キャッシュフロー計算書とは何ですか? |定義、コンポーネント、長所と短所

キャッシュフロー計算書またはキャッシュフロー計算書は、財務会計の重要なツールです。企業の財政状態を分析するために、損益計算書および貸借対照表とともに使用されます。ただし、クレジットフロントで将来の出金と入金を記録しないため、両方とは異なります。

 これは、企業が受け取って使用する現金および現金同等物の金額をカプセル化します。会社の収入として入る現金は現金流入と呼ばれ、費用として会社を出る現金は現金流出と呼ばれます。

 その上、それは企業の現金管理システムを評価します。言い換えれば、企業が運用コストを賄い、債務を返済するための資本をどれだけうまく生み出すことができるかを評価します。

キャッシュフロー計算書の構成要素

キャッシュフロー計算書は、主に以下で構成されています。

1.営業活動による現金

これは、キャッシュフロー計算書の最初のセクションを構成し、企業の活動から生み出されるさまざまな資金源を含みます。

これらの業務には、利息の支払い、所得税の支払い、製品およびサービスの販売から受け取った現金、生産関連の商品およびサービスへの支出、従業員の給与、家賃、および会社の業務に関連するその他の費用が含まれる場合があります。

企業が投資会社である場合、キャッシュフロー計算書には、エクイティまたはデット商品およびローンの売却も含まれる場合があります。

2.投資活動からの現金

これは、キャッシュフロー計算書の2番目のセクションを構成し、企業の投資から生成されたさまざまな資金源を記録します。これらのソースには、投資の利益と損失、およびプラント、資産、設備に費やされた現金が含まれます。

会計士はこのセクションを探して、設備投資に変化があるかどうかを調べます。設備投資が増加した場合、それはマイナスのキャッシュフローを意味し、キャッシュフローがプラスの場合、それは会社が多くの現金を生み出していることを意味します。

財務活動からの現金

これは、キャッシュフロー計算書の最後のセクションを構成し、財務活動のための会社の現金のさまざまなソースを構成します。これらの活動には、株主への配当金の支払い、ローンの返済、および自社株買いの支払いが含まれます。

キャッシュフロー計算書は、上記の3つの方法で会社が生み出した現金を観察するため、最も直感的な財務諸表と見なされます。キャッシュフロー計算書のこれら3つのセクションの合計は、ネットキャッシュフローと呼ばれます。さらに、これら3つのセグメントを分析することで、投資家、貸し手、および会社の取締役は、企業の株式または会社全体の価値を判断できます。

キャッシュフロー計算書の利点

キャッシュフロー計算書の重要な利点のいくつかは次のとおりです。

  1. これは、会社が流動性の状態を追跡するのに役立ちます。
  2. それはその手形を完済する会社の能力の考えを与えます。
  3. これにより、企業はキャッシュインフローとキャッシュアウトフローに基づいて将来の見積もりを作成できます。
  4. 貸し手と投資家がその構成要素から会社の株式を評価できるので、それは会社がローンを取得して投資を引き付けるのを助けます。
  5. 適切なキャッシュフロー計算書は、現金の賢明な管理を可能にします。

キャッシュフロー計算書のデメリット

直感的な財務諸表であるにもかかわらず、キャッシュフロー計算書には制限があります。

  1. キャッシュフロー計算書は、現金取引のみを記録し、非現金項目は記録しないため、会社の純利益を反映していません。
  2. 企業の財務状況は、キャッシュフロー計算書だけで評価することはできません。それは損益計算書と貸借対照表によってサポートされる必要があります。
  3. キャッシュフロー計算書の作成は、過去の価値または簿価に基づいています。したがって、将来のキャッシュフローの見積もりは提供されません。

参考文献

  1. https://go.gale.com/ps/i.do?id=GALE%7CA19369688&sid=googleScholar&v=2.1&it=r&linkaccess=abs&issn=00076813&p=AONE&sw=w
  2. https://www.emerald.com/insight/content/doi/10.1108/03074351311323455/full/html
x
2D vs 3D