頭韻と子音: 違いと比較

頭韻と協和音は XNUMX つの文学的な装置です。 ワークピース内のフレーズや単語を強調するために使用されます。

どちらも、近くにある単語の子音の繰り返しを利用します。 著者はまた、自分の文章をより興味深く魅力的なものにするためにそれらを使用します。

子音の繰り返しを扱うため、XNUMXつはほとんど似ていますが。

主要な取り組み

  1. 頭韻律は、言葉の始まりに近い子音の繰り返しを含む文学的な装置です。
  2. コンソナンスも同様のデバイスですが、近くの単語内の任意の位置に繰り返される子音を含みます。
  3. 頭韻と子音の両方を使用して、詩や散文でリズム、音楽性、および強調を作成します。

頭韻と子音

頭韻は読者を楽しませるために創造的な文章で使用され、文内の各単語の先頭で同じ子音を繰り返します。 子音は小説で使用される派手なツールで、文中の単語の最後にある子音の繰り返しが含まれており、読者を楽しませます。

頭韻 vs 協和音

頭韻とは、XNUMX つ以上の隣接する単語または音節で繰り返される子音です。 通常、繰り返される音は、「セブン・シスターズ」のように最初の音または最初の音です。

子音は、単語のグループ内で同じ子音が複数回繰り返される文学的な手段であり、子音は具体的には非母音です。

比較表

比較パラメータ頭韻調和
定義単語の強勢部分で繰り返しが発生する子音の特殊なケースは頭韻律と呼ばれます。隣接または密接に接続された単語の子音単語の繰り返しは、子音と呼ばれます。
接続子音の特殊なケースです。これは、頭韻律が該当する主要なカテゴリです。
子音単語の強勢部分に子音が現れる。子音は単語のどこにでも現れます。
頭韻の音は、母音または子音の場合があります。協和音は子音のみです。
心地よい風が吹き、白い泡が飛び、溝は自由に続き、私たちは最初に静かな海に飛び込みました。 魔女の願いは女性を不安にさせました。終わったらすべて良し。
サムという名前の哺乳類はすべてベトベトです。

頭韻とは何ですか?

頭韻とは、単語グループの XNUMX つ以上の強調された音節の始まりで、同じ子音または音節ごとに異なる母音のいずれかで始まります。

また読む:  ヒンディー語とベンガル語: 違いと比較

頭韻は主に 音を繰り返すことで注意を引き、より聴覚的なリズムを生み出すことができます。 頭韻は、「アルファベットの文字」を意味するラテン語の「Latira」に由来しています。

これは、音楽的な効果を生み出し、文章に流れと美しさを与えるため、文学的によく使用される手段です。 早口言葉では頭韻が使われることもあります。

例:

  1. 大きな黒い虫が大きな黒い犬を噛み、大きな黒い犬は血を流しました。

コンソナンスとは?

子音は、文中の XNUMX つ以上の単語の末尾に類似または同一の子音の繰り返しを適用する体系的な文学的装置として定義できます。

これは、特に韻律において、周波数と近くにある似た音の子音の繰り返しとの関係により、調和した音符の組み合わせです。

例:

  1. 終わったらすべて良し。

頭韻と子音の主な違い

  1. 頭韻は、単語の先頭の強調部分で子音を繰り返す文学的な手段です。 一方、子音は子音の繰り返しを利用するという点で頭韻に似ています。 ただし、一致して、この繰り返しは、文内の密接に関連した次の単語の終わりに発生します。
  2. 頭韻の子音は単語の先頭や強調部分に現れます。 同時に、強調された単語の終わりを強調して、子音の協和音が繰り返されます。
  3. 頭韻の例:
  1. 「心地よい風が吹き、白い泡が飛び、溝は自由に続いた。 私たちは、その静かな海に史上初めて突入したのです。」 – サミュエル・テイラー・コールリッジの「古代船員の霧氷」。
また読む:  フィクションと文学: 違いと比較

            協和音の例:

  1. 「そして、この乙女は他の誰とも一緒に住んでいませんでした。 考え 私を愛し、愛されるよりも。」 ・エドガー・アラン・ポーの「アナベル・リー」
参考文献
  1. https://www.jstor.org/stable/40916957
  2. https://link.springer.com/chapter/10.1057/9780230305878_15
  3. https://www.journals.uchicago.edu/doi/pdfplus/10.1086/366084

最終更新日 : 11 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「頭韻と子音: 違いと比較」についての 24 件のフィードバック

  1. 著者は、高度な知的議論を維持しながら、頭韻と子音の概念を読者にわかりやすくするという素晴らしい仕事をしました。

    返信
  2. この記事が頭韻と子音の歴史と起源の側面を掘り下げ、議論に深みを与えていることに感謝します。

    返信
  3. この記事は、文学における頭韻と子音の本質を効果的に捉えており、その重要性について貴重な洞察を提供します。

    返信
  4. 頭韻と子音の説明は明確ですが、提供されている例は実際にそれらを生き生きとさせます。印象的な記事!

    返信
  5. この記事は教育的かつ魅力的であり、文学分析に興味がある人にとって優れたリソースとなっています。

    返信
    • 私も同感です。この表を使用すると、これらの文学的工夫のニュアンスを理解しやすくなります。

      返信
  6. 頭韻と子音は文学における重要なツールであり、この記事ではその定義と使用法について詳しく説明します。

    返信
    • この記事は頭韻と子音の違いを効果的に強調しており、教育的で有益なものとなっています。

      返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!