株式とオプション: 違いと比較

どの国の株式市場も、世界経済圏におけるその国の地位を決定します。 暗号通貨やその他のデジタル投資方法が最近導入されたにもかかわらず、株式やオプションなどの取引は停止していません。

長期的には中毒になるかもしれませんが、人々はマイニングだけでなく取引にも夢中になっています。

主要な取り組み

  1. 株式は、会社の所有権を表し、株主に会社の資産と収益の一部を与える権利を与えます。
  2. オプションは、保有者に特定の期間内に特定の価格で資産を売買する権利を与える金融契約です。
  3. 株式は直接所有権を提供しますが、オプションは原資産を所有せずに価格変動から利益を得る機会を提供します。

ストック vs オプション

ストックとオプションの違いは、前者は固定数の株式を持っているのに対し、後者は固定された分類を持たないオープンエンドであることです。 オプションの取引は株式の取引と似ていますが、種類やその他の金融要素の点で違いがあります。 どちらも活発に取引されています。

株式対オプション

株式とは、株式を貸し出す会社の一般の人々の分け前として購入できる小さなトークンを指します。 彼らは前もって資本を許可し、一方通行の利益方向に作用します。

特定の株式の保有期間に特に制限はありません。 レートは通常、小数点で表示されます。

オプションは、一定の時間枠を持つデリバティブです。 人は満期日を超えてオプションを所有することはできません。

さらに、それらはまた、経済的不況の時代でも所有者にとって有益であることが証明されているレバレッジを可能にします. それらは上場市場に従い、それに応じて人々によって取引されます。

比較表

比較のパラメータストックオプション
定義株式とは、投資額を増やすために公開されている会社の株式です。 オプションは一般に、特定の株式の期待値を決定するための賭け金と呼ばれます。
さまざまなタイプの施設株式を購入すると、配当、ボーナス、議決権などの無料のメリットが得られます。最も高価なオプションを購入しても、単純な賭けの可能性につながり、それ以上の手当は添付されません.
時間依存性株式は、時間や市況に関する変動が少なくなります。オプションは、長期的にはその評価をゼロに下げる可能性があります。
トレーダーのカテゴリー個人や事業主など、どなたでも株取引ができます。 ファンドマネージャーや関係会社の従業員を中心に、さまざまな種類のオプションが取引されています。
取引される一般的なタイプ株式は、優先株式と普通株式の XNUMX 種類に分けることができます。 オプションはさらにバイナリーオプションとリアルオプションに分類されます。

株とは?

株式はリスクが高すぎる株式商品であり、保有者が集中市場で発言権を持つことができます。通常の株式購入者は会社での議決権を持ち、重要な議論の際にはパネルの重要な部分を形成します。

また読む:  PayPal チェックアウトと PayPal 標準: 違いと比較

長期的には、企業は最も有利なセクターに基づいて株式を売り出し、それに応じて敬意を高める可能性があります。

株式は配当という形でリターンを提供します。 企業の市場価値が下がった場合、 株主 お金を失い、その逆も同様です。 リターンが保証されているわけではないため、株式市場で余剰投資を行う際は注意が必要です。

経験は重要な役割を果たしますが、株式市場での損失を最小限に抑える確実な方法はありません。

株式は一般的に金融商品と見なされています。 つまり、公開市場で株式を売り出している企業の買い手の仮想的な利益と考えることもできます。

NIFTY と SENSEX は、インドの株式の評価を担当する市場システムです。 国内および国際市場は、株式の価格設定に直接影響を与えます。

上場企業のみが発表しています。

ストック

オプションとは?

オプションは、オープン ベッティングに利用できる高価な時間枠のレバレッジです。 利益は単一のパスにチャネル化されず、より柔軟に対応できます。

オプションは、不動産、住宅ローン、環境産業、債券 (転換可能および非転換可能)、信用枠などの高収入セクターで広く使用されています。

転売も同様にリスクが高く、長期投資は不労所得をもたらす可能性があります。 買いオプションと売りオプションは、賭けの結果のみによって決定されます。

条件は事前に決定されており、市場の変動により交渉することはできません。 買う権利とは、オプションの価格が上昇したときのコールを指します。

また読む:  監査と評価: 違いと比較

一方、売る権利とは賭けとは逆に、価格の下落を指してプットを指します。

オプションは、強気相場と弱気相場という 2 つの用語を中心に展開します。これは、上限が大きな強気相場としてマークされている株式と同じです。

簡単に言えば、オプションを購入しても、買い手に義務は生じません。 これは、統計分析と過去の傾向に基づく推測です。 ほとんどの場合、株式は期待どおりに動作しない可能性があり、巨額の損失につながります。

損失が発生する可能性を減らしたい従業員は、短期間で少額の投資を選択しました。

オプション取引

間の主な違い 株式とオプション

  1. 株式は大企業の一種の所有資格であり、オプションは特定の株式の上昇と下落に賭けられます。
  2. 株式は、オプションよりも設備面で有利です (長期的にはリスクが高すぎます)。
  3. 株式は設定された期間 (数年) に従いませんが、オプションには数週間から数か月にわたる有効期限があります。
  4. 誰でも株式を取引することができますが、オプションは会社の所有者と特定の資金管理当局に限定されています。
  5. その後の分類に関する限り、株式には優先株式と普通株式があります。 一方、オプションはバイナリーオプションとリアルオプションに分類されます。
ストックとオプションの違い
参考文献
  1. https://academic.oup.com/rfs/article-abstract/22/1/299/1583537
  2. https://academic.oup.com/rfs/article-abstract/21/1/451/1576899

最終更新日 : 13 年 2023 月 XNUMX 日

ドット1
XNUMXつのリクエスト?

私はあなたに価値を提供するために、このブログ記事を書くことに多大な努力を払ってきました. ソーシャルメディアや友人/家族と共有することを検討していただければ、私にとって非常に役立ちます. 共有は♥️

「株式とオプション: 違いと比較」についての 12 の考え

  1. この記事は株式とオプションに焦点を当てており、株式市場に足を踏み入れる個人にとって不可欠な金融概念の基礎的な理解を提供します。

    返信
    • 実際、この記事は、意欲的なトレーダーにとって株式やオプションに関する誤解を解くのに役立ちます。

      返信
  2. この記事は株式とオプションの偏った比較であるように見えますが、リスクとメリットはひいき目にせずに提示されるべきです。

    返信
  3. この記事では、株式とオプションの詳細な比較について説明します。株式市場の金融商品を理解することは非常に興味深いです。

    返信
    • 使用されている参考文献により、内容の信頼性が高まります。データドリブンなアプローチを高く評価しています。

      返信
  4. この記事では、読者が十分な情報に基づいた意思決定を行うために不可欠な、株とオプション取引の欠点を区別できていません。

    返信
  5. 株式とオプションに関する興味深い読み物であり、この記事は主題の包括的な概要を提供しています。

    返信
  6. 株式とオプションの説明は明確かつ正確であり、株式市場に関するさまざまな知識を持つ読者にとってもアクセスしやすいものとなっています。

    返信

コメント

後で読むためにこの記事を保存しますか? 右下のハートをクリックして自分の記事ボックスに保存!