S Corp と C Corp: 違いと比較

S 社はパススルー事業体であり、二重課税を回避しているのに対し、C 社は利益が法人レベルと株主レベルの両方で課税される二重課税に直面しています。 S 社は所有権に制限があり、外国人株主を持つことができませんが、C 社は所有権に柔軟性があり、外国人投資家を呼び込むことができます。 S Corp は中小企業に好まれますが、大企業は C Corp ステータスを選択します。

主要な取り組み

  1. S Corps はパススルー エンティティであり、利益と損失は株主の納税申告書に流れます。 C コープは二重課税に直面しており、利益は法人レベルと個人レベルで課税されます。
  2. S Corps にはより厳しい資格要件があり、100 人の株主と XNUMX つのクラスの株式に制限されていますが、C Corps は無制限の株主と複数の株式クラスを持つことができます。
  3. S Corps は、二重課税を回避しようとする中小企業にとって有益です。 C Corps は所有権とストック オプションの柔軟性を高め、大企業や外部からの投資を求める企業に利益をもたらします。

S コープ vs C コープ

S Corp と C Corp の違いは、S Corp は税金を払っていないことです。 C Corporation は、その所得に対して税金を支払います。

S コープ vs C コープ

Sコーポレーションは事業体型ではなく税制上の指定です。 S コーポレーションの XNUMX つになるには、IRS に申請する必要があります。 C Corp は組織にとって有効なシステムです。 株主または所有者は、エンティティとは異なる方法で課税されます。

C-Corp の株主は事業を所有していますが、ほとんどの決定は行いません。 ポリシーの問題と管理は、株主によって選出された取締役会に任されています。


 

比較表

特徴SコーポレーションCコーポレーション
課税パススルーエンティティ。株主は損益に対して個人所得税を支払う二重課税。法人が法人所得税を支払い、株主が配当金に対して個人所得税を支払う
所有権最大 100 人の株主、米国国民または居住外国人である必要があります株主数に制限はなく、法人や外国投資家も含めることが可能
クラスを共有する在庫は 1 つのクラスのみ許可されます異なる議決権と配当権を持つ複数のクラスの株式を保有できる
編成要件Form 2553をIRSに提出する必要がある定款を州に提出する
年次報告書IRS にフォーム 1120S を提出するIRS にフォーム 1120 を提出する
正式な要件年次取締役会と株主総会が必要取締役会は必須、株主総会の頻度は減少
利益分配利益と損失を所有権に比例して分配する必要がある利益を社内に留めることができる
柔軟性所有権と配布のルールが厳格化されたため、柔軟性が低下所有構造と利益配分がより柔軟に
適合株主が少なく、収入が予測可能な中小企業向け資本や爆発的な成長の可能性を求める大企業向け

 

S社とは?

S コーポレーション (S Corp) は、連邦税の目的で法人の所得、損失、控除、および控除を株主に渡すことを選択する事業体の一種です。これは、企業自体が連邦所得税を支払わないことを意味します。代わりに、その収入または損失は個人株主に譲渡され、個人株主は個人の納税申告書で収入を報告します。

また読む:  ダイレクトマーケティングと個人販売: 違いと比較

資格と選挙

S コーポレーションの資格を得るには、企業は国内法人であること、認められる株主(個人、特定の信託、不動産)のみを有すること、株主数が 100 名を超えないことなど、特定の基準を満たさなければなりません。さらに、すべての株主は米国国民または居住者でなければなりません。 S Corp になるには、企業は資格要件を満たした後、フォーム 2553 を内国歳入庁 (IRS) に提出する必要があります。

課税と二重課税の回避

S コーポレーションの主な利点の 1 つは、二重課税の回避です。法人と株主が別々に課税される C 社とは異なり、S 社はその所得を株主に渡し、株主はそれを個人の納税申告書で報告します。このパススルー課税は、利益が法人レベルと株主レベルの両方で課税される C Corp に関連する二重課税を回避するのに役立ちます。

制限と制限

S Corp には、保有できる株主の種類の制限など、特定の制限があります。たとえば、非居住外国人、他の法人、および特定の種類の信託は株主になることができません。 S Corp の株主数も最大 100 名に制限されており、株式の種類は XNUMX つだけです。これらの制限は、ビジネスの所有権と投資機会の柔軟性に影響を与える可能性があります。

柔軟性と中小企業の好み

制限があるにもかかわらず、S コーポレーションは税制上の優遇措置と簡素化された構造により中小企業の間で人気があります。多くの起業家や中小企業経営者は、特に C コーポレーションのより複雑な構造と比較した場合、パススルー課税と限られた手続きにより、S コーポレーションが魅力的な選択肢であると感じています。

株式会社
 

C社とは?

