血栓と組織: 違いと比較

私たちが自分自身を傷つけて出血したとき、言い換えれば、毛細血管が損傷したときはいつでも、私たちの体には血​​液凝固または凝固という独自の戦い方があります.

組織は、特定の目的を達成するために一緒に働く細胞の塊またはクラスターです。

組織は細胞の集まりであるため、生物が多細胞であることは明らかです。 組織は、組織のグループが特定の機能を実行できるようにするさまざまな種類の細胞で構成されています。

主要な取り組み

  1. 血栓は血液成分が凝固することによって形成される固体の塊であり、組織は体内で特定の機能を実行する同様の細胞の集まりです.
  2. 血栓は過度の出血を防ぎ、創傷治癒をサポートしますが、組織は臓器や臓器系の構造と機能に貢献します。
  3. 血餅が外れて血流を通って移動し、閉塞を引き起こす可能性がある場合、血餅は危険になる可能性があります。 組織はそのようなリスクをもたらしません。

血栓と組織

血栓は、血液が液体から半固体またはゲル状の状態に固まるときに静脈または動脈に形成される塊です。組織は、特定のタスクを実行するためにユニットとして機能する、同様の構造を持つ細胞のグループです。さまざまな組織が集まって臓器を形成します。

血栓と組織

血栓は、血液細胞、血小板、および血漿をあらゆる方法で取り囲むフィブリン繊維のウェブです。 血栓は、血管が破裂したときに失血を防ぐために体が使用する防御メカニズムです。

また、血液自体が有害な化学物質の影響を受ける場合にも使用されます。

組織とは、特定の機能を実行するために組織化された細胞の集まりです。 臓器はいくつかの組織が組み合わさって全体を形成しています。

特定の組織を構成する細胞は、それらが効率的に機能し、構造の完全性と機能特性を維持するのに役立つ特別な適応を開発しました. 組織の機能は種類によって異なります。

比較表

比較のパラメータ血餅組織
定義血栓は、あらゆる次元に広がるフィブリン繊維のもつれであり、血球、血小板、および血漿を包み込んでいます。組織とは、特定の機能を実行するために組織化された細胞の集まりです。 臓器はいくつかの組織が集まって全体を形成しています。
構成血栓はフィブリン繊維でできており、傷の周りにネットワークのような構造を形成しています。組織は、主に細胞の集まりまたはクラスターです。
発生血栓は多細胞動物にのみ限定されます。組織は、植物と多細胞動物の両方に見られます。
カテゴリー血栓には分類や種類がありません。組織には主に上皮組織、結合組織、筋肉組織、神経組織の XNUMX 種類があり、それぞれに重要な役割があります。
都道府県血栓はゼリー状の状態で見られます。組織は、その機能に応じて、血液の場合は液体、筋肉組織の場合は固体の場合があります。

血栓とは何ですか?

血管が損傷すると、外因性経路として知られるメカニズムが刺激されます。 血管が損傷すると、内因性経路が開始されます。

また読む:  開ループ システムと閉ループ システム: 違いと比較

これらのメカニズムは両方とも、プロトロンビン イニシエーターの形成につながる化学カスケードです。 一連のプロセスを通じて、プロトロンビン活性化因子はフィブリノーゲンをフィブリンに変換します。

血液が不必要に凝固するのを防ぐためにいくつかの対抗プロセスが整っているため、通常の状況下では循環器系で血栓は形成されません.

正常に戻ると、血栓は自然に溶解します。 場合によっては、血栓が形成されている可能性もあり、それも自然に溶解せず、大きな懸念の対象となり、健康に深刻な危険をもたらす可能性があります. 

血管は、動脈と静脈のXNUMX種類に分類されます。 どちらの場合も、血栓が発生する可能性があります。 これらの XNUMX 種類の血管は、血液を体に出し入れします。

何よりもまず、動脈は酸素化された血液を心臓から全身に運びます。 

心臓から体の残りの部分に血液を分配する動脈は、背側大動脈として知られています。 静脈は、脱酸素化された血液を体から心臓へ酸素化のために輸送する血液チャネルです。

静脈内の血栓は、体の臓器から心臓への血液の流れを妨げ、血管が茶色がかった青色になり、不快感を引き起こします。 

その血餅が元の場所から分離し、体の他の場所に広がることがあります。 何らかの形で心臓への血液供給が制限されると、生命が危険にさらされます。

血餅

ティッシュとは?

