ガッシュとアクリル絵の具の違いと比較

絵って、美しくて何かを伝えたくないですか?絵画は、芸術家が色を通して表現したい物語です。したがって、色がなければ絵画は不完全であるため、色は重要です。

さまざまな種類の絵画に使用されるさまざまな種類の塗料があります。 ガッシュやアクリル絵の具もその一つです。 そのため、次の列で両方を区別します。

主要な取り組み

  1. ガッシュはつや消し仕上げで、水で再活性化できますが、アクリルはすぐに乾き、耐水性になります。
  2. アクリル絵の具はガッシュよりも耐久性と柔軟性に優れているため、さまざまな表面に適しています。
  3. ガッシュは詳細なイラストに適していますが、アクリルはさまざまなアート スタイルに適しています。

ガッシュ vs アクリル絵の具

ガッシュとの違い アクリル塗料 それは、ガッシュは水溶性の絵の具であり、持続期間が限られているということです。 一方、それで描かれた絵は、 アクリル 塗装が剥がれにくいので耐久性も十分です。 ガッシュは、水から手入れするだけで何年も保つことができます。

ガッシュ vs アクリル絵の具

ガッシュとは、キャンバスのシートに描かれた絵具の一種で、何年も残ることはありません。 そのような絵は水でしか破壊できません。

したがって、適切なケアが必要です。また、抵抗でもありません。 数年後、ほこりが原因で絵が台無しになります。

一方、絵の具は水溶性ですが、乾くとすぐに防水します。 そのため安全で、ホコリに強い塗料なので汚れにくいのもポイントです。

そのため、簡単に保護して長持ちさせることができます。

比較表

比較のパラメータガッシュアクリル塗料
耐久性ガッシュペイントは長持ちしません。 アクリル絵の具で描かれた絵画は、非常に耐久性があります。
防塵性ガッシュは防塵塗料ではありません。 アクリル絵の具はほこりを簡単に打ち負かします。
バインダーガッシュのバインダーには、アラビアゴムという特殊なバインダーが使われています。 アクリル絵具の色素沈着を保持するために、プラスチック アクリル ポリマーが結合に使用されます。
塗布面ガッシュペイントは紙に完全にとどまります。 紙、ガラス、木材、プラスチックなどのいくつかのベース サーフェスは、アクリル ペイントに使用されるサーフェスです。
ツールガッシュペイントは、表面に塗るのに絵筆だけが必要です。 アクリル絵の具を塗りながら、絵筆とパレット ナイフが互いに補完し合います。

ガッシュとは?

ガッシュは、水で簡単に広げられる水性カラーです。 ガッシュは水性塗料のため、防水・防塵効果がなく、塗装が簡単に台無しになってしまいます。

また読む:  AHU と RTU: 違いと比較

水とほこりはそれをすべて破壊します。 しかし一方で、水性の色だからこそ、より大きな意味があることも知りました。 つまり、ピンターは、必要に応じてわずかな量の水を追加することで、簡単に変更を加えることができます.

ガッシュ絵の具は他の絵の具と同じようにバインダーが必要で、広く使用されているバインダーはアラビアゴムです。 古典的な作品のように見える絵の質感に、フラットでマットな一貫性を与えます。

この絵の具は完全に乾くまでに少し時間がかかります。注意する必要があるのは、塗布後に色が均一に広がっているかどうかを確認することだけです。

これは、色が適切に広がっていないと、絵にひびが入る可能性があるためです。 ガッシュを使った絵付けは、身振り、直接塗り、アクションが完璧に描けます。

そのような絵は柔らかなタッチを描いています。 ガッシュ絵の具を使って素晴らしい絵を描いた画家の有名な名前には、ジョン・シンガー・サージェント、パブロ・ピカソ、ヴァレンティン・セロフなどがあります.

ガッシュ

アクリル絵の具とは何ですか?

アクリル絵の具については誰もが聞いたことがあるでしょう。 濃厚で液状のテクスチャーです。 美しい絵画や、いくつかの有名な絵画を描いた画家のリストを描くために使用されます。 アクリル アンディ・ウォーホル、マーク・ロスコ、ロイ・リキテンスタインなどです。

このような絵の具は、大胆で深い意味のある絵を表現するために使用され、キックを与えます。 アクリルは100%防水塗料です。 わずかな量でも、そのような絵画を損傷することはありません。

また読む:  落葉樹と針葉樹: 違いと比較

防水機能に加えて、防塵機能も備えています。ほこりが付着しても、乾燥後にほこりを払うことができます。 ご存知のように、アクリル絵の具は粘稠度の高い絵の具であるため、より厚いストックに耐えることができ、ひび割れすることなく簡単に色を保持できます。

同じ理由で、乾くのに時間がかかるだけです。 したがって、高級仕上げピースを受け取ります。 のばしやすいので、絵筆と色を広げるためのパレットで十分です。

プラスチック アクリル ポリマーは絵の具の接着剤であり、木、ガラス、プラスチック、紙などのベースに保持するための優れたグリップを提供します。また、アクリル絵の具によって光沢のある雰囲気が生まれます。

この塗料を使用している人にとっての唯一の懸念は、塗料が完全に乾燥すると、変更を加えることができないということです. したがって、この塗料を使用するときは注意してください。

アクリル塗料

ガッシュとアクリル絵の具の主な違い

  1. ガッシュ塗料は簡単に壊れます。 一方、アクリル絵の具はホコリや水に強いので長持ちします。
  2. ほこりはガッシュの絵を台無しにする可能性があります。 一方、ほこりがアクリル画を台無しにすることはありません。
  3. ガッシュでは、アラビアゴムバインダーが使用されています。 一方、アクリル絵の具は、プラスチック ポリマー バインダーによってのみ結合できます。
  4. ガッシュ絵の具が表面の紙の上で滑らかに溶けます。 一方、アクリル絵の具は、紙、ガラス、木などのさまざまな表面に保持できます。
  5. ガッシュ塗料を塗るには、絵筆だけで十分です。 一方、アクリル絵の具の場合、色を広げるには筆とパレットナイフが必要です。
ガッシュとアクリル絵の具の違い
参考文献
  1. https://www.scielo.br/pdf/bor/v23n4/v23n4a07.pdf
  2. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1367048410001335

最終更新日 : 22 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!