C Corp と呼ばれる AC Corporation は、所有者 (株主) とは別個の事業体として扱われるビジネスの法的構造です。この企業構造は、その独特の課税と所有権の特徴により独特です。

C コーポレーションの主な特徴

  1. 有限責任: 株主は有限責任を享受します。これは、株主の個人資産が会社の債務や負債から保護されることを意味します。
  2. 独立した法人: AC Corpは独立した法人とみなされ、所有者から独立して契約を締結し、資産を所有し、負債を負うことができます。
  3. 永遠の存在: 企業は株主から独立して存在しており、所有権の変更や株主の死亡は企業の継続性に影響を与えません。
  4. 二重課税: 注目すべき特徴の 1 つは二重課税です。 C法人は利益に対して法人税が課され、株主は受け取った配当に対して課税されるため、法人レベルと個人レベルの両方で課税されます。
  5. 資金調達の容易さ: C コープには複数の種類の株式を発行できるという利点があり、投資家を惹きつけて資金調達を容易にします。
  6. 複雑さとコンプライアンス: この構造には、年次会議、正式な記録管理、州規制の遵守など、より複雑な法的および管理上の要件が含まれます。
  7. 所有権の柔軟性: C Corp は無制限の数の株主を持つことができ、株式の売買を通じて所有権を簡単に譲渡できます。
  8. 投資家にとっての魅力: この企業構造は株式投資に明確な枠組みを提供するため、ベンチャーキャピタリストや機関投資家に好まれています。
  9. 従業員給付: C Corps は、ストックオプションや退職金制度などのさまざまな福利厚生を従業員に提供できるため、人材を惹きつけて維持する上で魅力的です。
  10. コーポレートガバナンス: C Corp は、重要な意思決定を監督する取締役会を備えた構造化されたコーポレートガバナンスシステムを備えており、意思決定のための正式な構造を提供しています。
Cコープ

S CorpとC Corpの主な違い

  • 課税:
    • C社: 二重課税の対象となり、利益は法人レベルと株主レベルの両方で課税されます。
    • S社: 利益と損失が株主に伝わり、二重課税を回避するパススルー課税。
  • 所有権の制限:
    • C社: 所有権に制限がないため、さまざまな種類の株式や外国人株主が受け入れられます。
    • S社: 所有権の制限。株主は米国国民または米国居住者である必要があり、外国人所有者は禁止されています。
  • 納税申告:
    • C社: 独自の納税申告書 (Form 1120) を提出し、法人税を支払います。
    • S社: 利益と損失を株主に伝え、株主はそれを個人の納税申告書 (Form 1120S) で報告します。
  • 損益配分:
    • C社: 利益と損失は、配当として分配されるまで企業内に残ります。
    • S社: 分配額に関係なく、毎年利益と損失を株主に還元します。
  • 柔軟性:
    • C社: 所有権の構造がより柔軟になるため、大企業や多様な所有権構造を求める企業にとって魅力的になります。
    • S社: シンプルさとパススルー課税のため、通常は中小企業に好まれます。
  • 永遠の存在:
    • C社: 所有権の変更や株主の死亡の影響を受けず、永続的に存在します。
    • S社: 会社は限られた株主と密接に関係しているため、所有者の変更は会社の存続に影響を与える可能性があります。
  • 従業員ストックオプション:
    • C社: さまざまな種類の株式を発行できるため、従業員を惹きつけて維持するためのストック オプションの使用が容易になります。
    • S社: 株式の発行が制限されているため、従業員のストックオプション制度の柔軟性に影響を与える可能性があります。
  • ベンチャーキャピタルと投資家の魅力:
    • C社: 所有権の柔軟性と明確な株式の枠組みにより、ベンチャーキャピタリストや機関投資家にとってより魅力的です。
    • S社: 通常、家族経営または密接な関係にある株主の数が少ない企業に好まれます。
  • 手続きとコンプライアンス:
    • C社: 定期的な取締役会会議や正式な記録管理など、より複雑な法的および管理上の要件が含まれます。
    • S社: 一般に、手続きやコンプライアンス義務が簡素化されており、中小企業にとって管理しやすくなっています。
参考文献
  1. https://www.irs.gov/businesses/small-businesses-self-employed/s-corporations
また読む:  Fiverr とフリーランサー: 違いと比較

