ACP と自動: 違いと比較

自動ピストルは、効率やその他の技術的要件の点で非常に多様であるため、ACP と間違えてはなりません。 オートとは「自動」を指し、自動拳銃には全自動拳銃と半自動拳銃のXNUMX種類があります。

ACP とオート ピストルには多くの違いがあります。この記事では、ACP とオート ピストルの特性の違いについて説明します。

主要な取り組み

  1. ACP は Automatic Colt Pistol の略で、拳銃のカートリッジの特定の口径を指し、「auto」は半自動拳銃の一般的な用語です。
  2. ACPカートリッジには、.45 ACPや.380 ACPなどの一般的なオプションが含まれていますが、「自動」はさまざまな半自動ピストル口径を指します.
  3. ACP カートリッジは拳銃の特定のモデルに固有のものですが、「自動」はより広い範囲の銃器を網羅しています。

ACP vs 自動

ACPとAutoの違いは、ACPがAutomaticの略であることです。 コルト ピストルであるのに対し、Auto は命名法に従って自動を意味し、そもそも大きな違いはないようです。

キッシュ vs スフレ 2023 06 23T100500.661

ただし、技術的には。 ACP は主に軍人によって使用されますが、Auto は救助任務などの場所で使用されます。 秘密の 遠征など。

さらに、ACP で使用される弾丸の直径は、Auto で使用される発射体の直径よりも大きいです。 これにより、弾丸の貫通力が増加し、ACP ハンドガンがより致命的になります。

「自動コルト ピストル」(ACP) という用語は、主に「コルト」および「ファブリク ナショナル デ ハースタル」の半自動拳銃で採用されたいくつかのジョン モーゼス ブラウニングの弾薬設計を指します。

これらの弾丸はすべてまっすぐで、同じように見えます。 .25 ACP と.32 ACP で、ケースの開口部にリムのない.45 ACP ギャップがあります。

これらの ACP 弾丸式ハンドガンは、手のひらサイズで多くの火力を備えているため、主に戦術および軍事作戦に使用されます。

一方、オートは、その小型サイズと優れた効率性で知られています。 オートは、弾薬がなくなるか引き金が取り除かれるまで発砲し続けるハンドガンです。

自動ピストルは単純なタイプの反復銃器 (ピストル) であり、次の弾薬をバレルに配置するために機械的に動作を繰り返しますが (自動装填)、次のショットを発射するにはユーザーがハンマーを作動させる必要があります。

また読む:  資産回転率と在庫回転率: 違いと比較

比較表

比較のパラメータACP自動応答オプション
完全形ACPは自動コルトピストルの略です。オートはオートマチック ハンドガンの短縮形です。
使用法持ち運びが簡単で精度が高いため、軍事や秘密作戦に最適です。救助活動に理想的であり、弾丸の移動速度が最終的に超えるため、狩猟に適したオプションになる可能性があります.
ラウンドACPクラスの弾薬の直径は自動車よりも大きいです。たとえば、9mm auto の直径は、ACP クラスのラウンド、たとえば .45 ACP よりも小さいです。
貫通力貫通力が高く、10 ~ 15 ヤード離れていても致命的であり、胸に撃たれた場合は人を殺すことができます。弾丸のサイズが軽くて小さいため、貫通力は中程度から低めです。
意味と例ACP は、主に「コルト」と「ファブリク ナショナル デ ハースタル」半自動拳銃で採用されたいくつかのジョン モーゼス ブラウニングの弾薬設計に言及しています。オートピストルは、拳銃のように見えるように設計されたピストルです。 「スコーピオン」と P18C (一般にグロック 18C として知られ、訓練を受けた NAVY Seals に好まれている) は、XNUMX つの優れた例です。

ACPとは何ですか?

