プロセス能力とマシン能力: 違いと比較

プロセス能力と機械能力は、まったく異なる領域で機能する XNUMX つの能力です。 プロセス能力とは、特にすべてのチャック、治具などに関して、全体的なプロセス能力を指します。マシンの能力は、XNUMX つのチャンク、治具などの能力のみを考慮に入れます。

プロセス能力は専用ソフトウェアを利用して決定されますが、機械能力は第三者の評価者またはその製造業者によって決定されます。 プロセスと機械の能力の違いはこれだけではありません。 他にも多くの違いがあり、以下で説明します。 

主要な取り組み

  1. プロセス能力は特定の要件を満たすプロセスの能力を測定し、マシン能力は短期間でマシンのパフォーマンスを評価します。
  2. プロセス能力は長期的な変動や機械の摩耗などの要因を考慮しますが、機械能力は短期的なパフォーマンスに焦点を当てています。
  3. 機械能力はさまざまな機械を比較するためのベースラインとして使用され、プロセス能力は全体的な生産効率を測定します。

プロセス能力と機械能力 

プロセス能力とは、目的の仕様を満たす製品を一貫して生産するプロセスの能力を指します。 機械の能力とは、目的の仕様を満たす部品またはコンポーネントを製造する機械の能力を指します。 これは、特定の許容範囲内で実行する機械の能力の尺度です。

プロセス能力と機械能力

工程能力は、特定の特性に固有の工程変動性の統計的尺度と呼ばれます。 プロセスが仕様を満たす能力を評価するために使用できます。 品質改善のイニシアチブ中に、改善を反映するために、最初から最後までの調査で能力の見積もりが取得されます。  

機械の能力は、仕様に関する機械の実際の品質の尺度と呼ばれます。 これは、中断のない生産工程の観察から導き出された短期的な能力です。 機械の能力を測定する場合、工作機械の変更や設定の変更は好ましくありません。   

比較表

比較のパラメータプロセス能力機械能力
解釈これは、特定の特性に固有のプロセス変動性の統計的尺度です。これは、仕様に対する機械の実際の品質の尺度です。
Time長いショート
フォーカス生産工程についてマシン自体で
偏っている偏っていない偏っている
Cp = (USL-LSL)/6σCm = USL – LSL / 6s

プロセス能力とは? 

処理能力は、仕様に対するプロセスの測定可能な特性です。工程性能指数や工程能力指数として表すことができます。出力は、 ヒストグラム この測定値の計算。 主に、規格外 (OOS) で製造できる部品の数を予測します。  

また読む:  Limited Liability Company LLC と Limited Liability Partnership LLP: 違いと比較

工程能力には主に、プロセス出力の変動を測定し、その変動を製品公差および提案された仕様と比較する 50 つの部分があります。プロセス入力には、出力を指定するための少なくとも 250 つ以上の測定可能な特性があります。プロセス能力に含まれるコンポーネントの数は XNUMX ~ XNUMX です。

プロセスは、適切なプロセス管理を実施して推定する必要があります。 プロセスが「統計的管理」であるかどうかを判断するには、管理図分析が使用されます。 プロセスが統計的管理下にない場合、機能は意味を持ちません。 したがって、工程能力は、特殊原因による変動ではなく、共通原因による変動のみで構成されます。  

プロセスの出力は、顧客の要件、工学的許容範囲、または仕様を満たすことが期待されます。 エンジニアは、プロセス能力の調査を実施して、これらの期待を満たすプロセスの範囲を決定します。 主に製品の配送プロセス全体を中心にしています 構想から配送ルートまで.

機械能力とは? 

機械の能力は、機械の仕様に関する実際の品質の尺度です。 主に、特定の機械の能力パラメータを指します。 パラメータは、原材料または負荷の数、サービス間の時間、および機械の生産速度で構成されます。  

生産速度は機械の最も重要な能力です。 拡張機能の助けを借りて、マシンはすべてのタスクを実行する際に最小限の時間で動作しようとします。 それは、生産プロセスで提供する機械の能力に重点を置いています。 速度の遅れにより、生産ラインに影響を与える可能性があります。  

機械と測定は、機械の能力の結果に大きく影響します。機械の製造元は、ユーザーマニュアルに機械の特定の機能をすべてリストしています。ただし、特定のジョブ用に、より高品質のマシンを購入するために、サードパーティのマシンの機能をテストで確認することも重要です。  

また読む:  役員と取締役: 違いと比較

サードパーティ 検査 また、実際のマシンの機能を明らかにするなど、別の利点もあります。 将来の問題を防ぐのに役立つメカニズムを検出するだけでなく、. 機械の代替部品と付属品は、機械の能力によって強化することもできます。   

プロセス能力と機械能力の主な違い 

  1. プロセス機能は、構想から配送ルートまでの製品配送プロセス全体に重点を置いていますが、機械機能は、生産プロセスで提供する機械の能力に重点を置いています。  
  2. 工程能力はサンプル個体とサブグループの両方で平均 x バーで計算されますが、機械能力の計算は個体で条件を変更せずに目標値で行われます。 サンプルの標準偏差.  
  3. プロセス能力は専用ソフトウェアを利用して決定されますが、機械能力は第三者の評価者またはその製造業者によって決定されます。  
  4. プロセス能力は製品開発の一部です。 一方、マシンの能力は購入のための評価者です。  
  5. 工程能力は、データ、特にグラフィック データに大きく依存します。 一方、マシンの能力はパフォーマンスに依存しています。 
参考文献
  1. https://www.tandfonline.com/doi/abs/10.1080/00224065.1986.11978984
  2. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0924013604001074

最終更新日 : 13 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「プロセス能力とマシン能力: 違いと比較」についての 15 件のフィードバック

  1. この記事の比較表は、プロセス能力と機械能力の主な違いを簡潔に示しています。このトピックを研究している人にとって役立つリソースです。

    返信
  2. 解釈、時間の焦点、その他の違いを表形式で比較すると、プロセス能力と機械能力の相違点を把握しやすくなります。

    返信
  3. この記事のプロセス能力とマシン能力の明確な区別は、2 つの異なる概念を区別するのに非常に役立ちます。

    返信
  4. この記事は、プロセス能力と機械能力の主な違いと用途を効果的に強調しており、啓発的な読み物となっています。

    返信
  5. この記事では包括的な分析が示されていますが、議論されている概念を説明するために、より現実世界の例を組み込むことが有益になる可能性があります。

    返信
  6. この記事の詳細な説明と参考文献は、このトピックに関するさらなる研究に非常に役立つことがわかりました。

    返信
    • これ以上同意できませんでした!ここで引用した参考文献は、プロセスとマシンの機能についてより深い洞察を得るのに特に価値があります。

      返信
  7. この記事では、プロセス能力とマシン能力の包括的な比較を、詳細な説明と明確に定義された違いとともに提供します。それにより、この主題についての理解が深まりました。

    返信
  8. この記事の内容は十分に調査され、示唆に富むものであり、プロセス能力と機械能力の比較に関する貴重な洞察を提供します。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!