検査と鑑定の違いと比較

通常、商品や物件を購入する際には、その商品や物件についてさまざまな調査を行います。 たとえば、携帯電話を購入したい場合、その機能、機能、他の場所でより良い価格、妥当な価格かどうかなどを検索します。

これらのすべてのステップは、検査と評価として知られる XNUMX つの用語に分類されます。 これらの用語は、不動産および更新された製品市場で最も頻繁に使用されます。

主要な取り組み

  1. 検査は、財産またはアイテムを調べてその状態を特定することを含み、鑑定は、財産またはアイテムの価値を決定することを含みます。
  2. 検査は問題や欠陥の特定に重点を置いていますが、鑑定は物件の価値を見積もることに重点を置いています。
  3. インスペクションは不動産を購入する前に行われますが、評価は融資や保険のために行われます。

検査と査定

検査は、潜在的な問題を特定して対処するための物件の客観的な評価です。 鑑定とは、財産または資産の市場価値を決定することであり、資金調達、保険、課税、および法的手続きに使用できます。

検査と査定

検査という言葉自体は、何かをチェックまたは精査するという意味に私たちを導きます。 当社には、製品または当社の所有物を検査する認定検査員がいます。

検査は、不動産、家、骨董品、機械の状態を評価する一種の精査です。検査官が物件を訪問して確認し、物件や商品の概要を詳しく説明します。

鑑定は、検査プロセスの後に行われ、財産の価値または製品を与えます。 評価プロセスでは、サービス能力やパフォーマンスの生産など、他にもいくつかの品質チェックがあります。

訓練を受けた検査官が査定を行い、結論として物件の市場価値を評価します。

比較表

比較のパラメータ検査評価
定義検査は、物件の状態を評価するための組織化されたプロセスです。価格と性能の条件、およびいくつかの重要な基準について報告します。
成果動作(製品の場合)または状態(物件の場合)について報告します。資格を持った検査員が検査を行います。
出現順査定前に査定を行います。査定は検査後に行われます。
種類評価は検査後に行われます。物件鑑定、商品鑑定。
によって演奏された検査は資格を持った検査員が行います。鑑定士が査定を行います。

検査とは?

検査は、状態または動作および仕様の概要を示す特性または製品の検査のプロセスです。 資格を持った検査員が検査を行います。

また読む:  自己資本利益率と資産利益率: 違いと比較

インスペクションは、バイヤーが実際に物件や製品を訪問しなくても、物件の概要を把握するのに役立つ審査後に物件の詳細なレポートを提供します。 不動産業界でよく目にする言葉です。

たとえば、x ウェブサイトを通じて車を売りたいとします。 通常、認定されたウェブサイトは、車の状態、性能、および動作を評価する一連のテストの後、マシンのアプリケーションを受け入れます。

審査の正確なプロセスは、不動産市場でも行われます。 不動産を売却する前に、不動産の検査が行われます。

検査は、住宅と見なされる物件の主要な検査です。検査では、住宅の状態が報告されます。

検査は、不動産に関するレポートを発行するために認可された検査官によって実行される購入前の活動としても言及できます。 このプロセスは深く、審査にはいくつかの部分が含まれています。

住宅検査を検討する場合、検査官は建築に使用された材料から家の塗装まで、各セグメントの住宅の包括的な検査に数時間を費やします。家具、壁、ドア、トイレなど、すべてが徹底的にチェックされます。

検査

鑑定とは?