組織は、特定の目標を達成するために協力する細胞のグループまたはクラスターです。 組織は細胞の集まりであるため、生物が多細胞であることは自明です。

組織は、組織の集まりが特定の仕事を実行できるようにするさまざまな細胞型で構成されています。

また読む:  円と楕円: 違いと比較

上皮組織は、その重要な役割のために組織を特定することに関連する場合、上皮組織が最前線に立っています。 私たちの肌を覆っているのは、表皮層とも呼ばれる被覆層です。

粘液層とも呼ばれる、内臓の薄い層を形成します。粘液層は臓器の最初のコーティングであるため、あらゆる病原体や外来侵入と戦うのに役立ちます。

結合組織、弾性繊維、コラーゲン、そしてマトリックスの別名である基質は、結合組織の重要な部分です。

結合組織には少数の細胞が見られますが、それらは細胞の外側マトリックスに見られます。 結合組織の細胞は、脂肪組織を除いて、互いに比較的離れています。

結合組織はまた、非常に重要な機能のいくつかを実行します。血液とリンパ液は言うまでもなく、それなしでは私たちの存在は問題になりません. 引き伸ばされると自然に元に戻る皮膚は、結合組織である脂肪または脂肪組織のみによるものです。

他の機能について言えば、どのように歩いたり、手足を動かしたりすることができるかを確かに思い出すことができます。 それは、やはり結合組織である腱と靭帯によるものです。

 

血栓と組織の主な違い

  1. 血栓は、動物が出血して死ぬのを防ぐために動物に発生する保護手段ですが、組織はまったく異なるものです. それは、後に私たちの体のさまざまな器官を形成し、特定の機能を実行する細胞のグループです.
  2. 血栓はフィブリン繊維でできており、傷の周りにネットワークのような構造を形成していますが、組織は細胞の集合体です。
  3. 血栓は多細胞動物にのみ限定されます。 一方、組織は植物と多細胞動物の両方に見られます。
  4. 組織には主に上皮組織、結合組織、筋肉組織、神経組織の XNUMX 種類があり、それぞれに重要な役割がありますが、血栓には分類や種類がありません。
  5. 血栓はゼリー状の状態で見られますが、組織はその機能に応じて、血液の場合は液体である場合もあれば、筋肉組織の場合は固体である場合もあります。
血栓と組織の違い
参考文献
  1. https://www.annualreviews.org/doi/abs/10.1146/annurev-fluid-010814-014513
  2. https://www.researchgate.net/profile/Valery-Tuchin/publication/248103870_Tissue_Optics_Light_Scattering_Methods_and_Instruments_for_Medial_Diagnosis/links/5425c74b0cf2e4ce9406f647/Tissue-Optics-Light-Scattering-Methods-and-Instruments-for-Medial-Diagnosis.pdf

最終更新日 : 30 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「血栓と組織: 違いと比較」についての 6 件のフィードバック

  1. 血栓の形成と溶解についての説明は特に参考になりました。これは、人々が血栓について抱いているかもしれない多くの誤解を解きます。

    返信
  2. 血栓と組織は、私たちの体内で重要な役割を果たす非常に複雑な構造です。この記事の詳細な説明は、これらの生物学的プロセスの重要性を強調しています。

    返信
  3. この記事に、さまざまな種類の組織とその特定の機能についてもっと詳しく書いてあればよかったのにと思います。これにより、組織のより包括的な理解が得られるでしょう。

    返信
  4. この記事で概説されている複雑な詳細は、血栓と組織についてより深く理解したい人にとって優れたリソースとなります。

    返信
  5. この記事では、血栓の発生と組織のさまざまな機能について説明しており、本当に興味深いです。それは人体の複雑さを浮き彫りにします。

    返信
  6. この記事は、血栓と組織の違いをうまく説明しています。重要なポイントと比較表は、違いを明確にするのに非常に役立ちます。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!