10w30 vs 0w30: 違いと比較

車の所有者として、多くのことを知っておく必要があります。 モーター オイルからタイヤまで、多くの要因が車の維持に役立ちます。 モーター オイルの仕様とグレードは、特定の車に最適なモーター オイルを見つけるために記載されています。

また、モーターオイルの粘性はエンジンの始動を早めるのに役立ちますが、季節によってオイルの粘性は変化します。 

主要な取り組み

  1. 10W30 オイルは低温で高い粘度を示しますが、0W30 オイルは低温で低い粘度を維持します。
  2. 0W30 オイルは、10W30 オイルよりも燃料効率が向上し、コールドスタート性能が向上します。
  3. 10W30 と 0W30 のエンジン オイルはエンジンを保護しますが、寒冷地では 0W30 の方が適しています。

10w30 vs 0w30

10w30 と 0w30 の違いは、10w30 は粘度が高いことです。一方、0w30 は粘度が低いです。さらに、10w30 は冬にはあまり適していませんが、0w30 は粘度が非常に低いため冬に使用されます。最後に、10w30 は主に高負荷エンジンに適していますが、0w30 は車両 SUV、小型バン、トラックに適しています。 

10w30 vs 0w30

10w30は粘度指数140の高粘度モーターエンジンオイルです。

確かに、冬には適していません。 さらに、温度範囲は-0.4~86 Fです。さらに、高負荷エンジンと互換性があります。 

0w30は粘度指数167の低粘度モーターエンジンオイルです。

確かに、それは低温に適しています。 さらに、温度範囲は-40~86Fです。 さらに、乗用車のSUV、小型バン、トラックに対応しています。 

比較表

比較のパラメータ 10w300w30
 10w30は粘度が高いです。0w30は非常に粘度が低いです。 
粘度指数10w30 モーター エンジン オイルの粘度指数は 140 です。0w30 の粘度指数は 167 です。 
天候適合性 10w30モーターエンジンは低温には不向きです。 0w30 オイルは冬に適しています。 
厚さ10w30はエンジンオイルが濃い。0w30はモーターエンジンオイルの中で最も薄いオイルです。 
互換性10w30モーターエンジンオイルは、大型エンジンに適しています。0w30 は、車両 SUV、小型バン、およびトラックに適しています。 
温度範囲 10w30 モーター エンジン オイルの温度範囲は、-0.4 ~ 86 F です。0w30 モーター エンジン オイル温度は -40 ~ 86F です。

10w30とは何ですか?

粘度数が高いということは、モーター エンジン オイルが冬よりも高温で使用されていることを意味します。 10w30 は、複数の温度で使用されるマルチグレード オイルです。 冬場だけでなく、エンジンの潤滑にも役立ちます。 

また読む:  玄武岩と花崗岩: 違いと比較

多くのモーター エンジン オイルは、0w30 などの同様の SAE 評価を持っています。 5w30、および10w30モーターエンジン。

さらに、これらは、エンジン コンポーネントを保護する今日の最新の小型エンジンと互換性があるため、スパンが長くなります。 そのため、高級オイルよりも経済的です。 

さらに、10w30は粘度が非常に高く、粘度指数は140で、温暖な気象条件に適しています。 実際、オイルがより厚く、オイルの温度範囲が-0.4から86Fの間であるため、冬にはそれほど効果的ではありません. 

さらに、10w30モーターエンジンオイルは、大型エンジンとの互換性があり、夏と春のシーズンに好んで使用されます。 燃費に関しては、平均的なものです。 一方、10w30 の大きな利点は、優れた密閉性を提供することです。 

10w30

0w30とは何ですか?

もうひとつのエンジンオイルは0w30で、0は低温粘度、30は高温粘度を表します。 

モーター エンジン オイルでは、気温が高くない冬には、より低い粘度数が使用されます。 0w30 は、低温にもかかわらず自由な流れを可能にする低粘度のため、主に冬に使用されるマルチグレード オイルです。

薄いので冬に流れやすく、エンジンの潤滑にも役立ちます。

実際、0w30、5w30、および 10w30 モーター エンジン オイルと同様の高温での SAE 評価があります。 さらに、粘度が低いため、点火直後にエンジンの周りにオイルがすばやく循環するため、厳しい冬に主に使用されます。 

また、0w30は非常に粘度が低く、粘度指数は167と冬の厳しい気象条件に適しています。 実際、オイルが最も薄く、オイルの温度範囲が-40から86Fの間であるため、冬には非常に効率的です. 

また読む:  倍率と解像度: 違いと比較

さらに、0w30 モーター エンジン オイルは、車両 SUV、小型バン、およびトラックと互換性があり、極寒条件での使用に適しています。

燃費に関しては、他のすべてのモーターエンジンオイルの中で最高と考えられています。 一方、0w30 の大きな利点は、点火時の循環が速くなり、エンジンのすべての部分にすばやく到達することです。 

10w30 と 0w30 の主な違い

自動車エンジンオイルは、特定の車両に最適であるだけでなく、温度に応じて選択されます。 エンジンの粘度は、さまざまな温度で影響を受け、車両に問題を引き起こす可能性があります。

さらに、低温下でエンジン オイルが濃くなるため、車両のエンジンはすぐには始動しません。 

  1. 10w30は粘度が高く、0w30は粘度が非常に低いです。 
  2. 10w30 エンジンオイルの粘度指数は 140、0w30 の粘度指数は 167 です。 
  3. 10w30モーターエンジンは低温には不向きです。 一方、0w30オイルは冬に適しています。 
  4. 10w30 はモーター エンジン オイルが濃く、0w30 はモーター エンジン オイルが最も薄いです。 
  5. 10w30 モーター エンジン オイルは大型エンジンに適しており、0w30 は車両 SUV、小型バン、トラックに適しています。 
  6. 10w30 モーター エンジン オイルの温度範囲は -0.4 ~ 86 F で、0w30 モーター エンジン オイル温度は -40 ~ 86 F です。
10w30 と 0w30 の違い

参考文献 

  1. https://www.sae.org/publications/technical-papers/content/821196/
  2. https://www.jstor.org/stable/44472010

最終更新日 : 18 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!