人工木材と無垢材: 違いと比較

自然はこの世界で最も美しい創造物の XNUMX つです。母なる自然の影の中にさまざまな種類の植物や動物が生息しています。 人間は自然が提供するすべての資源を最大限に活用し、薬を作り、家を建て、自然が提供する資源で家族を養っています。

私たちが自然から得る最も有益な資源の XNUMX つは木材です。木材は、家、家具、さまざまな構造物、その他多くのものを作るために使用されます。 この記事では、エンジニアード ウッドとソリッド ウッドの重要性と違いについて説明し、両者を明確に理解できるようにします。

主要な取り組み

  1. 加工木材は木材やその他の材料の層で構成されていますが、無垢材は単一の連続した木材です。
  2. 加工木材は、無垢材に比べて湿気や温度変化に強く、反りや膨らみが少ないのが特長です。
  3. 無垢材は耐久性が高く、何度でも再仕上げできますが、人工木材は再仕上げの選択肢が限られています。

エンジニアリングウッド vs 無垢材

エンジニアリングウッドは、複数のベニヤ板を接着して強く安定した板を形成することでできています。 それはより手頃な価格で耐久性があります。 無垢材は完全に一枚の木から作られています。 より高品質であると考えられており、何度も再仕上げすることができます。

エンジニアリングウッド vs 無垢材

加工木材の厚板は、木材の製造に使用されるのと同じ木材材料から作成されますが、バインダーなどの補助材が追加されています。 この種の木材は、製材廃材から作られ、自然環境では発見が困難なサイズ基準に適合する木材を作成するために、化学的に変更または加熱されます。

エンジニアリングウッドは、住宅建築、インフラ工事、工業製品、室内装飾など、幅広いものを生み出すために使用されています。

木から直接加工された木材は無垢材として知られています。その化合物は、合板、中質繊維板、ベニヤ板などの製造に使用されます。

無垢材は木材全体に木材繊維が含まれていますが、エンジニアード ウッドは木材パルプを接着剤と一緒に使用するのとは対照的です。 無垢材には添加物や接着剤は使用されていません。 木工、建築、キャビネット、床はすべて無垢材の一般的な用途です。

比較表

比較のパラメータ人工木材ソリッドウッド
で出来ている接着剤を使用してストランド、ピース、ファイバー、ベニヤ、または細い木の板を接合することによって作られた複合物質。無垢材の木板
ソース 合板、中質繊維板、合板などメープル、チーク、オーク、レッドウッド、マホガニー
耐久性のあるローハイ
価格より手頃な価格木からの本物の木なので高価です。
湿気に強い湿気に強い耐湿性が低い

エンジニアードウッドとは?

エンジニアードウッドとは、粉砕した木材パルプ、木材粉末、接着剤、添加剤など、さまざまな要素を組み合わせて広葉樹の外観になるように製造された素材です。最終製品は木材のように切り刻まれ、スライスされます。

また読む:  静脈炎と浸潤: 違いと比較

人工木材または人造木材とも呼ばれるエンジニアリングウッドは、頑丈で長持ちし、耐水性があるように作られています。 一部のアイテム、特に屋外での使用を目的としたものは、不浸透性の接着剤を使用して設計されています.

エンジニアードウッドにはさまざまな種類と種類があり、ニーズや好みに応じて選ぶことができます。 市場で入手可能な加工木材の一部を以下に簡単な説明とともに示します。

1)合板:調度品や人工天井などに使われています。

2) ブロックボード: ドア、仕切り、キャビネットなどを構築するために軽量の黒板が使用されます。

3) 中密度繊維板: 合板よりも厚く、洗練された外観も備えています。 さまざまなグレードと密度があります。

4) 交差集成材: この種の木材は、構造的に柔軟性がないため、間仕切り、床、天井、屋根材、および家具の作成に使用されます。

名前が示すように設計された木材は設計されており、ユーザーにとって追加の利点があります。利点の一部を以下に示します。

– 多くの重量に耐えることができます。

– しなやかで柔軟性があり、さまざまなサイズがあります。

– 反りや割れに強い。

– 長持ちし、設置や取り付けが簡単な一種の木材です。

集成材

無垢材とは?

無垢材は、完全に成長して成熟した、枯れたか切り倒された木から作られた合法的な素材です。 無垢材には、ハードウッドとソフトウッドの XNUMX 種類があります。 

オーク、カエデ、チークなどの広葉樹は、成長して厚みを出すのに多くの時間を必要としますが、マツ、カバノキ、ホワイト シダー、ジュニパーなどの針葉樹は、成長するのに時間がかからず、他の木材に比べて薄くて細いです。広葉樹。

無垢材は自然から直接得られたもので、化学物質を一切加えていないため、その美しさと強靭さが特徴です。 その機能の一部を以下に説明します。

1) 無垢材は本物の天然素材で、それぞれのピースに形と質感があります。 物質の真正性は、細かい小枝、裂け目、絡み合った斑点、および組み合わせの形成によって強調されます。

また読む:  サンゴとキングスネーク: 違いと比較

2) 無垢材のすべてのブロックは、樹木が成長する地域、温度、土壌の質によって定義される、本物の、他に類を見ない天然素材です。

3) 無垢材は心地よい感触、よく感じ、良い香りがし、健康的な雰囲気を提供します。

4) 無垢材の家具が快適な生活環境を提供します。 物質は 抗菌剤 静電気粒子の電荷が形成されるのを防ぎます。 アレルギーを最小限に抑えるのに役立ち、有毒な化学物質を含まない天然物質です。

際立った機能に加えて、次のようなさまざまな利点もあります。

– 耐久性と耐久性: 無垢材の家具は木のブロックから作られているため、非常に耐久性があります。

・XNUMX本の木から彫られているため、それぞれに特徴があります。

– メンテナンスが簡単: 無垢材の家具はメンテナンスがほとんど必要ありません。

無垢材

エンジニアリングウッドと無垢材の主な違い

1. 適切な手入れをしないと、無垢材が変形したり破損したりする可能性があるため、エンジニアード ウッドは無垢材よりも安定しています。

2. 加工木材は無垢材ほど強くありません。

3. エンジニアードウッドの最上層は薄いため、XNUMX 回か XNUMX 回の慎重な研磨と研磨しかできません。 一方、無垢材は無限に紙やすりで磨いたり磨いたりできます。

4. エンジニアードウッドは木材と副産物から作られているため、環境にやさしいです。 無垢材は、無垢材を得るために森林を伐採する必要があり、森林の再生には時間がかかるため、環境に優しくありません。               

5. . エンジニアードウッドは無垢材に比べて軽いです。

エンジニアリングウッドと無垢材の違い
参考文献

最終更新日 : 14 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!