フォーンとサテュロス: 違いと比較

多くの神秘的な生き物の出現と、それらの生き物が現代の動物に進化する物語は、私たちにとって未知のことではありません。 これらの神話的または神秘的な生き物は、人魚やセイレンのように人間の世界に現れると多くの人が言いましたが、そのほとんどはギリシャまたはローマに起源を持っています。

場合によっては、似たような外見を持つ XNUMX つの生き物が XNUMX つの異なる起源を持ち、互いに対照的な性質を持っていることがあります。 牧神とサテュロス、半分人間で半分ヤギの神話上の生き物も、そのような生き物の XNUMX つです。

主要な取り組み

  1. 牧神はローマ神話に登場する神話上の生き物で、角と尖った耳を持つ半分人間と半分ヤギとして描かれています。サテュロスはギリシャ神話に登場する同様の生き物で、同じく半分人間で半分ヤギですが、馬のような尾を持っています。
  2. 牧神は森林と自然に関連付けられていました。 サテュロスはワインとお祭り騒ぎに関連付けられていました。
  3. 牧神はより優しく無邪気な人物として描かれていますが、サテュロスはよりいたずら好きで情熱的です。

フォーン vs サテュロス

牧神は、半分が人間で半分が動物である神話上の生き物です。 彼らは素敵で親切で優しい生き物だと考えられています。 サテュロスは人間の上半身と馬の下半身からなる体を持つ生き物です。 サテュロスはワインパーティーが大好きないたずら好きな生き物と考えられています。

フォーン vs サテュロス

牧神は上半身が人間、下がヤギです。 彼らは人間の足を持っています。

牧神の起源はローマにあり、森では自然に抑制されると言われています。

彼らはとても優しくて謙虚です。 サテュロスはギリシャ起源の牧神です。

上半身は人間、下はヤギですが、人間の足の代わりにヤギのひづめを持っています。 彼らはワインの神の信者として知られています。

比較表

比較のパラメータファウンサテュロス
Originその起源は古代ローマにあるそれはギリシャ語の起源を持っています
ホルン生まれながらの角を持っているホーンを獲得する必要があります
物理的特徴人間の胴体、手、足。 人間の足の代わりにヤギの足がXNUMX本ある上半身は人間、下半身は尻尾のあるヤギの姿をしていました。
外観彼らはハンサムに見える魅力的でないと見なされる不器用で恐ろしい外観。
知識愚かな非常に知識が豊富です
自然それは森を旅することへの恐怖を植え付けたと考えられています彼らは高い性欲を持っており、そのように描かれています。
行動無邪気で優しくて謙虚でお茶目でいつもワインか女と

フォーンとは?

牧神は二足歩行の生き物で、ヤギ男としても知られています。 これは、彼らの半人半ヤギの外観のためです。

また読む:  ディワリ祭とクリスマス: 違いと比較

彼らは人間の胴体とヤギの脚を備えた足、そして角のある尖った耳を持って示されています。彼らはそこに住んでいた 森林 森の夜の旅人に恐怖を植え付けると言われていました。

しかし実際には、彼らは素朴で謙虚で優しい生き物であり、ハンサムであるように描かれていました。 それらは豊饒と平和を象徴していました。

彼らは、ヤギのような外見をしたギリシャの神パンとファウナと比較されました。彼らは平和を愛する生き物だったので、絵画でも同じように描かれました。

グループになって遊んだり、あるいは一人で堂々とした体格で佇んだり。

ファウン

サテュロスとは?

サテュロスはギリシャの牧神の起源です。 しかし、ファンはサテュロスの登場に触発されたのであって、その逆ではないと言われています。

彼らはまた、半分が人間で半分がヤギである二足歩行の生き物です。彼らは毛むくじゃらで、かさばり、醜く、不器用で、鼻が低く、歪んでいると説明されています。 フェイシャル 機能。

これはギリシャの美の基準からは魅力的ではないとみなされました。彼らはギリシャのワインの神ディオニュソスの信奉者であり、ワイングラスを持ったいたずら好きの姿で描かれていました。

サテュロスは牧神よりも性欲が強いことで知られていました。 そのため、写真や絵画では、常に女性に囲まれた卑猥なシーンで描かれていました。

追っかけたとも言われています ニンフ そして死すべき女性は彼らをレイプし、交配させた。

サテュロス

牧神とサテュロスの主な違い

  1. 牧神はローマ起源ですが、サテュロスはローマの牧神のギリシャ起源であると言われています。
  2. 外見上、どちらも角があるかもしれませんが、牧神は生まれつき角を持っていますが、サテュロスは角を獲得する必要があります。
  3. サテュロスは人間の胴体と手、ヤギの足とひづめを持っていました。 彼らはヤギのように非常に毛皮が生えていて、尻尾もありました。 牧神は人間の胴体を持っていましたが、尾はなく、ヤギのひづめの代わりに人間の足を持っていました。
  4. ローマ神話では牧神はハンサムとして描かれています。 牧神とは対照的に物静かなサテュロスは、グロテスクで不格好な外見をしているため、魅力的ではないと考えられています。 彼らの外見はギリシャの基準からすると魅力的ではありません。
  5. 牧神は素朴で愚かであることが知られています。 一方、サテュロスは賢明で、優れた知識を持っています。
  6. 森は牧神の自然の生息地であると言われているため、森の夜の旅人に恐怖感を与えたと考えられていました。 実は彼らは素朴で小さな生き物だった。 しかし、サテュロスは性欲が強いことで知られており、絵画では猥褻な場面が描かれていました。
  7. ご覧のとおり、牧神は謙虚​​で、優しく、無邪気で、ハンサムで、魅力的でした。 サテュロスはこのイメージとは対照的でした。 彼らはいたずら好きで、いつもワインや女性と一緒にいることがわかりました。
牧神とサテュロスの違い
参考文献
  1. http://search.proquest.com/openview/114e3a46e3b6bc0d037e6b39a8300e06/1?pq-origsite=gscholar&cbl=1817276
  2. https://www.tandfonline.com/doi/pdf/10.1080/00397709.1969.10733067
また読む:  祈りと礼拝: 違いと比較

最終更新日 : 13 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「牧神 vs サテュロス: 違いと比較」についての 22 件のフィードバック

  1. 牧神とサテュロスの具体的な身体的違いについては知りませんでした。とても興味深いですね。

    返信
  2. 牧神とサテュロスがこれほど多様な方法でさまざまな神話に統合されたことは、非常に注目に値します。

    返信
  3. 牧神とサテュロスの違いについて学ぶことは、古代の物語の複雑さを解き明かすことに似ています。

    返信
  4. サテュロスのいたずら好きな特徴は、牧神の無邪気さと非常に興味深い対照を成しています。

    返信
  5. これらの生き物がさまざまな自然の要素や属性とどのように結びついているのかを探求するのは興味深いものです。

    返信
  6. 牧神とサテュロスの間に描かれた明確な区別は非常に説得力があり、彼らの伝承の複雑さを明らかにしています。

    返信
  7. これらの神話上の生き物がさまざまな文化でどのように象徴され、描かれているかは、非常に考えさせられます。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!