有形資産と無形資産: 違いと比較

資産という用語は、ビジネスによって所有または管理されているリソースまたは経済エンティティを指します。 それは、正の経済価値を生み出すことができるものすべてです。

企業の貸借対照表には、企業が所有する資産が金額で記載されます。 資産を計算する際に、個人または企業のお金やその他の貴重品を対象にすることができます。

資産は企業が収益を生み出すのに役立つため、資産を持つことは非常に重要です。 さらに、資産はビジネスの価値を高めます。 ビジネスをよりスムーズに進めることができます。 企業の資産は有形と無形に分類できます。

主要な取り組み

  1. 有形資産とは、建物、設備、在庫などの物理的なリソースであり、見て、触れて、定量化できる価値があります。
  2. 無形資産には、知的財産、ブランド価値、のれんなどの非物理的資源が含まれます。これらは重要な価値を保持しますが、有形ではありません。
  3. 有形資産は時間の経過とともに減価償却しますが、無形資産は市場の状況や経営判断に応じて増価または減価償却することができます。

有形資産と無形資産

有形資産とは、不動産、設備、在庫など、触れることができ、物理的な形を持つ物理的な資産です。 無形資産とは、扱うことはできないが、価値があり、収入を生み出すことができる非物理的な資産であり、例としては、特許、商標、著作権、営業権などが挙げられます。

有形資産と無形資産

物理的な形と有限の金銭的価値を持つ資産は、有形資産として知られています。 市場によって流動性は異なりますが、有形資産は常に何らかの金銭的価値で取引できます。

有形資産は、企業の価値を決定するのに役立つため、最も重要です。

無形資産は、物理的に存在しないが、ビジネスにとって長期的な価値を持つリソースです。 企業の評判と著作権は無形資産とみなされます。

企業はそれらを使用して、機器などの破壊された有形資産を買い戻すことができます。また、企業は唯一の法的権利または知的権利を所有しているため、価値があります。

また読む:  価値提案と位置付けステートメント: 違いと比較

比較表

比較のパラメータ有形資産無形資産
定義有形資産には、物理​​的な形と有限の金銭的価値があります。無形資産は、物理的な存在のないリソースです。
計算のしやすさ寿命が限られているため、計算が容易になります。主観的な性質のため、計算が困難です。
不滅物理的な資産として、それらは自然災害によって損傷を受ける可能性があります。 
それらは非物理的な資産であるため、自然災害の影響を受けません。
価値有形資産は、企業の現在の価値を決定します。 無形資産は、企業の長期的な価値を高めます。
土地、車両、設備、機械、家具、在庫、株式、債券、および現金。認識、会社の評判、著作権、商標、特許、フランチャイズ、知的財産、ドメイン、ライセンス契約、リース契約、クライアントとの関係。

有形資産とは何ですか?

有形資産とは、有限の金銭的価値を持ち、物理的な形を見つけることができる資産です。 一般に、有形資産は常に何らかの金銭的価値で取引できます。 有形資産には、理論上の価値ではなく取引価値があります。

有形資産は貸借対照表の大部分を占めます。 ほとんどの業界はこれらの資産に大きく依存する傾向があります。 さらに、これらの資産の価値は簡単に判断できます。

有形資産とは、有限または離散的な価値を持つ資産を指し、ほとんどの場合、物理的なコンポーネントを指します。 貸借対照表を調べると、流動性ごとに有形資産の内訳がわかります。

貸借対照表上の資産には、次の XNUMX つのカテゴリがあります。 現在の資産 そして長期資産。 XNUMX年以内に換金できる資産を流動資産といいます。

XNUMX年以内に換金できない資産は長期保有とみなされます。 資産の種類に関係なく、企業が収益を生み出すという主な目標を達成するためには、資産を持つことが重要です。

無形資産とは何ですか?

名前が示すように、無形資産には物理的な存在がありません。 無形資産には、のれん、ブランド認知度、特許、商標、著作権、およびその他の知的財産が含まれます。 無形資産は、企業によって作成されるだけでなく、取得される可能性があります。

企業の無形資産は貸借対照表に記録されず、 帳簿価格。したがって、企業が買収される場合、買収価格はその資産の簿価よりも高くなります。

また読む:  Best Buy vs Circuit City: 違いと比較

支払われた保険料は、保険料を購入した企業の貸借対照表に無形資産として記録されます。

無形資産は、固定資産と不定資産の XNUMX つのカテゴリに分類できます。 ブランド名などの無形資産は、会社が運営されている限り存続するため、無期限と見なされます。

明確な無形資産とは、契約を延長する予定のない、他社の特許を使用する契約のことです。 その結果、契約には有効期間が限られており、固定資産として分類されます。

工場や設備のように明白な物理的価値はないかもしれませんが、それでも無形資産は企業の長期的な成功の重要な部分である可能性があります。

有形資産と無形資産の主な違い

  1. 有形資産には物理的な形態 (現金、工場など) がありますが、無形資産には非物理的な形態 (特許、著作権など) があります。
  2. 有形資産は明確な価値があるため計算が簡単ですが、無形資産はその価値が主観的なため計算が困難です。
  3. 貸借対照表では、有形資産は報告されますが、無形資産は報告されません。
  4. 企業の有形資産は自然災害で失われますが、無形資産は失われません。
  5. 企業の有形資産はその現在価値を決定し、企業の無形資産は企業の価値を決定します。 将来価値.
有形資産と無形資産の違い
参考文献
  1. https://www.emerald.com/insight/content/doi/10.1108/14691930810845777/full/html?fullSc=1&mbSc=1
  2. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0263237312001107

最終更新日 : 13 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「有形資産と無形資産: 違いと比較」についての 7 件のフィードバック

    • この記事が有益であると感じていただければ幸いです。資産の概念を包括的に理解することが不可欠です。

      返信
  1. 資産管理は持続可能なビジネス成長の鍵であり、この投稿では中心となる概念を非常に効果的に取り上げています。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!