ハードマネーとソフトマネー: 違いと比較

ハードマネーとソフトマネーという用語は、分野によって意味が異なります。 これは一般の人々の間で混乱を引き起こします。 ハードマネーは手持ちの現金で、ソフトマネーは紙の現金であると考える人もいます。 しかし、これは間違った概念です。 混乱を解消するには、適切な知識が必要です。 簡単な調査は、XNUMX つの用語を適切に区別するのに役立ちます。

主要な取り組み

  1. ハードマネーとは、候補者の選挙運動に直接行われる政治献金を指します。 対照的に、ソフトマネーとは、特定の候補者に直接結びつかない活動に対する政党への寄付を指します。
  2. ハードマネーは厳格な規制と制限の対象となりますが、ソフトマネーは制限が少なく、より自由に使用できます。
  3. ハード マネーは選挙運動に直接影響を与えますが、ソフト マネーは有権者の動員や問題の擁護などの活動に使用できます。

ハードマネー vs ソフトマネー

ハードマネーとソフトマネーの違いは、ハードマネーが特定のパーソナリティへの直接的な貢献として定義されていることです。 ソフトマネーは、政治組織への間接的な寄付と定義されています。 本当の違いは、貢献の種類にあります。

ハードマネー vs ソフトマネー

ハードマネーは、特定の目的のために生成された資金です。 ここでは、個人がお金を政治団体に寄付します。 ソフトマネーとは異なり、連邦委員会によってお金を使う制限が設定されています。 不動産購入の際のローンとしても利用されています。 それらは長期ローンの好ましいオプションですが、金利は比較的高くなります。

一方、ソフトマネーは特定の用途のために生成されるものではありません。 また、ハードマネーに比べて一般的ではありません。 それらは非資産ベースのファンドです。 ただし、差し入れられた資産は、デフォルトで担保として保持されます。 彼らは基本的に短期ローンに好まれます。 ただし、閉鎖中に多くの事務処理が含まれます。

比較表

比較のパラメータハードマネーソフトマネー
要件特定のニーズに必要なローンです。特に必要がない場合に必要なローンです。
金利金利は高いです。金利はハードマネーよりも比較的低いです。
書類作成閉鎖中は、事務処理の量が少なくて済みます。クロージングには多くの書類が必要ですが。
好み彼らは長期ローンの良い選択肢です。彼らは短期ローンの良い選択肢です。
キャンペーンのルールシンプルなルールと規制で柔軟です。厳格な規則と規制があります。

ハードマネーとは?

ハードマネーの為替レートは比較的強く、不安定です。 ソフトマネーよりも好まれ、より需要があります。 また、金融と市場においても安定した構造を持っています。 これにより、あらゆる種類の経済機能に対応し、信頼できるものになります。

また読む:  売掛金とは何ですか? | 定義、機能、長所と短所

政治的な言及では、ハードマネーとは、政治組織に直接寄付されるお金を意味します。 これには、リスクが低く、さまざまな更新された機能が含まれます。 取引コストも最小限です。 ハードマネーローンは、適切な価値を持つ物理的資産で構成されています。 これには、車や家が含まれます。

ソフトマネーに比べるとリスクは比較的低く、政府が好むタイプの資金です。また、学生奨学金に関する一定の取り決めやオプションもあります。これは単なる 1 回限りの助成金ではなく、確実に段階的に支払われるものです。

この種の基金には、連邦選挙管理委員会によって設定された規則と制限があります。 規則に従うことが義務付けられており、現金は政治委員会に直接寄付されます。

ソフトマネーとは?

ソフトマネーには、州の連邦法外の寄付が含まれます。 ハードマネーと同じグループをサポートしますが、異なる方法でサポートします。 一般的な活動に使用されます。 特定の条件では、候補者の選出にも役立ちます。 ただし、間接的に作業を実行します。 これは、寄付者と委員会の間のやり取りが間接的であることを意味します。

制限はありません。 したがって、任意の金額の現金を寄付できます。 ソフトマネーは、借り手にとって非常に有利な選択肢と考えられています。 ただし、すべての機能を考慮すると、最も信頼できるとは限りません。

ソフトマネーの概念は、一般に FECA として知られる連邦選挙運動法の翌年に始まりました。 金利が低いだけでなく、返済期間の延長や保険などの設備も整っています。

これらは取得が非常に簡単で、金利はハードマネーに比べてかなり低いです。主な焦点は信用源です。国家の州基準はこれらを規制しません。

また読む:  現在の利回りと表面利率: 差異と比較

ハードマネーとソフトマネーの主な違い

  1. ハードマネーとソフトマネーの主な違いは、ハードマネーが特定のパーソナリティへの直接的な貢献として定義されていることです。 対照的に、ソフトマネーはあらゆる政治委員会への間接的な貢献です。
  2. 次に、非常に重要な要素である金利について説明します。 ハードマネーは金利が高いです。 ソフトマネーの中では比較的金利が低いです。
  3. ハードマネーは、長期ローンの良い選択肢です。 ソフトマネーは、短期ローンに適したオプションです。
  4. クロージング中、ハードマネーは事務処理の量が少なくて済みます。 一方、Soft Money While Closingには多くの事務処理が必要です。
  5. Hard Money は柔軟で、シンプルなルールと規制があります。 対照的に、ソフトマネーには厳格な規則と規制があります。
ハードマネーとソフトマネーの違い
参考文献
  1. https://heinonline.org/hol-cgi-bin/get_pdf.cgi?handle=hein.journals/jleg24&section=17
  2. https://www.everycrsreport.com/files/20020315_97-91_63a195b743a7cc56726755426d587c3101d034c6.pdf

最終更新日 : 13 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「ハードマネーとソフトマネー: 違いと比較」についての 8 件のフィードバック

  1. 金融と政治の文脈におけるハードマネーとソフトマネーの詳細な説明により、その重要性と実際的な意味が明らかになります。このトピックの微妙な理解を求めている人にとっては有益な読み物です。

    返信
  2. ハードマネーとソフトマネーの特徴とその固有の違いを詳細に説明することで、政治資金のメカニズムについての読者の理解を深めることができます。明確な参考文献を含めることで、その信頼性が高まります。

    返信
  3. この比較表は、ハード マネーとソフト マネーの違いを簡潔にまとめたもので、要件、金利、事務処理、ルールの主な違いを簡単に特定できるようにしています。

    返信
  4. この記事では、ハード マネーとソフト マネーの実際の適用と法的枠組みを含めて、ハード マネーとソフト マネーについて包括的に理解を示します。このトピックをさらに詳しく調べるための貴重な参考資料を提供します。

    返信
  5. この記事では、政治献金におけるハードマネーとソフトマネーの違いについて明確に説明しています。これは、両方のタイプの資金の用途と影響についての貴重な洞察を提供します。

    返信
  6. 記事で概説されているソフトマネーの特徴と歴史的背景とともに、ソフトマネーに関する洞察は、政治献金と資金源におけるソフトマネーの役割の包括的な見解を示しています。

    返信
  7. この記事は、政治におけるハードマネーの詳細を効果的に掘り下げ、選挙運動への直接的な影響を強調し、その特徴と規制の明確な概要を提供しています。

    返信
  8. ハード マネーとソフト マネーの主な違いの説明では、その拠出金、金利、ローンの優先順位、および規制の側面を強調しながら、構造化された比較を提供します。しっかりと構造化された分析ですね。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!