ACP (Automatic Colt Pistol) または .45 Auto (11.4323mm) 弾薬は、1904 年頃に John Moses Browning によって発明され、彼の実験的な Colt 半自動拳銃で使用されました。

効果的な軍事テストの後、コルトの M1911 拳銃の公式の薬室として受け入れられ、.45 ACP の指定が与えられました。

ACPはオートピストルと同じではありません。 ACP はかなり堅実な投資です。 特に人に対して使用する場合、常に非常に正確であることで有名です。 迅速なスキルと敏捷性を必要とする状況で積極的な理由で優れた選択肢です。

この武器には、騒音がほとんど発生しないという追加の利点もあります。 優れた機能が備わっています サプレッサー ノイズを効果的に低減します。 フラッシュの発光量も比較的少ないです。

適度な反動もあります。 チャンバー圧力の最大数は145 MPaで、同クラスの他の銃と比較すると非常に穏やかです。

また読む:  無料の Google Play 引き換えコード ギフト カード: 獲得と引き換えのクイック ガイド

ACP から発射された弾丸の透過性は、拳銃が発射されるルートと射手の精度に基づいて、11 ~ 27 インチの範囲です。

コルトはいくつかの自己装填拳銃を生産しています。 最初のものはコルト M1900 で、1900 年から 1902 年まで軍用にのみ生産されました。 ACP 38 は、この拳銃の弾薬として使用されました。

コルト モデル 1903 コンパクト ハンマーは、同じ目的のために設計されました。 1902 年から 1928 年まで、38 ACP カートリッジが利用可能でした。

自動コルトピストル

オートとは?

オートマチックの短縮形である「オート」は拳銃の場合にはほとんど見られませんが、軍用グレードの P9C (一般的にグロック 18C として知られる) のようなオプションの拡張機能を備えた 18 mm 自動拳銃があり、自動トリガーリリースとシュートは初心者にとっては使いにくいです。

弾薬について言えば、自動 .45 は文字通り .45 ACP と同じですが、自動拳銃との互換性によってその名前が特別になっているだけです。

オートは、決闘者が互いに接近する場合に使用されます。 この小さな武器は、屋内や狭い場所での使用と操作がより簡単です。 一部の弾薬には多くの名前があります。

未熟な射手が適切な弾薬を購入しているかどうか心配するかもしれないほど多くの弾薬を持っているものもあります。 さて、「自動」銃全般について言えば、もっとたくさんの種類があります。

オートローディングガンは、「オート」とも呼ばれ、トリガーシステムが押されたときにカートリッジを継続的に充電および放電する銃器です。

自動化された銃器の操作は、以前の放出から放出された余分なエネルギーを収集して、新しい弾薬カートリッジをバレルに装填し、燃料に点火し、弾丸を放出することができます.

自動拳銃

ACPと自動の主な違い

  1. ACPはAutomatic Colt Pistolの略で、Autoは自動を意味します。
  2. ACP はオート ハンドガンよりも広く使用されています。
  3. 軍人は ACP を使用しますが、グロック 18C などの自動拳銃は救助活動に使用されます。
  4. ACP の弾丸は、オート ハンドガンの弾丸よりも直径が大きくなっています。
  5. ACPの貫通力はオートのXNUMX倍。
ACPとオートの違い
参考文献
  1. https://eu.glock.com/en/products/pistols/g18-c
  2. https://nationalinterest.org/blog/reboot/these-five-45-caliber-guns-are-best-ever-192979

最終更新日 : 13 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「ACP と自動車: 違いと比較」についての 8 件のフィードバック

  1. これはかなり専門的なので誰もが理解できるわけではありませんが、このタイプの弾薬を使用する人にとっては重要です。

    返信
  2. 弾薬に関する完全な情報を得ることが不可欠です。この投稿は非常に役に立ちます。

    返信
  3. この記事では、弾薬とその技術的な違いに関する貴重な知識を提供します。使用される武器を正確に把握することが重要です。

    返信
  4. とても啓発的です!詳細と情報に感謝します。使用される弾薬の詳細と違いを知ることが常に重要です。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!