最終更新日 : 11 年 2024 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「S Corp と C Corp: 違いと比較」についての 26 件のフィードバック

  1. この記事では、S 軍団と C 軍団の両方の長所と短所を明確に強調しています。これは、ビジネスの法的および税務構造をナビゲートするすべての人にとって貴重な情報になります。

    返信
    • そうだね、アイラ。事業主にとって、S Corp と C Corp のどちらのステータスを選択するかを決定する際には、税務処理と所有権の制限を理解することが重要です。

      返信
  2. この記事では、S コープと C コープの税金と所有権の違いについて詳しく説明し、起業家やビジネス リーダーに貴重な洞察を提供します。

    返信
    • よく言った、リー。この記事は、会社の法的および税務構造について十分な情報に基づいた意思決定を行おうとしている経営者にとって有益なガイドとして役立ちます。

      返信
  3. この記事では、S Corp と C Corp のステータスの違いを明確かつ思慮深い方法で説明し、起業家やビジネス リーダーに重要な情報を提供します。

    返信
    • そうだね、パーカー・ベサニー。 S Corp と C Corp のステータスの違いを理解することは、中小企業にとっても大企業にとっても同様に重要です。

      返信
    • うまく表現しました、パーカー・ベサニー。この記事の包括的な比較は、法人税の構造を明確にしたい人にとって貴重な情報源となるでしょう。

      返信
  4. この記事では、S CorpsとC Corpsの包括的な比較を提供し、税金への影響と所有構造の概要を説明します。これは、2 つの違いを理解したい人にとって素晴らしいリソースです。

    返信
    • その通りです、モーガン。資格要件と課税の内訳は、S 軍団と C 軍団の両方の複雑さをわかりやすくするのに非常に役立ちます。

      返信
    • この記事の分かりやすさに感謝します。起業家にとって、さまざまなビジネス構造の税金への影響をよく理解することが重要です。

      返信
  5. この記事では、S コープと C コープの間の税金と所有権の違いについて非常に有益な内訳を提供し、事業主や起業家に貴重な洞察を提供します。

    返信
    • さすが、ヴィクトリア・デイビス。この記事は、適切な法人税構造の選択に関する意思決定のための包括的なガイドとして機能します。

      返信
    • この記事は税金と所有権の違いを効果的に説明しており、ビジネスオーナーが自社にどの構造が最適であるかを評価するのに役立ちます。

      返信
  6. この記事では、S 軍団と C 軍団の洞察に富んだ比較が提供され、成長と発展のさまざまな段階にある企業に貴重な情報が提供されます。

    返信
    • わかりました、フレディ・ハリス。この記事は、複雑な法人税構造に対処するビジネス リーダーにとって有益な参考資料として役立ちます。

      返信
  7. この記事では、S コープと C コープの課税と所有権の特徴を効果的に概説し、あらゆる規模の企業に貴重な洞察を提供します。

    返信
    • そうだね、ゴードン20。この記事の包括的な比較は、企業構造を評価する経営者にとって非常に役立ちます。

      返信
  8. この記事の S 軍団と C 軍団の違いの内訳は非常に有益です。起業家やビジネスリーダーにとっても同様に価値のあるものとなるでしょう。

    返信
    • ズントさん、これには同意できませんでした。この記事では、S Corp と C Corp の両方のステータスに伴う税金と所有権に関する考慮事項について明確に理解します。

      返信
    • この記事に記載されている詳細な比較は、ビジネスの課税と所有権の複雑さを乗り越える人々にとって非常に貴重なリソースになります。

      返信
  9. この記事で説明する税金への影響と所有権の制限は、事業主が企業構造について決定を下すための強力な基盤となります。

    返信
    • 私はこれ以上同意することはできません、クパーマー。起業家がビジネスを立ち上げる際には、これらの違いを深く理解することが重要です。

      返信
    • この記事では、S コープと C コープの対照的な特徴を効果的に強調し、さまざまな種類のビジネスに対するそれぞれの適合性を明らかにします。

      返信
  10. この記事の明快さと徹底的さは賞賛に値します。法人税と所有権構造の複雑さを乗り越えるすべての人にとって、必読の書です。

    返信
    • 私も同感です、ミスターバートソン。この記事では、S コープと C コープの違いを包括的に説明し、起業家が情報に基づいた選択を行えるようにしています。

      返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!