5w40 vs 15w40: 違いと比較

エンジンオイルは、エンジンがスムーズに作動するために最も重要な要素の一つです。

しかし、オイルには非常に多くの種類があるため、ドライバーは時々誤解され、エンジンにとって理想的ではないオイルを使用してしまい、長期的には重大な問題を引き起こす可能性があります。

主要な取り組み

  1. 5W40は粘度が低いため、15W40よりも寒冷地に適しています。
  2. 15W40 は、5W40 よりも走行距離が長く摩耗している古いエンジンに適しています。
  3. 両方の指定の数値は、低温および高温でのオイルの粘度を示します。

5w40 vs 15w40

5W40 は粘度定格が低いため、5 度までの寒冷な気候に適しています。15W40 は 15 度までの温暖な気候に適しています。5W40 は 15W40 よりも粘度定格が低いため、低温でも容易に流れ、寒冷な気候に適しています。

5w40 vs 15w40

5w40は、成分の「W」の文字が示すように季節を問わず使用できるマルチグレードオイルで、15w40よりも適用範囲が広いオイルです。

オイルの保護特性は、「30」パラメーターで示されるように -22 °C (-40 °F) から +104 °C (5 °F) の間、および +40 °C (104 °F) の間で維持されます。 「40」パラメータに記載されています。

15w40 クラスのオイル粘度は、主に予想される周囲温度、特に開始温度によって決まります。

問題のオイルは、名前に「W」の文字があるため、従来の分類システムを使用して分類されます(SAE)。 どちらのオイルもマルチグレードで、夏と冬の両方で使用できます。

比較表

比較のパラメータ5w4015w40
利点不純物の除去が良好なため、エンジンにデポジットがほとんど発生しません。どこでも使用できます。
温度範囲-30 °C または -22 °F および +40 °C または 104 °F-20 °C または -4 °F および +40 °C または 104 °F
使用範囲広い狭い
エンジンの特異性6000マイル以上のエンジンどこでも使用できます。
好ましい気候条件コー​​ルド暖かい

5w40とは何ですか?

5w40はマルチグレードオイルなので、配合の「W」の文字が示すように季節を問わず使用でき、15w40よりも応用範囲が広いです。

また読む:  満月と新月: 違いと比較

オイルは、-30 °C (-22 °F) と +40 °C (104 °F) (「5」パラメーターで示される) の間で保護特性を維持することができ、+40 °C (104 °F) 、「40」パラメーターで示されるように。

徹底した不純物除去によりエンジンへのデポジットの発生がほとんどありません。 保護特性をより長期間維持することで、エンジンを摩耗から保護します。

15w40 よりも寒い環境、特にエンジン始動時にパフォーマンスが向上します。 耐熱性に優れているので、アグレッシブなドライビングスタイルや過酷な状況にも対応します。

この5w40エンジンオイルは15000kmおよび9000マイルごとに交換する必要があります。 5W40 オイルは、使用温度範囲が広いオールシーズン オイルであるため、年間走行距離が同等の車にとってはほとんどのオイルよりも優れています。

15w40よりも高価です。 あまり磨耗していないエンジンに適しています。 いくつかのエンジン メーカーは、自社の車両に 5w40 を使用することに反対しています。

5w40

15w40とは何ですか?

オイルの粘度クラスは、主に予測される周囲温度、特に開始温度に基づいて推奨されます。

名前に文字「W」が含まれているため、問題のオイルは標準分類 (SAE) を使用して分類されています。 どちらも夏にも冬にも使えるマルチグレードオイルです。

その結果、パラメーター 15、W、および 40 は、SAE 規格に従って次の意味を持ちます。

このタイプのオイルが利点を維持できる低温粘度は、数値 15 で示されます。15w40 の耐寒性はおよそ -20 °C または -4 °F です。 40番はその逆です。

製品の説明によると、15W40 は +40 °C (104 °F) まで保護特性を維持します。 文字 W は、オールシーズン使用を意味します。これは、潤滑剤が寒冷環境と暖温環境の両方で使用できることを意味します。

このタイプのオイルは、エンジンをより良く保護し、腐食作用を防ぎ、スラッジの除去を促進するため、摩耗したエンジンを搭載した自動車に最適です。

また読む:  サルとキツネザル: 違いと比較

このように摩耗度が高いため、内燃エンジンの燃料使用量がより経済的になります。 石油の生産コストは安くなります。 暑い気候でのエンジンに適しています。

より激しい運転スタイルや困難な条件下で運転している場合、粘度は失われます。

15w40 オイルは、-20 °C または華氏 -4 °C を下回るとその特性が失われるため、低温では理想的ではありません。 一部のメーカーは、エンジンにオイルを使用しないことを推奨しています。

交換間隔は 5000 キロメートル (3000 マイル) 未満をお勧めします。

15w40

5w40 と 15w40 の主な違い

  1. -20 °C または -4 °F と +40 °C または 104 °F の間の温度は 15w40 に適していますが、-30 °C または -22 °F と +40 °C または 104 °F の間の温度は 5w40 に適しています。 .
  2. 暑い地域では 15w40 が適しており、寒い地域では 5w40 が適しています。
  3. さらに、15w40 は 5w40 よりもエンジンを保護するため、60.000 マイルを超えるエンジンで一般的に使用されます。
  4. 5w40は15w40に比べて幅広い車種に対応。
  5. 5w40はエンジンに付着しにくい洗浄性があるのに対し、15w40は使い続けてエンジンが消耗した車に向いているというメリットがあります。
5w40 と 15w40 の違い
参考文献
  1. https://www.koreascience.or.kr/article/JAKO200818259611390.page
  2. https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0301679X11002106

最終更新日 : 06 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「6w5 vs 40w15: 違いと比較」についての40件のフィードバック

  1. この記事では、5w40 と 15w40 の違いについて詳しく説明しているので、自分の車に最適なエンジン オイルを簡単に選択できます。

    返信
  2. 5w40 エンジンオイルのコストに関する著者の議論は説得力がありません。エンジンの保護に関しては、コストが決定要因であってはなりません。

    返信
  3. この記事は非常に有益で、エンジンオイルについて私が抱いていた疑問がすべて解決されました。ありがとう!

    返信
  4. 私は、5w40 オイルの交換間隔に関する著者の見解に同意しません。研究によると、ここで提案されているよりも長く続く可能性があります。

    返信
  5. 5w40オイルと15w40オイルの説明がとても分かりやすかったです。どのタイプのオイルが自分のエンジンに最適であるかを理解するのに役立ちました。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!