C#のインターフェイスとは何ですか? |定義、コンポーネント、長所と短所

インターフェースの目的は、特定のクラスが何をするかを区別することです。インターフェイスの役割は、そのメンバーの定義です。インターフェイスはメンバー自体を実装できません。それは、継承して実装するクラスに完全に依存しています。

どのインターフェースも、メソッド、イベント、プロパティ、およびインデクサーで構成できますが、インターフェースには、その裸の署名のみを含めることができます。宣言関数はインターフェースの主要なタスクであり、実装と機能が不足しています。したがって、プロパティを継承して実装するクラスの関数の概要のみを提供します。

C#のインターフェイスのさまざまなコンポーネント

インターフェイスの概念を理解する良い方法は、それを実装能力のない抽象クラスとして想像することです。以下のポイントは、C#のインターフェイスの他の側面と機能にさらに光を当てます。

  1. 実装はインターフェースで果たす役割がないため、複数回再利用することができます。これはクラスの基礎となる一次構造または青写真であるため、さまざまな種類のコードを作成するために使用できますが、ある程度の共通性があります。
  2. 複数のインターフェースを実装することにより、一度に多数のクラスからの継承をサポートしないC#の問題を効果的に回避できます。
  3. インターフェイスは、クラスが実行できることを指示するため、通常は常に完全に実装されます。また、同じインターフェイスから継承するクラスをグループ化するための優れた方法でもあります。このインターフェースは、異なるクラスのオブジェクトとメソッド間の通信を可能にするのにも効果的です。
  4. クラスの動作やその定義と機能の変更は、インターフェイスのおかげでよりシンプルで簡単になります。
  5. インターフェイスには必然的にメソッドのみが含まれます。これは常に、パブリックアクセスの修飾子によって定義されます。

C#のインターフェイスの利点

  1. インターフェイスは、再利用性とクラスの個別のコンポーネントの定義により、コードのグループ化と並べ替えをより簡単なタスクにします。また、将来のクラス定義の変更に対応するのに十分な柔軟性もあります。
  2. したがって、従属クラスオブジェクト間の関係を解明および調査するためにも使用できます。同時に、あるクラスの別のクラスへの依存を減らします。
  3. C#のインターフェイスの基本的な特性により、多重継承の実装とアプリケーションの緩い結合が可能です。
  4. この1つの重要な利点により、プログラマーがクラスを抽象化することが望ましい場合がよくあります。クラスは複数の抽象クラスを継承できませんが、インターフェイスの場合は継承できます。

C#のインターフェイスのデメリット

  1. 一度に複数のインターフェースを実装すると、メンバーの競合などのエラーが発生する可能性があります。プログラマーは、クラスによるすべてのメソッドの実装が複雑になるため、インターフェースにはあまり多くのメソッドがないことにも留意する必要があります。
  2. インターフェイスは、クラスのセットの共通要素を定義するためにのみ使用でき、いくつかに固有の詳細を含めるように変更することはできません。詳細は、問題のすべてのクラスによって実装されます。

参考文献

  1. https://www.scientific.net/AMR.622-623.1929
  2. https://dl.acm.org/doi/book/10.5555/1162257
x
2D vs 3D