CVSとSVNの違い(表付き)

ソフトウェアは、価値のあるハードウェアの主要部分です。バージョン管理システムは、ソフトウェアの世界でよく使用されます。さて、制御システムの2つの主要なバージョンが今日の世界で使用されています。 CVSとSVN。どちらにも独自の長所と短所があります。ただし、若干異なります。

CVSとSVN

コンカレントバージョンシステムとApacheSubversionの違いは、CVSが無料のクライアントベースのバージョン管理システムであるのに対し、SVNは制御システムのハイエンドで高度な最新バージョンであるということです。また、CVSのリリース日は1990年ですが、SVNのリリース日は2000年です。

複雑なエンタープライズアプリケーションには、CVSまたは同時バージョンシステムが必要です。 CVSの主な用途は、ファイルに加えられた変更を保存することです。これにより、開発者は他のさまざまなバージョンの制御システムを比較できるようになります。

一方、SVNは、2000年にApacheSubversionとして除外された最新のテクノロジーソフトウェアバージョンです。これは分散バージョン管理システムです。これにより、コーダーまたは開発者はコードを変更し、ソースコード、Webサイトページ、ドキュメントなどのファイルの過去および新しいバージョンを維持できます。これは、GCC、Pascal、Apacheソフトウェアファンデーションなどのいくつかのプロジェクトで使用されています。

CVSとSVNの比較表

比較のパラメータCVSSVN
定義CVSは、ソフトウェア開発における無料の可用性、クライアント指向のバージョン管理システムです。SVNは、ソフトウェア開発における高度でハイテクな最新のテクノロジーであるApacheSubversionです。
完全形CVSは並行バージョンシステムの略です。SVNはApacheSubversionの略です。
開発チームこれはCVSチームによって開発され、1990年にリリースされました。Apacheソフトウェアファウンデーションによって開発され、2000年にリリースされました。
支持部品コンカレントバージョンシステムはアトミックコミットをサポートしていませんが、SSHをサポートしています。Apache Subversionは、アトミックコミットと、HTTPおよびHTTPSもサポートしています。
ライセンスCVSはGNUGeneral publiclicenseです。SVN usApacheライセンス2.0。

CVSとは何ですか?

すべてがほぼソフトウェアベースである技術の分野では、作業を容易にし、肩に残っている負担を軽減するソフトウェアを開発することが重要です。開発者は、要件を満たすことができる人目を引くハイエンドソフトウェアを作成するために継続的に取り組んでいます。

CVSまたはコンカレントバージョンシステムは、ソフトウェア開発の世界では無料のクライアントベースのソフトウェアです。 CVSを使用すると、多くの開発者が同じプロジェクトで同時に作業できます。これにより、時間と資本の両方を節約できます。また、チームワーカー間のコラボレーションにより、作業性と機能性が向上します。このコラボレーションの部分は、人々をチームとして一緒に働かせ、最終的には開発の水準を上げる上で大きな役割を果たします。

CVSは基本的にクライアントサーバーアーキテクチャに従っています。メインサーバーは、以前および現在のソースコードとバージョンの記録を保持します。また、クライアントがこれらのファイルにアクセスできるようにし、プロジェクトとコードのコピーを取得することもできます。ローカルエリアネットワークまたはLANを介して、クライアントとサーバーマシンを簡単に接続できます。

CVSには、ソフトウェアの更新と拡張に絶えず取り組んでいる多くのローカル開発者がいます。通常、サーバーはUNIXで動作し、クライアントはWindows、Mac、Linuxなどの操作プラットフォームで実行されます。これにより、開発者は必要な変更を加えて、ユーザーエクスペリエンスをより良く健康的にすることができます。クライアントは、UPDATEコマンドを使用してローカルコピーを更新し、新しいバージョンを時間とともに展開できます。

SVNとは何ですか?

SVNまたはApacheSubversionは、分散型のネットワークソフトウェアバージョン管理システムです。これにより、コーダーはコードに重要な変更を加えることができ、前後のソースコードファイルをそのまま維持できます。 SVNは、Apacheソフトウェアファウンデーション、FREE Pascal、GCC、SourceForgeなどの他の多くのプロジェクトで主に使用されています。SVNは、クライアントと開発者を同時に促進するApacheソフトウェアファウンデーションによって展開される類のないものの1つです。

SVNに組み込まれているさまざまな機能があります。同様に、ファイルの削除、ファイルの名前の変更、データと重要なドキュメントのコピー、移動などが可能です。 C#、Java、Python、Perl、Rubyのようなバインディング言語があります。また、Apache Subversionには、マージ追跡と呼ばれる追跡機能があります。

SVNでは、3種類のリポジトリストレージを使用できます。それらの1つはBerkeleyDBです。オリジナルのSVN開発では、この種のテクノロジーが使用されていました。さて、バークレーにはいくつかの制限があります。プログラムがデータベースにアクセスすると、データベースが終了またはクラッシュする可能性があります。 FSFSは、BerkeleyDBバックエンドよりもはるかに高速に動作する別のタイプのリポジトリストレージです。それに比べてディスク容量が少なくて済みます。

最後はFSXです。これはFSFSの新しいバージョンであり、FSFSのほぼすべての欠点をカバーしているため、主に優れた代替手段として使用されます。更新により、すべてが以前よりも簡単かつ改善されます。

CVSとSVNの主な違い

  1. CVSは無料のクライアントベースのソフトウェアである同時バージョンシステムですが、SVNはバージョン管理システムであるApache Subversionであり、ハイエンドで新しく、高度な機能を備えています。
  2. CVSは1990年に展開されましたが、SVNは10年間のCVSの後に展開されました。それは2000年です。
  3. CVSはCVSチームによって開発され、SVNはApacheソフトウェアファウンデーションによって開発されています。
  4. CVSにはGNUGeneral Public Licenseがあり、SVN usApacheライセンス2.0があります。
  5. CVSはアトミックコミットをサポートしていませんがSSHをサポートしていますが、SVNはアトミックコミット、HTTP、HTTPSをサポートしています。

結論

まあ、すべては必要性についてです。したがって、この必要性は新しいものを作ります。しかし実際には、CVSやSVNなど、必要なものしか持てません。要件を満たす前に、違いを書き留めておくことが重要です。

実際、ソフトウェアの世界はさらに強化されています。また、CVSとSVNは、テクノロジーの形成において主要な役割を果たします。開発者は、以前のバージョンで発生していた問題を解消し、ユーザーエクスペリエンスをさらに向上させ、価値のあるものにする新しいアップデートの展開に取り組んでいます。

参考文献

  1. https://wiki.lbto.org/pub/FLAO/MiscManuals/cederqvist-1.11.3.pdf
  2. https://www.ahajournals.org/doi/abs/10.1161/cir.0b013e3182031a3c

x
2D vs 3D