。硬膜外麻酔は体の硬膜外腔に埋め込まれ、脊髄くも膜下麻酔は脊髄の硬膜嚢に直接行われます。脊髄くも膜下麻酔は即座に緩和します。

硬膜嚢の体液に直接スパイラル麻酔をかけ、すぐに効き、痛みを麻痺させます。一度に1回だけ投与され、効果は1〜2時間持続します。出産は2時間以上続く可能性があるため、通常は陣痛には選択されません。

硬膜外麻酔は、痛みを和らげるために使用されるもう1つの麻痺薬です。この麻酔は、その作用を開始するのに少し時間がかかりますが、それは長い間普及し、働き続けます。硬膜外麻酔で与えられたように働くのに時間がかかり、それが働き始める嚢に到達するのに少し時間がかかります。

脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔の比較表

比較のパラメータ脊髄 麻酔硬膜外麻酔
定義 脊髄の硬膜嚢に投与される麻痺薬です。硬膜外に投与される麻痺薬です。
与えられた面積それは脊髄の硬膜嚢に直接与えられます。それは嚢の外側に与えられます。
アクションの時間それは即座に働き始め、痛みを和らげます。作業を開始して痛みを和らげるのに10〜15分かかります。
効果効果は約2時間持続します。その効果は長く持続します。
用量これで1回のショットが与えられ、1〜2時間機能します。必要に応じて麻酔を体に流すカテーテルが付属しています。

脊髄くも膜下麻酔とは何ですか?

脊髄くも膜下麻酔は、脊髄ブロックとしても知られています。この麻酔は、硬膜嚢に一度だけ与えられます。これはすぐに痛みを和らげ、約2時間続きます。脊髄と嚢にある神経は一種の液体で満たされています。この液体は脳脊髄液と呼ばれます。この嚢の周りの空間は硬膜外腔と呼ばれます。

脊髄くも膜下麻酔注射は、嚢の液体に直接挿入され、その結果、すぐに機能します。それは液体に直接与えられるので、より少ない量の投与量を与えることができます。しかし、それはシングルショットとして与えられ、それがそれが長い間機能しない理由です。長時間の手術の場合、これは理想的な麻酔ではありません。

脊髄くも膜下麻酔がすぐに感じられると、この患者が足を伸ばして麻酔が効き始めるため、うずきと温かさが感じられます。やがて下半身はしびれ重くなります。効果、患者の呼吸、血圧、心拍数は常に監視されます。

硬膜外麻酔とは何ですか?

硬膜外麻酔では、針を体の腰部に挿入し、硬膜外腔に簡単に届くようにします。この注射は、嚢または硬膜外腔の外側の空間に行われます。硬膜外領域に到達するまでに時間がかかるため、行動を起こすには時間がかかります。通常、約10分かかり、10〜15分で行動を開始し、痛みを和らげて快適さを与えます。

このプロセスが完了すると、カテーテルは針の助けを借りて通され、針が取り外されると、カテーテルは体の後ろにテープで留められ、所定の位置に保持されます。そのカテーテルには、必要に応じて継続的または定期的に体に流れる麻酔が含まれています。この麻酔は、継続的な麻酔の流れがあるため、長期間機能します。

この麻酔は、足を完全に麻痺させることなく良好な痛みの緩和を提供するため、出産に理想的であると見なされています。このようにして、患者は足を動かして赤ちゃんを押すことができます。

脊髄くも膜下麻酔と硬膜外麻酔の主な違い

  1. 脊髄くも膜下麻酔は、脊髄の硬膜嚢の液体に直接投与される麻痺薬です。しかし、硬膜外麻酔は、嚢の外側に投与される麻痺薬です。
  2. 脊髄くも膜下麻酔は、痛みを和らげ、制限するのに非常に速く、与えられるとすぐに効果を発揮し始めますが、硬膜外麻酔は、働き始めて痛みを和らげるのに10〜15分かかります。
  3. 脊髄くも膜下麻酔は脊髄の硬膜嚢の液体で行われるのに対し、硬膜外麻酔は嚢の外側で行われます。
  4. 脊髄くも膜下麻酔の効果は約2時間持続しますが、硬膜外麻酔の効果は長く持続します。
  5. 脊髄くも膜下麻酔のシングルショットは一度に与えられますが、硬膜外麻酔は付属のカテーテルで与えられ、そこから麻酔の用量が体に流れ続けます。

結論

両方の麻酔は同じ効果があり、どちらも体の広い領域を効果的に麻痺させます。しかし、それらの効果の時間と持続時間は互いに異なります。手術の必要性に応じて、2つから1つが選択されます。主に硬膜外麻酔は、効果が長続きするため、出産に選択されます。しかし、脊髄くも膜下麻酔は注射が行われるとすぐに機能し始めます。

場合によっては、脊椎硬膜外の組み合わせが与えられ、このようにして各麻酔の利点が利用されます。この場合、硬膜外カテーテルは脊椎注射後に挿入されます。ここでは、脊髄くも膜下麻酔は即座に緩和し、硬膜外麻酔によって維持されます。

参考文献

  1. https://www.cochranelibrary.com/cdsr/doi/10.1002/14651858.CD003765.pub2/abstract
  2. https://bjanaesthesia.org/article/S0007-0912(17)36768-5/fulltext
x
2D vs 3D