通常の利益とは何ですか? |定義、作業、長所と短所

通常の利益は経済指標であり、事業運営の実行可能性を反映しています。通常の利益と会計上の利益は、2つの異なる計算方法です。通常の利益を計算する前に、事業運営の明示的および暗黙的なコストを知る必要があります。

通常の利益は、事業運営から生み出された収益が明示的および暗黙的なコストの合計数と一致する場合に発生します。このため、通常の利益は経済的利益と一緒に計算されます。それが定期的に通常の利益を上げない場合、ビジネスが実行可能でないと見なされる場合。通常の利益がどのように機能するか、そしてそれに関連する長所と短所は何かを学びましょう。

それはどのように機能しますか?

通常の利益は、会計上の利益とは異なる方法で計算されます。この計算では、事業運営の明示的および暗黙的なコストが主要な役割を果たします。たとえば、トムは年間$150,000の収益を上げるコーヒーショップを所有しています。このコーヒーショップでは、彼は2人の従業員を雇用し、$25,000の給与を与え、$40,000の給与を受け取ります。コーヒーショップの場合、彼は$20,000の家賃を支払い、$30,000を事業運営に費やしています。

ある日、ファイナンシャルアドバイザーは、このビジネスを運営するための機会費用は$10,000であると彼に提案しました。この情報に基づいて、トムはビジネスの明示的なコストが$25,000 + $25,000 + $40,000 + $20,000 + $30,000 = $140,000であることを発見しました。したがって、このビジネスは$10,000の会計利益を生み出します。現在、事業運営の暗黙のコストは$10,000です。この情報に基づいて、コーヒーショップのトムが通常の利益を生み出していることは明らかです。

ファイナンシャルアドバイザーは、通常の利益を計算することにより、あらゆるビジネスの実行可能性を評価します。このため、多くのエコノミストは、あらゆるビジネスの可能性を見出していると述べています。これらの指標を使用することで、誰もがビジネスの効率性や他の機会を試すことが有益かどうかを評価できます。

通常の利益の利点

事業が通常の利益を生み出しているかどうかを知ることは、事業主が重要な決定を下すのに役立ちます。これは、ビジネスオーナーがビジネスに長期的にいくつの機会があるかを理解するのに役立ちます。これらの指標は、ビジネスを拡大するか、限られた領域に限定するかを決定するのに適しています。

別の方法では、このメトリックは、ビジネスがどれだけ効率的に運営されているかを定義します。通常の利益を注意深く監視することは、事業主が事業の非効率性を調査するのに役立ちます。この点で、通常の利益指標は、ビジネスの収益性を高めるのに役立ちます。

通常の利益のデメリット

通常の利益数は、ビジネスの成功の可能性を評価するための最良の方法の1つと見なされていますが、すべての要因を考慮しているわけではありません。ビジネスの暗黙のコストの計算は複雑になる可能性があり、複数の要因によって異なるためです。

その結果、ファイナンシャルアドバイザーはこの数値を過小評価または過大評価し、誤った結論に達する可能性があります。このため、多くの金融専門家は、ビジネスのコアコンピテンシーを測定するために通常の利益指標を考慮していません。このメトリックを使用すると、誰でもビジネスの現在の実行可能性を確認できますが、その将来を予測することはできません。

資力

  1. https://research-repository.griffith.edu.au/bitstream/handle/10072/69178/103484_1.pdf;sequence=1
  2. https://www.elgaronline.com/view/nlm-book/9781849803878/c_2341.xml
x
2D vs 3D