鳥インフルエンザと豚インフルエンザ: 違いと比較

伝染病は現代のがんです。 人から人への感染症だけでなく、伝染病は他の生物によっても引き起こされる可能性があります。

そのような伝染病の XNUMX つは、鳥インフルエンザと豚インフルエンザです。 この XNUMX つの病気が人間に影響を与えることはめったにありませんが、動物や鳥類では最も一般的な病気の XNUMX つです。

主要な取り組み

  1. 鳥インフルエンザは主に鳥に感染するウイルスによって引き起こされますが、豚インフルエンザは主に豚に感染するウイルスによって引き起こされます。
  2. 鳥インフルエンザは、豚インフルエンザよりも伝染性が低く、致死率が最大 60% であり、豚インフルエンザは伝染性が高いですが、致死率は 1% 未満です。
  3. 鳥インフルエンザは主に感染した鳥との接触によって広がりますが、豚インフルエンザは豚から人へ、また人から人へと感染します。

鳥インフルエンザと豚インフルエンザ

鳥との違い インフルエンザ 豚インフルエンザは、鳥インフルエンザが感染した鳥を介して人間に伝染するのに対し、豚インフルエンザは感染した動物、特に豚を介して人間に伝染します。 どちらの病気も人に感染することはめったにありませんが、感染すると重篤な症状を引き起こす可能性があります。

鳥インフルエンザと豚インフルエンザ

鳥インフルエンザは、ほとんどの野鳥が感染する病気ですが、人や動物に感染する形態もあります。 鳥インフルエンザの最も一般的な型は H5N1 型です。

移動する水鳥とカモは、鳥インフルエンザウイルスの自然なキャリアです。 鳥インフルエンザは、感染した鳥やその汚染された表面との直接接触によっても人に影響を与えます。

豚インフルエンザは、主に豚に感染し、他の動物に感染することはめったにない呼吸器感染症ですが、人間にもさまざまな通常のインフルエンザ様症状を引き起こすことが知られています。

H1N1 ウイルスがこの病気を引き起こします。 豚インフルエンザは、豚との最初の接触の後、人から人へと容易に広がります。

比較表

比較のパラメータ鳥インフルエンザ豚インフルエンザ
ウイルスH5N1ウイルスが原因です。H1N1ウイルスが原因です。
目的鳥、空中飛沫、排泄物との直接接触。すでに人間に感染している豚との直接接触。
防止衛生状態を良好にし、屋外の養鶏場を避け、加熱が不十分な卵や肉を食べないようにします。インフルエンザワクチン、抗ウイルス薬、衛生状態など
症状咳、下痢、発熱、頭痛など鼻水、涙目、咳、発熱など
治療オセルタミビル、ザナミビルなどの抗ウイルス薬抗ウイルス薬、うっ血除去薬、鎮痛薬など

鳥インフルエンザとは?

鳥インフルエンザは、正式には鳥インフルエンザとして知られています。 歴史的に、鳥インフルエンザの症例は 1878 年に発生し、その後、鶏ペストとして知られていました。 この病気の人への感染は、1997 年に初めて目撃されました。

また読む:  ジェミネーションとフュージョン: 違いと比較

鳥インフルエンザウイルスには多くの種類がありますが、H5N1、H7N3、H7N7、H7N9、および H9N2 を含むこれらのウイルスのうち、人間に感染することが知られているのは 5 つだけです。 最も一般的な鳥インフルエンザの原因ウイルスは H1NXNUMX です。

鳥インフルエンザの人への感染は、感染した鳥、汚染された地域、空気の飛沫などとの物理的接触の結果です。

ほとんどの鳥はこの病気に軽度の感染がありますが、ニワトリや七面鳥などの家禽に伝染すると、非常に致命的になる可能性があります.

人から人への感染は、まれなケースしか含まれていません。 鳥インフルエンザは、衛生状態が悪いために閉鎖された大きな養鶏場がある地域では、はるかに大きな脅威です。

人間の鳥インフルエンザの症状は、すべてのウイルスに似ています。 いくつかの一般的な症状には、咳、下痢、頭痛などがあります。この病気は人々の間でそれほど一般的ではありませんが、死傷率ははるかに高くなります.

