インパルスタービンとリアクションタービン: 違いと比較

主要な取り組み

  1. 衝動タービンは、水または蒸気から機械エネルギーを生成するために使用される水力タービンです。
  2. 反応タービンは、流体の位置エネルギーを機械的仕事に変換するために使用される水力タービンの一種です。
  3. 衝動タービンはタービンの出口で大気圧で動作しますが、反応タービンは流体がローターを通って流れるときに比較的一定の圧力を維持します。

インパルスタービンとは何ですか?

インパルスタービンは、水または蒸気から機械エネルギーを生成する水力タービンです。これらは、高速流体ジェットからの運動エネルギーを機械的仕事に変換して動作します。これらは水力発電所や発電用の蒸気タービンで一般的に使用されています。

衝動タービンは、高速、高圧の流体の流れを処理できるように設計されており、水頭の高い用途に適しています。衝動タービンの主な構成要素には、一組の固定ノズルまたはガイドベーンと、一組の回転ブレードまたはバケットが含まれます。

衝動タービンの際立った特徴の 1 つは、タービンの出口で大気圧で動作することです。高圧の水または蒸気が一連のノズルを通して送られることで、流体の速度が増加し、圧力が低下します。

反応タービンとは何ですか?

反応タービンは、流体の位置エネルギーを機械的仕事に変換するために使用される水力タービンの一種です。これらのタービンは、一般に低落差の用途に使用され、水力発電所では不可欠なコンポーネントです。

また読む:  エバーグレーズ vs スワンプ: 違いと比較

反応タービンは、流体がタービンを通過するときに比較的一定の圧力で作動するように設計されています。これらのタービンは、ケーシングで囲まれた密閉ランナー設計が特徴です。

反応タービンの主な利点の 1 つは、幅広い揚程および流量条件のアプリケーションで動作できることです。反応タービンの効率は、ランナーブレードの設計、鋳物の形状、流体の流量などの要因によって影響されます。

衝動タービンと反動タービンの違い

  1. 衝動タービンは、高速流体ジェットの運動エネルギーを機械エネルギーに変換する原理に基づいて動作します。対照的に、反応タービンは流体の圧力と流量に反応して動作します。
  2. 衝動タービンはタービンの出口で大気圧で動作しますが、反応タービンは流体がローターを通って流れるときに比較的一定の圧力を維持します。
  3. 衝動タービンはケーシングに囲まれていないブレードを備えたオープンランナーを備えていますが、反動タービンはケーシングに囲まれたランナーを保持しています。
  4. インパルスタービンランナーは、流体を特定の方向に導く、平らなブレードまたはわずかに湾曲したブレードを備えています。対照的に、リアクション タービン ランナーには、流体の流れを最適化し、そこからエネルギーを抽出するように設計された湾曲したブレードが付いています。
  5. 衝動タービンは、流体がブレードに衝突する前にノズルを使用して流体の速度を高めます。対照的に、反応タービンは流体がランナーブレード上を流れる際にその運動量を変化させることによって作動するため、流体を加速するためにノズルに依存しません。

衝動タービンと反動タービンの比較

計測パラメータインパルスタービン反応タービン
動作原理高速流体ジェットの運動エネルギーを機械エネルギーに変換する流体の圧力と流れに反応して動作します
圧力変動タービン出口では大気圧で動作流体がローターを通過する際に一定の圧力を維持します。
ランナーのデザインケーシングに囲まれていないブレードを備えたオープンランナーケーシングに囲まれた密閉ランナー
ランナー形状流体を特定の方向に導く、平坦またはわずかに湾曲したブレード流体の流れを最適化するように設計された湾曲したブレードを備えています
ノズルの使用流体の速度を上げるには流体を加速するためにノズルに頼らないでください
参考文献
  1. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S096014812030968X
  2. https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/0038092X58900471
また読む:  ICD とペースメーカー: 違いと比較

最終更新日 : 07 年 2024 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!