配偶子と接合子: 違いと比較

開発は、一連の重要なステップの形で進行する複雑なプロセスです。 各ステップでは、適切なタイミングで胎児の必要な状態を維持するために、多くの構造的および機能的変化が起こります.

配偶子と接合子は初期段階で形成され、卵子の最終的な性別の決定に重要な役割を果たします。 年表は同じままです – XNUMX つの配偶子 (X または Y) の融合後の受精卵。

主要な取り組み

  1. 配偶子は精子や卵子などの生殖細胞であり、受精卵は精子と卵子が融合した受精細胞です。
  2. 配偶子は一倍体、つまり染色体が XNUMX セットしかないことを意味しますが、受精卵は二倍体、つまり XNUMX セットの染色体を持っていることを意味します。
  3. 配偶子は減数分裂によって作られ、接合子は受精によって作られます。

ゲームte vs ザイゴット

配偶子は、人間などの有性生殖を行う生物によって生成される特殊な性細胞です。 ヒトでは、雄が雄の配偶子である精子を産生します。 受精卵は、精子が受精したときに形成される細胞です。 . 受精後、最初に形成される細胞です。 受精卵には、新しい生物を作るために必要なすべての遺伝情報が含まれています。

配偶子 vs 受精卵

配偶子は、卵子 (女性の配偶子) と精子 (男性の配偶子) を含む XNUMX つのサブカテゴリに分けられます。 それらは互いに部分的に区別されます。

融合が起こらない限り、配偶子は実際の状態で自分自身を表現することができず、機能しないままです.

接合子は、融合の結果として形成された球状の塊です。 これは最初の定常期であり、子宮内で結果として生じる塊の付着の開始を示します。

他の発達段階も同様です。 言い換えれば、XNUMXつの一倍体細胞が結合して二倍体細胞を形成します。

比較表

比較のパラメータ配偶子接合体
定義受精前の過程に関与する生殖細胞(雄または雌)のXNUMXつです。 XNUMXつの細胞(一倍体)が受精してできた受精卵です。
生産される最終製品受精卵。胎児。
ムーブメント男性の細胞は動くことができますが、女性の細胞は動きません。 移動はできません。
細胞組成 単一の染色体と単一の常染色体コピー。 染色体のいずれかのペアと二重常染色体コピー。
種類雄配偶子と雌配偶子。 最後の接合子は、それ自体が排他的なタイプです。

ガメテとは?

配偶子は単純な性細胞です。 融合した塊での男性または女性のキャラクターの表現を調整します。

また読む:  ネズミイルカとイルカ: 違いと比較

したがって、結果として生じる性別は、融合に参加する元の配偶子によって決まります。 偶然に任せる研究者もいますが、XNUMX つの X 染色体の融合は、X 染色体と Y 染色体の融合よりも可能性が高いことを証明する研究者もいます。

配偶子は交尾後の結合の一様式にすぎません。

X(女性)は常に固定だからです。 決定は完全に、どちらの精子(X型またはY型)が卵子と融合するかによって決まります。 組成が等しいため確率は XNUMX% と考えられますが、すべての場合に当てはまるわけではありません。

場所に関する限り、女性の配偶子は女性の生殖器系 (卵巣) にあり、男性の配偶子は男性の生殖器系 (睾丸) にあります。

男性配偶子は男性配偶子と融合できませんが、女性配偶子は融合できます。 これは、X 染色体が X 染色体または Y 染色体のいずれかと融合できることを意味します。 一方、Y染色体はX染色体とのみ結合でき、Y染色体とは結合できません。

前者の場合は結果として女性が生まれますが、後者は男性の合成です。

配偶子

ザイゴートとは?

受精卵は、融合後に卵管に付着し、卵管を通過する受精ユニットです。 シリーズ 最終的に胎児になるまでの発達過程。 これは、胎児が本来のアイデンティティを獲得する最初の段階とも呼ばれます。

語源は次のとおりです。zygote は、「結合する」を意味するギリシャ語の「くびき」に由来しています。 このプロセスでは、雄の配偶子が雌の配偶子と結合し、その後、両者が融合します。

染色体を構成する染色体の総数は 46 で、男性配偶子からは 23、女性配偶子からは 23 がそれぞれ含まれます。 サイズに関する限り、接合子はその形成に参加した配偶子よりも大きくなります。

また読む:  ヤギ乳と牛乳: 違いと比較

形は数日で球形になり、最終的には発達した形になります。 . 卵管への永久着床のため、動きが制限されます。

また、初期段階で行われた受精の成功率も決定します。 接合子が卵管に付着しない限り、着床プロセスは進行しません。

続いて、胚の成長も妨げられます。 このような致命的なシナリオでは、生存条件が不確実であるため、結果として得られる胎児は生き残るかもしれないし、生き残れないかもしれない。