世界保健機関によると、この病気は感染者の 60% もの命を奪っています。 さらに、鳥インフルエンザのワクチンはまだありません。

豚インフルエンザとは?

豚インフルエンザは別名 インフルエンザ。 これは、豚インフルエンザウイルス (SIV) によって引き起こされる呼吸器疾患であり、世界中の豚に共通しています。 この病気の最初の症例は 1958 年に報告されました。

症状はほとんど軽度であるため、実際の感染率はもっと高くなる可能性があります。 症状が通常のインフルエンザの症状に似ているため、症例はほとんど報告も診断もされません。

人に豚インフルエンザを引き起こす最も一般的なウイルスは H1N1 ウイルスです。

また読む:  インフルエンザと気管支炎: 違いと比較

この病気が人に直接感染することはまれです。 したがって、歴史上、重症例はわずかしかありません。 ただし、人が病気にかかると、病気はかなり急速に人から人へと広がります。

かかりやすいのは養鶏や養豚などの農業従事者です。 一般的な症状には、通常のインフルエンザと同様に、鼻水、涙目、咳、発熱などがあります。

豚インフルエンザによる死亡率はかなり低く、特定されていません。

適切な手洗い技術、衛生的な環境などにより、病気を簡単に防ぐことができます. 2009 年現在、H1N1 ワクチンが利用可能になり、それ以来、ヒトの感染率は大幅に低下しています。

一方、豚用のワクチンもありますが、100%有効ではありません。

鳥インフルエンザと豚インフルエンザの主な違い

  1. 鳥インフルエンザは鳥が原因の病気で、豚インフルエンザは豚が原因の病気です。
  2. 鳥インフルエンザは複数の臓器に広がる可能性がありますが、豚インフルエンザは呼吸器系に感染します。
  3. 鳥インフルエンザは、豚インフルエンザよりも死亡率がはるかに高い。
  4. 鳥インフルエンザは非常にゆっくりと広がりますが、豚インフルエンザはかなり急速に広がります。
  5. ない 予防接種 H1N1ワクチンは豚インフルエンザに利用できますが、鳥インフルエンザには利用できます。
鳥インフルエンザと豚インフルエンザの違い
参考文献
  1. https://royalsocietypublishing.org/doi/abs/10.1098/rstb.2018.0257
  2. https://www.bmj.com/content/338/bmj.b1791.long

最終更新日 : 11 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「鳥インフルエンザと豚インフルエンザ:違いと比較」についての 8 件のフィードバック

  1. 鳥インフルエンザと豚インフルエンザの詳細な分析により、病気の全体的な理解が促進され、その影響を軽減するための効果的な予防措置の必要性が強調されます。

    返信
  2. 鳥インフルエンザと豚インフルエンザを包括的にカバーすることで、これらの病気の性質、潜在的な脅威、強力な予防戦略の重要性について貴重な洞察が得られます。

    返信
  3. 鳥インフルエンザと豚インフルエンザの起源、症状、伝染に関する詳細な説明は非常に有益であり、これらの病気をより深く理解するのに役立ちます。

    返信
  4. この記事では、国民の意識向上と疾病管理に不可欠な、鳥インフルエンザと豚インフルエンザの感染経路、症状、予防策について明確に説明しています。

    返信
  5. 比較表は、原因となるウイルス、症状、予防策など、鳥インフルエンザと豚インフルエンザの基本的な違いを示しています。

    返信
  6. この記事は、鳥インフルエンザと豚インフルエンザを効果的に区別し、疾病管理戦略にとって重要な伝播、症状、重症度の違いを強調しています。

    返信
  7. 参考セクションでは、記事に示されている情報の信頼性が提供され、読者がトピックをさらに詳しく調べ、これらの疾患について包括的に理解できるようになります。

    返信
  8. 鳥インフルエンザと豚インフルエンザは非常に危険な病気であり、適切なワクチンがないため、その脅威はさらに高くなります。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!