検査の次に評価が行われます。 レビューは深くはなく、市場価値の評価に重点を置いています。

鑑定士は物件の価値をチェックするだけでなく、その商品の市場価値を周囲の類似物件と比較します。

実際に物件に行かなくても査定ができる、オフィスで物件を比較できる、オフィス自体の大きな特徴である時価総額も比較できるなどのメリットがあります。

鑑定評価は、不動産や骨董品などの資産の評価プロセスとして定義できます。鑑定は鑑定士と呼ばれる資格を持った鑑定士が行います。

また読む:  CEO と MD: 違いと比較

鑑定士 必要があります 管轄区域を管理する規制当局からの指定。 不動産とは別に、このプロセスは税務や保険会社でも実際の不動産の市場価値を知るために使用されています。

例えば、自分の不動産を売却したい場合、検査の次に評価プロセスが行われます。 物件のレビューは、物件を訪問するか、オフィスで行うことができます。

鑑定士は物件の特徴をひと目でチェックし、物件周辺の価格を見直し、適正な価格かどうかを検証します。 したがって、彼は、機能と周辺の物件の市場価値を考慮して、物件の価格を決定します。

鑑定評価

検査と査定の主な違い

  1. インスペクションは物件の詳細な調査であり、物件の状態に関する詳細なレポートを提供します。 同時に査定を行い、時価を比較して適正な物件価格を導き出します。
  2. どちらも不動産業ですが、検査は検査官、鑑定は鑑定士が行います。
  3. 検査は、主に物件の機能と機能に集中します。 それどころか、鑑定は物件の公正な市場価格に集中します。
  4. 検査は、物件を訪問し、物件の検査に一緒に何時間も費やすことによって行われます。 事務所からの査定も可能です。
  5. 検査は評価よりもプロセスへの飛び込みです。 鑑定は物件をそこまで詳しく調べる必要がないので、あくまでも一般的な家屋の査定です。
検査と査定の違い
参考文献
  1. https://link.springer.com/chapter/10.1007/11545156_19
  2. https://psycnet.apa.org/journals/apl/84/1/123.html?uid=1999-10108-010

最終更新日 : 13 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「検査と鑑定: 違いと比較」についての 9 件のフィードバック

  1. この記事は非常に有益で、検査と評価に関する多くの基礎をカバーしています。この記事では、この 2 つの一般的なプロセスと結果、および比較表についても説明されている点が特に気に入っています。この記事では、重要なポイントと相違点がわかりやすく説明されており、とても楽しめました。

    返信
  2. 著者はインスペクションとアセスメントの違いをうまく説明しており、不動産市場に詳しくない人にとっては非常に役立ちます。不動産は複雑に思えるかもしれませんが、このような記事を読めば、物事がより明確になります。これから不動産に携わる方や一般の方にぜひお勧めしたいです。

    返信
  3. ああ、なんととても有益なことでしょう!著者は、違いの複雑さを明確かつわかりやすい方法で説明する素晴らしい仕事をしています。 *拍手* また、この記事の最後にある参考文献に拍手を送ります。この記事は、私が間違いなく共有する記事であると言わざるを得ません。

    返信
    • あなたたちはあまりにもお世辞すぎます、この記事には本質的な情報が欠けていると思います、もっと多くのことを含めるべきだったのに、著者を称賛する必要はありません

      返信
    • これ以上同意することはできませんが、読者も二人の役割が強調されていないことに気づいていただければ幸いです。著者が最後に参考文献を追加できたことをうれしく思います。これらの洞察の出典を確認できるのは素晴らしいことです。

      返信
  4. この記事で共有された洞察は非常に勉強になります。特に、用語とその違いの詳細な説明、および記事の最後にある参考文献に感謝します。全体として、非常に有益な読み物です。

    返信
  5. これはプロセスの詳細な内訳です​​が、この記事では検査官や鑑定人の役割などのいくつかの要素が強調されていないように感じます。それについてもっと知りたかったと思います。

    返信
    • 私も同感です。検査官と鑑定士の役割をもっと強調してほしかったと思います。誤解しないでください。著者はこの 2 つの主な違いをうまく説明していますが、この 2 つの役割は次のとおりであるべきでした。より深みを与えました。

      返信
  6. この記事は少し退屈で長く、説明と比較が延々と続いているように感じました。もっと簡潔な説明が役に立ったかもしれません。著者は単に文字数の要件を達成しようとしていただけのように感じます。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!