接合子

配偶子と受精卵の主な違い

  1. 配偶子は、受精の開始単位である性細胞 (男性または女性) として定義されます。 一方、受精卵は受精の結合結果であり、独自のアイデンティティを持っています。
  2. 配偶子の融合によって得られる単位は接合子そのものですが、接合子はそれ以上の融合は行わず、時間の経過とともに胎児に成長します。
  3. 運動性に関する限り、配偶子は限られた方法で動くことができますが(雄のみ)、接合子はいかなる種類の運動もできない固定された存在です。
  4. 配偶子は XNUMX 種類の染色体 (X または Y) で構成され、常染色体のコピーが含まれています。 それどころか、接合子は常に XNUMX 対 (類似または異なる) で構成され、常染色体のコピーが XNUMX つ含まれます。
  5. 配偶子の XNUMX つの排他的なタイプは、男性 (Y 染色体) と女性 (X 染色体) です。 接合子は本質的に二倍体であるため、他のタイプにさらに分類されることはありません。
配偶子と接合子の違い
参考文献
  1. https://link.springer.com/article/10.1007/BF01134577
  2. https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00071619200650241

最終更新日 : 26 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「配偶子と受精卵: 違いと比較」についての 22 件のフィードバック

  1. この記事では配偶子と接合子の違いがよく強調されており、動きと構成の点での違いが明確に理解できます。開発を包括的に理解するには、これらの概念を理解することが不可欠です。

    返信
    • 私はこれ以上同意できませんでした。ここで説明する詳細は、生殖と胚発生の生物学についての洞察を得る上で貴重です。

      返信
  2. 詳細な説明と配偶子と接合子の対比は非常に有益で貴重です。これら生殖細胞の仕様を理解することは、発生の過程を理解する上で不可欠です。

    返信
    • 配偶子と接合子の特徴と機能を包括的に分析することで、胎児の発育を支配する生物学的メカニズムについて深い洞察が得られます。

      返信
    • 確かに、配偶子と接合子の違いが解明されると、人間の発達に関わる複雑なプロセスについての理解が深まります。

      返信
  3. 子宮内での結合の初期段階としての配偶子と接合子についての詳細な説明は啓発的です。それは、胚発生の根底にある複雑なプロセスについての知識を深めます。

    返信
    • 私はこれ以上同意できませんでした。これらの重要な生物学的概念の解明は、実に興味深いものであり、知的刺激を与えます。

      返信
  4. 配偶子と接合子の説明は徹底的で啓発的です。それは、最初の融合から接合子の形成、そしてそれ以降に至るまで、新しい生物の発生におけるそれらの重要な役割を強調しています。

    返信
  5. 配偶子と接合子の詳細な比較により、発生プロセスを包括的に理解できます。生殖と発生学の生物学的複雑さを掘り下げるのは興味深いものです。

    返信
  6. 配偶子は染色体を 1 セットのみ持つ一倍体細胞であるのに対し、接合子は染色体を 2 セット持つ二倍体細胞であることを知るのは興味深いことです。この違いは、発達の過程におけるそれらの機能と役割を理解する上で重要です。

    返信
    • 同意します。配偶子と接合子の間のコントラストは魅力的であり、発生プロセス全体において重要な役割を果たします。

      返信
  7. 配偶子が特殊な性細胞であり、受精卵が生物のアイデンティティの第一段階であるという詳細な説明は、啓発的です。それは生殖生物学と胚発生に関する私たちの知識を豊かにします。

    返信
    • 実際、ここで提供される洞察は、新しい生命の発達に関与する複雑なプロセスについての理解を深めます。

      返信
  8. 比較表は、配偶子と接合子を視覚的に区別するための優れた方法です。それぞれの特徴を簡潔にまとめており、開発プロセスにおけるそれぞれの役割を理解しやすくなっています。

    返信
    • 比較表は非常に有益で有益であることがわかりました。配偶子と接合子の主な違いを理解するためのクイックリファレンスを提供します。

      返信
  9. 雄と雌の配偶子の区別と、子孫の性別を決定する際のそれぞれの役割は興味深いものです。また、受精卵が発生の最初の定常期であるという説明は示唆に富むものです。

    返信
    • 子宮内で結果として生じる塊の付着の始まりとしての接合子という概念は興味深いものです。開発の初期段階は本当に魅力的です。

      返信
    • 雄と雌の配偶子の区別は非常に魅力的であることがわかりました。生殖生物学を理解する上で必須の知識です。

      返信
  10. 配偶子と接合子に関する詳細な説明により、子孫の性別を決定する際のその機能と重要性が明らかになります。生殖生物学の複雑さを掘り下げるのは魅力的です。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!