口頭によるコミュニケーションと非口頭によるコミュニケーションの違い(表あり)

コミュニケーションとは、2人以上の人の間でアイデア、感情、情報、考えを伝えたり交換したりするプロセスです。人々の間で有意義な相互作用が起こると、効果的なコミュニケーションが行われます。

簡単に言えば、人々が言葉や文章、または身体的行動の意味を認識して理解する方法、そしてコミュニケーションのプロセスが起こります。

コミュニケーションは人間の生活のあらゆるレベルで非常に重要であり、それなしでは、個人的および専門的を含むこの社会環境で生き残ることはできません。コミュニケーションの主な目的は、情報を受信者に正しく渡すことです。これにより、考えが明確になり、誤解がなくなります。そうしないと、コミュニケーションの概念全体が損なわれる可能性があります。

しかし、コミュニケーションには個別の形式またはタイプがあり、主なものは言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションであり、多くの人には明確ではありません。

言語コミュニケーションと非言語コミュニケーション

口頭でのコミュニケーションと非口頭でのコミュニケーションの違いは、口頭でのコミュニケーションでは、思考や感情、または情報がスピーチを使用して個人間で交換されることです。非言語コミュニケーションとは、顔の表情、姿勢、アイコンタクト、ジェスチャー、声のトーン、ボディランゲージなどの方法で送信される信号を指します。

人が言葉を使って会話する相互作用は、口頭でのコミュニケーションとして認識されます。非言語コミュニケーションは、人々が言葉や言語を使用せずに他の人とコミュニケーションをとる間接的な方法とも見なされます。


 

言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションの比較表(表形式)

比較のパラメータ言葉によるコミュニケーション非言語コミュニケーション
定義オーラルコミュニケーションには、感情や思考を表現したり、情報を交換したりするために、言葉やスピーチ、または聴覚言語を使用することが含まれます。非言語コミュニケーションには、顔の表情、目や体の動き、ジェスチャーなど、話すことなく視覚的または非言語的な手がかりを使用することが含まれます。
通信タイプ公式および非公式非公式
メッセージの影響文書化されているため、非常に影響力があります。それは人の実際の感情を示しているので非常に包括的です。
通信します正確な情報。必須で、場合によってはより多くの情報。
伝達電子メール、手紙、メモ、レポート、つまり、言葉が使用されている書面および口頭の形式のもの。体の姿勢、ジェスチャー、目の接触、顔の表情、つまりあらゆる形の表情を通して。
透明度ステータス明確かつ簡潔。複雑で時々混乱します。

 

口頭でのコミュニケーションとは何ですか?

言葉によるコミュニケーション、人は情報やメッセージを交換するために言葉やスピーチを使用します。それは、2人以上の人の間で口頭および書面の形式で行われます。

の例 言葉によるコミュニケーション 会議、手紙、レポート、電子メール、メモ、メモ、グループディスカッション、インタビュー、カウンセリング、対面の会話、電話、ラジオなどです。

言葉によるコミュニケーション 成功した前向きな関係を維持する上で不可欠な役割を果たします。

効果的で建設的なコミュニケーションを行うことで、常に満足のいく人々、生産性の向上、円滑な運用、エラーの減少がもたらされます。

効果的 言葉によるコミュニケーション それが専門家であろうと個人的な面であろうと、人々の間の前向きな関係を育むために必要です。

私たちは、さまざまな地域や文化や言語の多様な背景を持つ人々と一緒に仕事をし、生活しているため、すべての人が自分たちのことに一生懸命取り組むことが非常に重要になります。 言葉によるコミュニケーション 適切な情報を適切な人に適切なタイミングで渡すスキル。

上長 言葉によるコミュニケーション スキルはまた、誰かを傷つけることなく、考え、懸念、アイデアを適切に共有する個人の能力を高めます.

言葉によるコミュニケーション 表現の最速のメカニズムと見なされます。

口頭でのコミュニケーションも公式および非公式に行うことができます。正式な口頭でのコミュニケーションは、定義されたルールとガイドラインを使用して構造化された形式で行われますが、非公式のコミュニケーションは、ルールとガイドラインの構造化された形式に正確には従いません。

 

非言語コミュニケーションとは何ですか?

非言語コミュニケーション は、コミュニケーションプロセスで広く使用されている方法であり、メッセージや情報を他の人に渡すために1つの単語や言語を使用しません。

人が言葉を使って他の人と会話するのではなく、顔の表情、ジェスチャー、アイコンタクト、姿勢、ボディーランゲージ、声の調子などの視覚的な手がかりを使って感情を表現したり、メッセージを伝えたりする場合、それは 非言語コミュニケーション.

会議に出席している人が面接に出て、グループディスカッションや活動に参加すると、物理的な手段で自分自身を運ぶ人々が非言語的反応を説明します。

たとえば、面接での姿勢の悪さは、専門的ではないカジュアルな行動を表し、アイコンタクトや下向きの視線を避けることは、人が十分に自信を持っていないことを反映し、腕を組んで立ったり座ったりする人は、防御的である可能性があることを意味します。

非言語コミュニケーション スキルを学ぶことはできません。スキルは、人生や他の人々に対する個人の態度を反映しているため、個人に固有のものです。

この特定のスキルは、個人的な面だけでなく、専門的な面でも、人との関係を築いたり壊したりする可能性があります。

それは特定の規則や規制によって導かれる構造化された方法ではなく、 非言語コミュニケーション コミュニケーションプロセスに関与している人の反映です。

彼らの表現が他の人にどのように影響するかを理解する必要があるため、非常に注意する必要があります。

非言語コミュニケーション 時には口頭でのコミュニケーションで非常にうまく機能します。受信者が意味を理解しているかどうか、または正しいメッセージが受信者に渡されているかどうかを評価するのが難しい場合があります。

アーティファクト、クロネミクス、ハプティックス、ボーカリスト、プロクセミクス、キネシクスは、非言語コミュニケーションの形態です。


言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションの主な違い

コミュニケーションは、生存をサポートするための基本的な構成要素またはツールとして機能するため、人間にとって非常に重要です。人によってコミュニケーションは、口頭または非口頭で異なります。

しかし、それを認識する必要があります 言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションの違い メッセージや重要な兆候を見逃さないように。

  1. 言葉によるコミュニケーション 単語と言語の適切な使用法が含まれますが、 非言語コミュニケーション 言葉や言葉はコミュニケーションに使われず、表現がメッセージを伝えます。
  2. 言葉によるコミュニケーション、送信者と受信者の物理的な存在は必要ありませんが、 非言語コミュニケーション 人の身体的存在は不可欠です。
  3. 言葉によるコミュニケーション、メッセージは受信者によって簡単に伝えられ、理解されますが、 非言語コミュニケーション 受信者は、メッセージの一部または全体を簡単に見逃す可能性があります。

 

結論

コミュニケーションは、人々の心理を表現するために使用される手段です。効果的なコミュニケーションは、人がより良く進化するのを助け、個人的および専門的の両方で、人間関係の問題を最小限に抑えるのに役立ちます。

口頭 そして 非言語コミュニケーション 事実を薄めてメッセージを伝えたり情報を伝えたりする方法です。

両方とも、 口頭 そして 非言語コミュニケーション 言語コミュニケーションの構造化された方法を使用して特定のものを渡すことができず、非言語コミュニケーション方法を使用する必要がある場合があるため、非常に重要です。

また、時には人は口頭でのコミュニケーションの構造化された方法に自分自身を制限する必要があります。

したがって、どちらも異なるシナリオで異なる値を提供します。したがって、人は理解する必要があります 言語コミュニケーションと非言語コミュニケーションの違い よく会話する。


 

参考文献

  1. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S006526010860369X
  2. https://academic.oup.com/joc/article-abstract/52/3/522/4110025
  3. https://www.tedcloak.com/uploads/4/5/3/7/45374411/electromagnetism2.pdf
x
2D vs 3D